エントリー・お申し込み

結婚事情

生活、子育て、新居、ローン、結婚式…結婚には、多くのお金がかかります。
お金のことであれば、男女ともにパートナーの年収は気になるポイントの1つです。

一般的に、「会社員」という肩書であれば、収入も安定していますし、ローンを組む上でも非常に有利です。ですが、フリーランス・個人事業主の場合ですと、事情が変わってきてしまいます。

point

  • ・個人事業主の男性の結婚事情について
  • ・個人事業主としての強みとは?

個人事業主の男性の結婚事情について

フリーランス・個人事業主と言うと、一般的なイメージから「収入が不安定」「将来の保証がない」と見られてしまう傾向にあることは事実です。
お金や安定性を重視する女性の目線からすると、現実的すぎる話ではありますが、お金の問題が結婚する・しないの判断材料になることは大いに有ります。
安定した結婚生活や人生を求めている女性たちにとって、毎月のお金が安定している会社員の男性は、単純に安心できると言えます。

個人事業主としての強みとは?

フリーランス・個人事業主の人には、企業勤めの人と比較して強みになる部分を備えています。

●時間に融通が効く
言わずもがな、自分自身で仕事の量やスケジュールをコントロールできるので、例えば平日に休みを取って配偶者と一緒に旅行に行ったり、家事や育児を手伝うこともできます。

●経費として一部支出を計上できる
もちろん、経費として申請できるものや金額には上限がありますが、賢く経費として申請して節税することで、収入を増やすことができます。

上記のような強みがある、と分かっていても、最終的にフリーランスは生き方、価値観の選択であると言えます。となると、フリーランスが良い結婚ができるかできないかは、結婚相手にフリーランスの価値観を理解してもらえるか、理解力のある女性との縁があるかどうかにかかってきます。

営業力の重要性に注目!「仕事の自由さややりたいことよりも、大切なのは安定性。今後のためにも、定職に就いて安定した給与を稼いで。」
もしくは、
「収入が不安定でも、あなたのやりたいことや自由を尊重する。」
と言って支えてくれる人と結婚するのか。


その選択自体があなたのフリーランス・個人事業主としての未来や幸せを決めると言えます。
良い結婚をして、仕事人生を謳歌し、家族全員を幸せにするフリーランス・個人事業主の方が増えることを願っています。

エントリー・お申し込み