エントリー・お申し込み

確定申告とは?

所得を確定して税務署へ申告し、所得税額を確定することです。
青色申告をすれば最高65万円まで所得控除されるといったメリットもあります。

point

  • ・会社所属の場合とフリーランス(個人事業主)の違いについて
  • ・税務に関する知識をきちんと得よう
  • ・無申告は絶対ダメ!!
  • ・「必要経費」の勘違いに注意!!
  • ・PE-BANKのサポートが利用できる

会社所属の場合とフリーランス(個人事業主)の違いについて

基本的に、会社勤めの人は個別に確定申告の手続きを行う必要はありません。(例外はあります。)

それに対し、フリーランス(個人事業主)は会社が行ってくれていた手続きを個人で行わなければなりません。給与所得、事業所得、不動産所得など様々な収入があり、収入の度に税務署に報告していては大変な手間となります。
そこで、1年分まとめて税務署に報告し、税金を払う手続きが確定申告です。

税務に関する知識をきちんと得よう

確定申告は納税するために必ずしなくてはいけないこと!

フリーランスエンジニア(IT個人事業主)になったら、納税額を決めるために確定申告を行わなければなりません。
そのためには、税務に関する知識をきちんと得る必要があります。

営業力の重要性に注目!まず、スキルアップのための費用や、その他仕事に関係する部分での費用を経費として計上します。
必要経費によって、課税対象となる額が減り、最終的には可処分所得が増えることがあります。
そのためには、購入した物品の領収書などを保管したり、帳簿をつけたりと、お金の出入りを細かく管理しなければなりません。
プログラム作成や動作テストにはマメでもこうした作業は不慣れというITエンジニアは多いもの。


便利な会計ソフトもあるにはありますが、見慣れないものが多く、それだけで拒否反応を示してしまうこともあるのではないでしょうか。

無申告は絶対ダメ!!

フリーランスの方で、本当に怖いのは【無申告】です。
さらに怖いのは、何年も確定申告をしていない人です。
本税を払っていない=延滞という事になるため、本税+ペナルティを一度に払う羽目になることもあります。

確定申告にはいろんな書類が必要です。
その書類の中で、連動している数字が実は多くあります。
それらの数値がしっかりと連動していないと、すぐに税務署から電話がかかってきます。

「必要経費」の勘違いに注意!!

また、何においても領収書を保存しておけば経費になる、と思っている方が非常に多いのですが、これは大きな間違いです。
確定申告では定められた「必要経費」のみ、経費の申請ができます。
この「必要経費」という言葉の解釈が難しいのですが、基本的には仕事に必要な経費でなければ計上できません。業務に関係ない家電や、飲食費などは「必要経費」としてみなされない場合もあります。

PE-BANKのサポートが利用できる

しかし、納税は国民の義務。当社(PE-BANK)では、サポートの一環として、確定申告のサポートを実施しています。納税のための基礎知識から書類作成まで丁寧に指導しますので、確定申告初心者というフリーランスエンジニアの方はこちらを活用し、納税を行ってください。

※確定申告サポートは当社の委託税理士が行いますのでご安心ください。

エントリー・お申し込み