エントリー・お申し込み

これが年収アップの大原則!

勤続年数とともに年収増が期待できたのは古きよき時代の話。今や企業で働くエンジニアにとって、管理職になる以外に収入を上げる道はそうありません。しかし管理職になるということは、同時に現場で働き続けられないことを意味します。エンジニアにとってそもそも現場を離れるということは幸福なこと?第一線で仕事をしながら、しかも収入も増やせる、そんな生き方こそ「独立」です。ではフリーランスのITエンジニアとして成功するための大原則とは?

point

  • ・キャリアを上げる
  • ・仕事を回していける力をつける
  • ・実績をつける

キャリアを上げる

  • ITエンジニアは進化すべき生き物である

当然のことですが、まずは自分のキャリアを上げていくこと。それにはどんなキャリアを形作っていけばよいか、というプランがまず必要になります。たとえば、どんな仕事にでも言えることですが、ITエンジニアの場合には、とりわけ「プロジェクト管理能力と経験を蓄積する」、「コミュニケーション力、情報発信力、教えられる力をつける」、「自前のビジネスアイデアやコンセプトを育てていく力をつける」といった努力が必要です。IT技術はまさに日進月歩。つねに若い人が育ち上の世代を圧倒していく世界です。自分の専門性を広げると言っても時間的にも年齢的にも限界があるでしょう。生活もありますから勉強ばかりもしていられません。

  • プロジェクトの管理能力と経験を蓄積していく
  • コミュニケーション力、情報発信力、教えられる力をつけていく
  • 自分のビジネスアイディアやコンセプトを育てていく力
図1. ITエンジニアに求められるキャリア

スキルを上げ、専門性を高めることがエンジニアとしての「進化」だとすれば、キャリアを上げることはいわば「深化」です。それまでエンジニアとして培った知識や技術を背景に、より大きなプロジェクトを切り盛りしたり、自分でビジネスを立ち上げて動かしていく、そんなダイナミックな力を養うことで、限界突破が可能になります。

そのために重要なファクターはふたつ。
ひとつは「コミュニケーションスキル」です。
「コミュニケーションスキル」と言っても、「社交性」「会話力」「場を盛り上げる力」「人を動かす話術」など色々な要素がありますが、エンジニアにおけるコミュニケーションスキルで最も重要な事は、「相手に自分の考えを伝えること」「相手が伝えようとしていることを理解すること」です。エンジニアはチームを組んで仕事をすることが多い職種ですので、「目的」「全体像」「納期」「クオリティのレベル」など多くの共通認識を持ってプロジェクトを進めなければなりません。そのために、今必要とされているのがこの「コミュニケーションスキル」なのです。「コミュニケーションスキル」の重要性については、後ほどまた詳しくご説明します。

もうひとつは「自分のビジネスはこうあるべき」というコンセプトや成功のイメージをしっかり描くことです。自分がやりたいこと、自分が実現したい事をステークホルダーに対して高い精度で伝えることで、あなたの周りにはあなたの考えに賛同するビジネスマンが集まり、より高いレベルの仕事に取り組むことができるようになります。

これこそ、ほかの誰かでは補完できない、あなただけの存在意義を際立たせ、収入のアップにつなげる道です。

仕事を回していける力をつける

  • 営業力の重要性に注目!

次に、仕事を回していく力、つまり交渉力を高めていくこと。どうしても人とコミュニケーションを取るのが苦手だという人は、営業をアウトソーシングするという手もありますが、やはりそういった営業もいずれは自分で出来るようになりたいものです。
仕事をする中で、すべては交渉の結果、できあがってきます。契約や打ち合わせ、仕様のつめなどは、会話をし、それを整理することの繰り返し。もちろん、価格交渉の必要も出てきます。

営業力の重要性に注目!そうしたとき、役立つのは、「会話のフォーマット」です。こんなときにはこう話す、何を聞かなければならないか、これを交渉内容ごとにリストアップしておきましょう。
交渉の場に臨むたびにそのフォーマットを出力し、手元に持ちながら話す、内容を記入し、相手にそれを確認してもらう。これを重ねるたびにあなたの会話のフォーマットはバージョンアップしていき、交渉力もだんだんと身についてきます。

実績をつける

  • 「実績」は年収アップのための武器になる!

年収を「年収=1案件の単価×案件数」と考えた場合、単価をアップさせるか、案件数を増やす必要があります。限られた時間の中で、むやみに案件数を増やすことは非現実的です。案件数を増やすという決断をした場合、休日や平日の夜の時間を削るしかありません。

フリーランスが顧客と単価交渉を行う際、雇用側はやはり「実績」を見ています。一緒に働いたことがないフリーランスのエンジニアに対して、高額な契約はリスクが高いと考えられてしまう為です。

自他共に誇れる「実績」を作るためにも、新たな仕事にどんどん挑戦しましょう!

エントリー・お申し込み