エントリー・お申し込み

セルフチェック10の質問

point

  • ・フリーランスエンジニアというのは多彩なスキルが必要な職業
あなたがフリーランスエンジニア(IT個人事業主)になれるか、セルフチェック次の各設問にお答え下さい。あてはまるものには「○」、そうではないものには「×」を入れて下さい。その結果であなたの適性にアプローチしてみましょう。

【設問項目】

  • No.01
    何事も物事の仕組みを知るのは苦にならないほうだ。
  • No.02
    どちらかというと、物事を論理的に考えるほうだ。
  • No.03
    身近に技術者の仲間がいて、相談事などをしたり、情報交換をたまにはしている。
  • No.04
    仕事上のさまざまな経験を通して、自分の実力を日々アップさせていきたい。
  • No.05
    自分の得意分野を現在すでに持っており、かつその周辺分野もゆくゆくはおさえていきたい。
  • No.06
    上司がいなくても自分で仕事を進めるのは難しいことではない。
  • No.07
    コツコツ型の仕事でも文句なくできる自信がある。
  • No.08
    対外的に交渉する場面では、事前に準備を十分にしてから臨みたいほうだ。
  • No.09
    IT個人事業主(フリーエンジニア)として売上・利益・原価計算など、財務的な分野も学んでいくつもりである。
  • No.10
    息の長いプロジェクトでは、何事においても忍耐力が必要。忍耐力には自信がある。
これら10項目のうち、5つ以上当てはまるようなら、あなたにはIT個人事業主(フリーエンジニア)の適性はあるといってよいでしょう。あなたはどうでしたか?

フリーランス・フリーエンジニアというのは多彩なスキルが必要な職業

上記の10個の設問以外にも、以下の様な汎用的なスキルが高い人は市場価値が高く、どの会社からも求められる人材と言えます。
  • 説明がうまい人
  • 文章の読解力がある人
  • コミュニケーション能力が高い人

営業力の重要性に注目!フリーエンジニアに求められるコミュニケーション能力は、「如何にして相手の求めている答えを出すか」といったものです。相手の求めるものやシステムの要件がうやむやなときなどは、そのうやむやなことを明確化しないといけません。フリーエンジニアに求められるコミュニケーション能力は、「抽象的」を「具体的」にできる能力であると言えます。

  日々セルフチェックを心がけ、汎用的なスキルと技術力を高めることで、市場価値の高いフリーエンジニアを目指してください。
エントリー・お申し込み