エントリー・お申し込み

開業・法人化の特徴

「フリーランス(個人事業主)で働く方が良いのか」
「フリーランス(個人事業主)ではなく起業・開業するべきか」

そんな疑問・不安を抱えている方も多いと思います。
このページでは、フリーランス(個人事業主)と法人化それぞれの特徴をご紹介します。

point

  • ・個人事業主が開業(法人化)するメリット
  • ・個人事業主が開業(法人化)するデメリット
  • ・フリーランス・個人事業主のメリット
  • ・フリーランス・個人事業主のデメリット

個人事業主が開業(法人化)するメリット

●社会的信用が高まる(取引先や仕入先、金融機関など)
事業拡大を目指す方は、法人化が有利になります。
銀行からの借入など、資金調達の幅も広がりますし、助成金を受ける際にも優位になると言われています。

●節税面のメリットがある
およそ500万円を超える年間所得水準になった場合は、法人化のメリットが大きくなります。
(個人事業主の所得税は累進課税のため、所得が増えるほど税率が上がるため)

●相続税がかからない
会社所有の財産に関しては、相続税が適用されないため、個人事業主のように財産が相続の対象になることがありません。

●採用の幅が広がる
人材を確保しやすくなり、会社経営においてのメリットが増えます。

●経営者とその家族も社会保険に加入することができる

●決算月を自由に決定することができる

個人事業主が開業(法人化)するデメリット

●設立時の諸手続きなどが必要
下記のようなデメリットもあります。
  -設立に資金が掛かる
  -手続きが面倒

●事務負担が増加
複式簿記が必要となるなど、事務負担が増加します。

●社会保険への加入が必要
法人化した場合、社会保険への加入が義務となります。
保険料は給与額と比例するため、従業員が増加するほど、会社負担が大きくなります。

●税金の支払いが増える
税務申告時に、法人住民税の均等割負担(毎年7万円程度)が生じます。
これは赤字であっても支払い義務があるため、負担が増加します。

●株式会社の場合は、一定期間ごとに役員改選を行わなければならない

フリーランス・個人事業主のメリット

●手続き、費用面が容易
法人化と比較して、面倒な法的手続き・申請が発生しません。
また、会計処理や事務手続きが容易です。
業務運営費を抑えられ、大きな維持費も不要となります。

●収入増加の余地が大きい
収入や報酬を自分で決定することができます。
また、高いスキルを身につけ、信頼を獲得できた場合、収入増加の余地があります。

●仕事内容の裁量幅が大きい
得意とする分野の仕事を増やすことが可能であり、仕事内容や仕事の進め方に裁量ができます。

●定年退職がなく、年齢に関係なく仕事ができる
退職制度が無いため、いくつになっても収入源を維持することが可能です。

●副業も可能
空いた時間に副業をすることもでき、副業での収入が得られます。

フリーランス・個人事業主のデメリット

●所得税率が法人と比較して高い(所得が多い場合)

●社会的信用が得られない場合がある
金融機関など、社会的信用が会社員に比べると低くなりがちです。

●収入が安定的に保証されていない
フリーランスの方の場合、仕事がなくなると同時に、収入源がなくなります。
そのため、収入がなくなることへの不安感を感じる人も多いようです。

●スキルアップ機会が確保されにくい
会社のような研修制度等が無いため、自分でスキルアップの機会を探す必要があります。

それぞれにメリット・デメリットがあります。
起業の目的やランニングコスト、人的負担、節税等の諸条件を考慮した場合、起業することが最適とならない場合もあります。

PE共済会には、無利息、無担保の起業支援貸付金制度があります。もし迷った場合は、気軽にご相談ください。

参考)PE共済会
https://pe-kyousai.jp/

エントリー・お申し込み