営業スタッフ座談会

前半は、最前線でエンジニアと向きあうPE-BANK の営業担当たちと 「これからのエンジニアの働きかた」について語り合いました。 後半は、デビュー20 周年も間近に迫る俳優の要潤さんがスペシャルゲストで登場! 30 周年を迎えたPE-BANK の櫻井社⻑も交え、 「そもそも、働くとはなんなのか」について考えます。

要 潤
要 潤
俳優
高校卒業後、俳優を目指して夜行バスに乗って上京。 夢を叶えるためにタレント事務所をまわってオーディションの日々。 いくつもバイトを掛け持ちしていたところ、バイト先でスカウトされ俳優となり現在の地位を築いた要さん。 自身にとって「働くこと」とは何かを語っていただきました。
櫻井 多佳子
櫻井 多佳子
PE-BANK 代表取締役社長
30 年前から、IT フリーランスの新しい働きかたを支えるということだけを徹底的に追求してきた櫻井代表が、 エンジニアをサポートする現役の営業担当と「これからのエンジニアの働き方」について、 要さんとは「そもそも、働くこととは」について語っています。

PE-BANK 営業

野尻 一岳
野尻 一岳
東京本社 営業部
佐藤 聡
佐藤 聡
岡山支店 営業部
上田 ゆりあ
上田 ゆりあ
関西支店 営業部
山下 知成
山下 知成
九州支店 営業部

座談会テーマ目次

これからのエンジニアの働きかた
要潤さんスペシャルディスカッション

これからのエンジニアの働きかた

インタビュー画像1 インタビュー画像2 インタビュー画像3 インタビュー画像4

これからのエンジニアには、
⾃分が本当にやりたいことをやってほしい。

上⽥

私が担当したエンジニアさんで特に印象に残っているのが、アプリ開発に携わりたいけれど、その分野の実務経験がゼロという⽅でした。 経験者を優遇する案件が多いなかで、なかなかチャンスが巡ってこなかったんです。

ただ、その⽅とお話をすればするほど、こんなにやる気に満ちあふれている⼈がどうしてやれないのかと、なんだか腹が⽴ってきてしまって(笑)。 そこで、⾃作のアプリを持ってきていただき、アプリ開発企業の⾯談を⽚っぱしから⼀緒にまわったんです。 そしたら⾒事、契約を取ることができまして。 今では、誰もが名前を知っている企業のアプリ開発に携わっていらっしゃいます。

そのエンジニアさんにとって収⼊⾯で⼤きなステップアップになったことも嬉しいですが、⾃分が本当にやりたいことをやれるきっかけ作りをお手伝いできたのが、なによりも嬉しかったですね。

野尻

私も同じような経験があります。 どのプロジェクトに参画しても居心地が良くない様子で短期での契約を繰り返していたエンジニアさんを、 ⼊社1年⽬にして担当させていただくことになったんです。

そこで、まずはエンジニアさんのことをちゃんと知ることが先決と考え、 毎週ランチをご一緒することにしました。 現場で何を感じていらっしゃるのか? エンジニアさんの率直な思いをちゃんと聞いてみることにしたんです。 フリーランスは、会社員のように同僚と一緒に飲みに行くなんてこともありませんから。 仕事のモヤモヤを発散できる話し相⼿になることも、私たち営業担当の⼤切な役割だと思うんです。

上⽥

エンジニアさん⾃⾝も⾃分の不満の正体が具体的になんなのか、意外と分からないことも多いので、⼀緒に話していくなかで答えが⾒つかることもよくありますよね。

野尻

そうですね。 それから約2か⽉の時間をともに過ごすなかで、今までちゃんと⾒えていなかった「エンジニアさんが本当にやりたいこと」に気づかされたんです。 その上で、改めて案件を紹介させていただいたところ、かれこれ2年ほどでしょうか。 今でも本当に楽しそうに働きつづけてくれています。

正直、最初は「本心をくみ取るまで時間がかかりそうだな」という印象も受けていたんですけれど(笑)、これからもずっと⼀緒に歩いていきたいエンジニアさんの⼀⼈です。

⼭下

私が印象に残っているエンジニアさんは、むしろその逆で、どこの現場でもそつなく器⽤にこなしてしまう⽅でした。 でも、「楽しんでいる」という感じではないように⾒えたんです。 そこで、その⽅の使⽤⾔語はJava だったのですが、あえてRuby の案件をすすめてみることにしました。

その⽅も当初は懐疑的だったのですが、「まあ、⼭下さんが⾔うなら」とやっていただけることになりまして。 すると後⽇、「⼭下さん、めちゃくちゃ楽しいです」とわざわざ連絡をくれたんです。 「楽しい」という⾔葉を初めて聞くことができた瞬間でした。

エンジニアさんのニーズに応えるだけではなく、エンジニアさん⾃⾝がまだ気づけていないような新しいニーズをつくりだす。 これもまた、私たち営業担当の腕の⾒せどころだと思います。

インタビュー画像2

仕事だけではなく、
エンジニアとしての「⼈⽣」を全⼒で。

⼭下

そういえば、私が担当していたエンジニアさんに、ご紹介した案件の現場で知りあった相⼿とご結婚された⽅もいらっしゃいますよ。

上⽥

え、いいなあ!

全員

(笑)

⼭下

仕事以外のプライベートの部分まで関わりあえるのは光栄ですよね。 実際、そういった相談を受けることも多くないですか? たとえば、お⼦さんの受験相談とか、それこそ恋愛の相談とか(笑)。

佐藤

ありますね。 私は以前に介護の経験があるので、エンジニアさんたちから「介護ってどうすればいいの?」と、よく相談を受けます。

上⽥

私は逆に相談していますよ。 どうやったら結婚できますかって(笑)。

全員

(笑)

上⽥

実際、他社でも⼈材登録されている⽅から、「PE-BANK は距離感が近くて仕事以外の⼈⽣相談もしやすい」とよく⾔われます。 たしかに、ご飯を⾷べながらプライベートなお話をお聞きすることもありますし、業界的に⼥性が少ないので、⼥性のエンジニアさんたちと⼥⼦会を開催して絆を深めたりするなんてこともしています。

⼭下

エンジニアさんと⻑くお付きあいさせていただいていると、こちらからどうしても無理をお願いしなければいけないときもあるので、そういった仕事を超えた信頼関係は⼤切ですよね。 「⼭下さんが⾔うならいいですよ」と⾔ってもらえると、本当に嬉しく思います。

上⽥

私も「担当は上⽥さんじゃなきゃイヤだ」なんて⾔ってもらえたりすると、これまで⼀⽣懸命やってきてよかったなあって励まされます。 こちらからエンジニアさんたちの⼈⽣をお⽀えするだけではなく、エンジニアさんたちに私たちの⼈⽣も⽀えられているような。 持ちつ持たれつの関係ですよね。

野尻

たしかに、ビジネスライクな営利重視の関係ではないですね。 私も、⾃分が担当しているエンジニアさんを、他の営業担当に「本当にいい⼈なんだけど、なんかいい案件持ってない?」と紹介することもよくあります。 PE-BANK には、営業同士で業績を競い合いながらも、「エンジニアさんの人生にとって一番いいように」ということを考えられる文化が根付いていると感じます。

上⽥

私もPE-BANK に⼊って驚かされたのが「なによりもエンジニアさんが喜んでくれることを⽬指す」という姿勢が徹底されていることでした。 PE-BANK だからこそ、営業担当として、エンジニアさんの仕事だけではなく、⼈⽣までを全⼒で⽀えることができていると思っています。

インタビュー画像3

フリーになることだけが正解じゃない。
⾃分らしい⼀歩を⾃分の⾜で踏みだしてほしい。

佐藤

IT フリーランスへの⼀歩を踏みだせない⽅たちには、まず気軽に相談しにきてほしいですね。 PE-BANK の営業担当は、IT フリーランスのさまざまなライフスタイルを誰よりも多く間近で⾒てきていますので。 ぜひ、情報収集の⼀環としてお越しください。

⼭下

⾃分の周りの情報だけに縛られてしまうと、どうしても⾃由な判断ができなくなってしまいますからね。

上⽥

逆に、インターネット上の情報は多すぎて、なにを信じていいのか分からなくなってしまう⾯もあります。 そもそも、個⼈個⼈によって⽬指したい価値観は違うわけですから、⾃分にぴったりの答えがネットに書いているはずがありません。 だから、まずはPE-BANK へ⾃分がやりたいことをすべてぶつけにきてほしいです。

その上で、フリーになるのはまだ早いんじゃないかなと思った⽅には、その旨を率直にお伝えするようにしています。 実際、最初にお会いしてから毎年のようにお話をして、5年後くらいにフリーになられた⽅もいますよ。

佐藤

フリーランスへの道ありきではなく、そもそもなるべきなのかどうか。 そこから⼀緒に考えさせていただいて、最後の最後は⾃分⾃⾝で決めていただくようにしています。 やっぱり、⼈に背中を押されて踏みだした⼀歩と、⾃分⾃⾝で踏みだした⼀歩は、まったく違ってきますから。

インタビュー画像4

⾃分として、⼈として
エンジニアの未来を⽬指して。

上⽥

会社に雇われていれば安⼼という考えかたが通⽤しなくなった今、⾃分がどうなりたいかというビジョンがますます⼤切になってきました。 「会社にやれといわれたからやる」ではなく、「⾃分がやりたいからやる」という判断で進んでいける⼈が、⼤きく成⻑する時代だと思います。 だからこそ、エンジニアさんには、⾃分の⼈⽣を会社のせいにしてしまうことなく、⾃分が本当にやりたいことを⽬指して、⾃分らしく⽣きていってほしいです。

佐藤

⾃分にしかできない働きかたをエンジニアが実現できる時代になったとも⾔えます。 たとえば、男性のエンジニアさんで、在宅案件を中⼼に⼿がけ、家事育児はすべて⾃分がやり、 奥さんは外で仕事をするというライフスタイルを実現されている⽅もいらっしゃいます。

これからの時代、働きかたがどんどん新しくなっていくなかで、どこかシステマチックでドライな印象を抱く⼈もいるかもしれませんが、 むしろ、とても⼈間らしい働きかたになっていくんじゃないかと思います。

なぜなら、IT フリーランスとして働いていくためには、その⼈⾃⾝の⼈間的な部分が問われるからです。 エンジニアとしてだけではなく、「⼈」としての魅⼒が⼤切になります。

上⽥

「エンジニア」としてだけではなく、「⾃分」として、さらには「⼈」として、どう⽣きていくか。 どんなに枠組みやルールにとらわれない働きかたになっていくとはいえ、その中⼼には⼈間がいて、⼈間同⼠で⽀えあっているということを忘れてはいけないのだと思います。 だからこそ、私たちPE-BANKにお任せください。 ⾯倒⾒が良すぎる「ザ・⼈情!」みたいな会社ですので(笑)。

全員

(笑)

要潤さんスペシャルディスカッション
そもそも、 「働く」ってなんだろう。

インタビュー画像1 インタビュー画像2 インタビュー画像3 インタビュー画像4

仕事のために⽣きるのではなく、
⼈⽣のために働く。

櫻井

30 年前にフリーランスのエンジニア数名が集まって立ち上げた協同組合としてスタートしてから、今年で 30 周年を迎えました。 IT フリーランスの新しい働きかたをお支えするということだけを徹底的に追求してきました。

腕に⾃信のあるエンジニアさんが、なかなか⾃由のきかない組織から⾶びだしたときに、そのニーズをしっかりとお聞きしながら、最適なお仕事をご紹介させていただき、 そして、エンジニアとして技術に集中できるサポートをさせていただく。 それが、「プロ(Pro)」の「エンジニア(Engineer)」たちが「集まる場所(Bank)」としての役割だと思っています。

要さん

なるほど。 それで「PE-BANK」という社名なのですね。 30 年前に櫻井社⻑が創業されたんですか?

櫻井

いえいえ。 そのときはまだ私、かわいいお年頃でしたので(笑)

要さん

(笑)

櫻井

私は四代⽬の社⻑になります。 もともと、PE-BANK で営業としてバリバリ働いていました。 「エンジニアさんのためになにができるか」ということを第一に目指す会社の方針にすごく惹かれ、PE-BANK でずっとやってみたいと、社⻑を引きうけることにしました。

要さん

これまで仕事を続けることができた秘訣はなんですか?

櫻井

正直、よく分かりません(笑)。 ⽇本各地への出張ばかりが続く⽇々を送るなかで、周りの⼈たちからは気の毒がられることもありましたので。 でも、⾃分が求められなければ、どこへも⾏けないわけですから。 ⾏くべき場所があるというのはありがたいことですよね。

私は「⼈⽣=仕事」なんです。 「仕事のために⽣きる」という悲観的なイメージではなく、「⼈⽣のために働く」といった意味で。 働くことを通して⾃分の⼈⽣までもが充実していくような仕事と出会えて本当に幸せでした。 もちろん、まだまだ、これからもやっていきますけど(笑)。

インタビュー画像2

⼀つひとつの出会いを⼤切に、
誰かに求められるような⾃分へ。

野尻

実は、私も要さんと同じく⾹川県出⾝なんです。

要さん

あ、そうなんですか!

野尻

⾹川の⼈たちって⼤阪へ出ていく⽅が多いじゃないですか。 それなのに、どうして東京へ出てこようと思われたのですか?

要さん

上京する前に旅⾏で東京を訪れたときに、同じ⽇本とは思えないくらいに活気があって驚いたんです。 といっても、僕の住むところが⽥舎すぎたのかもしれませんけど(笑)。 おっしゃるとおり、⾹川の同級⽣たちがみんな⼤阪へ出ていくなかで、誰もいないところでやってみたいという気持ちもありました。 どうなるか分からないけれど、東京に住んでみようと思ったんです。 若かったですしね。

まあ、役者になりたいって⼈は、⾹川の知り合いには⼀⼈もいなかったので、「役者になる」って⾔ったら、みんなに「はあ?」って⾸を傾げられましたけど(笑)。

佐藤

俳優を続けるうえで、⼤切にしていることはありますか?

要さん

先ほど櫻井社⻑もおっしゃっていましたが、俳優も誰かに求められなければ、どこへも⾏けないんです。 だからこそ、⼀つひとつの現場で「また会いたいな」と思ってもらえるように⼼がけています。 ⾃分ひとりで「役者です」と⾔い張っていても、必要とされなければ仕事にはなりませんから。 「また機会があったら⼀緒にやりたいですね」と⾔ってもらえるようにする。 それだけですね。

佐藤

私もまさにエンジニアさんへ同じことをお伝えしています。 ⽬の前の現場を⼀つひとつ⼤切にすれば、これからもずっと声がかかるようになりますよって。

要さん

そのためにも、現場がどういうことを望んでいるのかをしっかり⾒極めることが⼤切になりますね。 「こういう役を演じてくれ」と⾔われたときに、すぐに理解してこたえられるようにするのはもちろんですが、 現場の空気を感じとって、みんなができるだけ良い雰囲気で仕事を進めていけるように動くことを⼼がけています。

上⽥

そう思われるようになったきっかけはなんですか?

要さん

⼦どものころから、そんな性格でした。 学校でもバカなことをしてはクラスの雰囲気を盛りあげたり。 あとは、この世界に⼊り、諸先輩⽅の姿を⾒て、俳優としての仕事像を学ばせていただいたのも⼤きかったですね。

仕事の現場には⽼若男⼥、さまざまな⽅々がいらっしゃるわけですが、分けへだてなくみんなと楽しくしゃべる。 若⼿が困っていたら声をかけて⼿を差しのべる。 先輩がいたら失礼なく敬うようにする。 あたりまえのことではありますが、そういう気づかいをちゃんとすることで、現場の雰囲気をすこしずつ⼼地よくしていく。 そんな役割を担うのが、元から好きなんだと思います。

上⽥

それを素でやれるなんて、すごい。 根っからのいい⼈なんでしょうね!

要さん

いや、ぜんぜん。むしろ、ダメな⼈間なんですけどね(笑)。

インタビュー画像3

好きなことを仕事にすれば、
働くことがよりよい⼈⽣につながる。

⼭下

今、ワークライフバランスを重視するエンジニアさんが増えてきているのですが、俳優のお仕事を離れたところではどのようなことをされていますか?

要さん

同業と⼀緒にいると同じような話ばかりになって⾃分の世界が広がらないので、まったくちがう職業の友だちと遊んだり、 ⾃分の知らない国や場所を旅したりして、役者としての刺激を受けるように⼼がけています。

先ほど櫻井社⻑も良い意味での「⼈⽣=仕事」とおっしゃっていましたが、どうしても⼈⽣と仕事はつなげて考えてしまいますね。 好きなことが仕事になってしまっているというか。 好きじゃなかったら即やめていると思います(笑)。

仕事をせずになにもしないのも暇ですし、趣味ばかりをやっていても飽きてしまいますし。 やっぱり、仕事を⼈⽣にからめていくことで「⽣きがい」を⾒つけるのが⼤切だと思います。 そうすれば、仕事をすることが良い⼈⽣につながっていきますから。 ⼈⽣を良くするために働くことができるようになるんです。

きっと、PE-BANK に所属するエンジニアも、そういった考えの⽅が多いんじゃないかなと思います。 まさに、今回のテーマである「WORK FOR GOOD LIFE」ですね。 どちらかというと、個⼈的には「WORK FOR BETTER LIFE」に近いのかもしれませんが。

櫻井

そういう考えの⽅だと信じていました。 やっぱり今回、要さんにお願いしてよかったです。 他の役員もキャスティングが要さんに決まったことでみんなものすごく喜んでいたので。

要さん

めっちゃプレッシャーですね(笑)

全員

(笑)

インタビュー画像4

その仕事を選んで働くことに、
新しい夢や希望を抱きつづけられるように。

櫻井

要さんは、これからどんな俳優さんになっていかれますか?

要さん

俳優が⽬指すべき頂点とはなにかとよく考えるのですが、死ぬまで舞台に⽴っていることじゃないかなと思っています。 そういう先輩⽅をやっぱり尊敬しますね。

PE-BANK は、これからどんな会社になっていかれるんですか?

櫻井

⽇本の⼈⼝が減少傾向にあるなかで、エンジニアの若⼿⼈材も不⾜しています。 だからこそ、⼤活躍しているスター選⼿のようなエンジニアをもっともっと⽣みだして、エンジニアという仕事の新しい理想像をどんどん伝えていきたいと思っています。 ちょうど、要さんが先輩⽅の⽣き様に憧れるのと同じように。

要さん

エンジニアさんたちって、やっぱり縁の下の⼒持ちのイメージがありますもんね。 PE-BANK さんなら、なかなかフロントには出てこない才能たちをもっともっと前へ出して、これからの若い世代に新しい夢や希望を与えていってくれると信じています。

ありがとうございました!