NEWS

  • 2017.4.28特別審査員 佐々木俊尚氏よりメッセージを頂きました。
  • 2017.4.21一次審査通過者(入賞)が決定いたしました。
  • 2017.3.28経済産業省より「開催に寄せて」のメッセージをいただきました。
  • 2017.3.10特別講演に前グーグル日本法人代表取締役社長 / アレックス株式会社 代表取締役社長兼CEO 辻野 晃一郎氏の登壇が決定いたしました。
  • 2017.2.15ワークスタイルリフォーム「ビフォー・アフター大賞」のエントリー受付を開始いたしました。
  • 2017.2.15プロエンジニアフォーラム2017の開催を告知いたしました。
ビフォー・アフター大賞とは

PE-BANKに所属する約3000名のプロエンジニア(フリーランスITエンジニア)を対象に
「PRO of PRO Engineer」を選出するアワードです。

フリーランスのITエンジニアを長年経験して変化した、またフリーランスになることで変化したワーク&ライフスタイル、叶えた夢、今まさに実現に向かって頑張っている取り組みなど、
それぞれの『ワークスタイルリフォーム(働き方改革)』についての講演者を募集。

フリーランスを長く経験したことで、またフリーランスになった前後でどのように環境が変わったのか、考え方を変えたのか。
フリーランスという働き方改革の進化やその一歩を踏み出した、
思考のブレイクスルーの瞬間と、ビフォーアフターを発表して頂きます。

審 査 方 法

1

一次(予選)審査 書類選考10名程度を入賞者として選出 入賞者発表4月中旬~下旬

2

最終審査 プレゼン実演審査 一次通過者はプレゼン資料を作成し最終審査に臨んでいただきます。
最終審査は、内容、プレゼンスキルなどを総合的に審査し、
受賞者を決定いたします。

3

受賞者発表(登壇者決定)5月下旬

4

大賞ならびに優秀賞発表6月10日(土)開催「プロエンジニア・フォーラム2017」にて

表彰・副賞

大賞 PRO of PRO Engineer(1名) 記念トロフィー、表彰状、賞金30万円授与 優秀賞(若干名) 表彰状、賞金10万円授与 入賞者(予選通過者) 5,000円分のQUOカード授与

表彰式には著名なゲストをお招きし、贈賞、記念撮影を行う予定です。

開催に寄せて

滝澤 豪氏

経済産業省商務情報政策局
情報処理振興課長
滝澤 豪 氏

経済産業省ロゴ

昨今の人口減少の進行や技術革新の進展により、社会産業構造・就業構造が大きく変化する中、「兼業・副業」や働き場所・時間から解放された「フリーランス」など、雇用関係によらない柔軟な働き方が注目されています。

こうした柔軟な働き方は、働き手自身のスキルを最大限活用しながら、ひとりひとりのワークスタイルに合わせた働き方を可能にし、個人の豊かなくらしの実現に貢献するとともに、企業にとっても多様な人材確保につながることで、産業の競争力強化、ひいては魅力あるIT業界を醸成するものと考えております。

今回、開催される『ワークスタイルリフォーム「ビフォー・アフター大賞」』は、まさに政府にとって最大のチャレンジである「働き方改革」の実現に向けた先進的な取組を普及させるものであり、どのような取組が表彰されるのか非常に楽しみにしております。
経済産業省は引き続き、皆様と一緒になって更なる働き方改革の進展に向け、しっかりと取り組んでまいります。

佐々木 俊尚氏

特別審査員
作家・ジャーナリスト
佐々木 俊尚 氏

IT人材に求められている能力は、ますます多様化し、高度になってきています。仕様書で求められた開発だけをしていれば良い、という時代は終わりつつあると言えるでしょう。情報通信業界のみならず、製造業からサービス業までありとあらゆる産業分野において、ITは経営戦略の要になってきており、エンジニアの開発能力が企業の中心に位置するという構図はグローバル市場ではごく当たり前の風景になりました。

この中で、日本のITエンジニアはどのようにして自らの知見やスキルを高めていけばいいのか。そして企業に属する従業員としてだけでなく、フリーランスとして戦っていくためには、どのような戦略を立てていけばいいのか。その新しいロールモデルを担う人たちがここから登場し、活躍していくことを期待しています。

プロフィール

1961年兵庫県生まれ。愛知県立岡崎高校卒、早稲田大政経学部政治学科中退。毎日新聞社などを経て2003年に独立し、テクノロジから政治、経済、社会、ライフスタイルにいたるまで幅広く取材・執筆している。最新刊は「そして、暮らしは共同体になる。」。「21世紀の自由論〜『優しいリアリズム』の時代へ」「キュレーションの時代」など著書多数。

総務省情報通信白書アドバイザリーボード。議論コミュニティ「LIFE MAKERS」主宰。TABI LABO創業メンバー。TOKYO FM「タイムライン」MC。フジテレビネット放送・ホウドウキョク「あしたのコンパス」アンカー。テレビ東京「未来世紀ジパング」レギュラーコメンテーター。

イベント概要

開催日時

2017年6月10日(土) 13:00~16:30(予定)

場所

コクヨホール 東京都港区港南1丁目8-35

アクセス

JR品川駅港南口より徒歩5分

プログラム内容

・特別講演 「働き方改革 ~イノベーションは出る杭から生まれる~」辻野 晃一郎 氏
・ワークスタイルリフォーム「ビフォー・アフター大賞」 受賞者発表&表彰式
・受賞記念プレゼンテーション ビフォー・アフター大賞 受賞者
※プログラム内容は変更される場合があります。

特別講演

働き方改革~イノベーションは出る杭から生まれる~

辻野 晃一郎 氏
前グーグル日本法人代表取締役社長 / アレックス株式会社 代表取締役社長兼CEO

辻野氏

もう「いい人」はやめて「出る杭」になろう。
イノベーションは「出る杭」から生まれ、自らが「出る杭」になることで、仕事も世界も変わってくる。
昨今、政府の旗振りや長時間労働問題などで、「働き方改革」に対する機運が盛り上がりつつあるが、
「働き方」とは本来「生き方」そのものである。

今こそ組織は「個」に犠牲を強いるのではなく、「個」を尊重した働き方(生き方)を本気で確立せねばならない。
ソニーのカンパニープレジデント、Googleの日本法人社長、そしてアレックスを起業。大企業、外資系、ベンチャー、メーカー、IT、管理職、企業経営、起業、そのすべてを経験してきたからこそ語れる、過去、現在、そして少し先の未来。

プロフィール

福岡県生まれ。84年に慶應義塾大学大学院工学研究科を修了し、ソニーに入社。
88年にカリフォルニア工科大学大学院電気工学科を修了。
VAIO、デジタルTV、ホームビデオ、パーソナルオーディオ等の事業責任者やカンパニープレジデントを歴任した後、2006年3月にソニーを退社。翌年、グーグルに入社し、グーグル日本法人代表取締役社長を務める。
2010年4月にグーグルを退社し、アレックス株式会社を創業。現在、同社代表取締役社長兼CEOを努める。
また、2012年4月より早稲田大学商学学術院客員教授。2013年10月よりIT総合戦略本部・規制制度改革分科会構成員。
2016年6月より神奈川県ME-BYOサミット神奈川県実行委員会アドバイザリーメンバー。
著書に、『グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた』(2010年 新潮社、2013年 新潮文庫)、『成功体験はいらない』(2014年 PHPビジネス新書)、『リーダーになる勇気』(2016年 日本実業出版社)、『「出る杭」は伸ばせ!なぜ日本からグーグルは生まれないのか?」(2016年 文藝春秋社』。
その他、現代ビジネス(講談社)、『人生多毛作で行こう』、経済プレミア(毎日新聞)、『世界と闘え』、mine(まぐまぐ)『辻野晃一郎の人生アプリ』など連載中。

入賞者

4月20日(木)PE-BANK本社会議室にて書類選考による一次審査会が実施されました。
全国のプロエンジニアの皆様から寄せられた様々な「ワークスタイル・リフォーム(働き方改革)」は、
いずれも個性豊かで甲乙つけがたく審査は難航いたしましたが、
厳正なる審査の結果、多様な働き方の好例として
以下の7名の方々を一次審査通過(入賞)として決定させて頂きました。

飯田 幸孝 氏の顔写真

飯田 幸孝 氏
(東京本社所属)

木村 憲規 氏の顔写真

木村 憲規 氏
(関西支店所属)

小林 克徳 氏の顔写真

小林 克徳 氏
(東北支店所属)

長澤 久紀 氏の顔写真

長澤 久紀 氏
(関西支店所属)

藤原 隆博 氏の顔写真

藤原 隆博 氏
(関西支店所属)

宮川 洋 氏の顔写真

宮川 洋 氏
(東京本社所属)

吉田 善紀 氏の顔写真

吉田 善紀 氏
(関西支店所属)

※五十音順

後援団体

一般社団法人 日本IT団体連盟

全国ソフトウェア協同組合連合会

首都圏ソフトウェア協同組合

協賛

PE共済会

観覧申込フォーム

お名前

メールアドレス

メールアドレス(確認用)

個人情報の取り扱いについて

1.事業者の氏名または名称
株式会社 PE-BANK
2.個人情報保護管理者
営業推進部 藤巻 実
TEL:03-6757-2099
FAX:03-3446-4180
Email:privacy@mcea.co.jp
3.個人情報の利用目的
ⅰ.当社が取り扱う製品・各種サービスに関するご案内
ⅱ.イベント・セミナーおよび各種お知らせ等の情報配信
ⅲ.イベント・セミナーに関するご意見、お問い合わせへの回答
ⅳ.イベント・セミナーに関するご要望の分析、各種統計データの算出と分析
4.個人情報の第三者提供について
個人情報の取扱いの委託を行う場合、法令で認められる場合を除き、ご本人の事前の同意なく、イベント申込者の個人情報を第三者へ提供することはありません。
5.個人情報の取扱いの委託について
当社が定める水準を満たしている委託先に個人情報の取扱いを委託することがあります。委託先とは機密保持契約を交わし、委託する個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要、かつ、適切な監督を行います。
6.開示対象個人情報の開示等および問い合わせ窓口について
ご本人からの求めにより、当社が保有する開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)に応じます。
開示等に応ずる窓口は、個人情報相談窓口になります。
7.本人が個人情報を与えることの任意性及び当該情報を与えなかった場合に本人に生じる結果
電話番号の入力は任意となっております。電話番号をご入力いただけない場合、イベント・セミナー当日の変更事項その他の連絡が遅れることがあります。
8.本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得
当ウェブサイトでは、広告配信事業者が提供するプログラムを利用し、特定のサイトにおいて行動ターゲティング広告(サイト閲覧情報などをもとにユーザーの興味・関心にあわせて広告を配信する広告手法)を行っております。
その際、ユーザーのサイト訪問履歴情報を採取するためCookieを使用しています(ただし、個人を特定・識別できるような情報は一切含まれておりません)。
9.当社の個人情報の取扱いに関する苦情、相談等の問合せ先
株式会社 PE-BANK 個人情報相談窓口
FAX:03-3446-4180
メール:privacy@mcea.co.jp

個人情報保護方針への同意: *