エントリー・お申し込み

オフィスや仕事場の選び方

フリーランスのオフィス・仕事場の選び方についてご説明いたします。

point

  • ・自宅で開業する (ホームオフィス)
  • ・バーチャルオフィス
  • ・カフェを利用する

自宅で開業する (ホームオフィス)

自宅がオフィスになっている場合です。
メリットは「通勤時間」とお金が浮くことです。通勤時間がゼロですので、その時間を仕事に回せます。一口に通勤時間と言っても、年間の通勤時間を考えると膨大な時間になります。
外でランチするより自宅で自炊することで、節約になります。

こう考えるとホームオフィスはいいとこばかりのように見えますが、デメリットもたくさんあります。

まずは、自宅の住所や電話番号などの個人情報がガラス張りになってしまうため、不動産屋など業務に関係のない不要な業者からの電話や郵便物がたくさんきてしまうということです。起業したての時は、自分だけでなく自宅に住む家族にも負担がかかりますので、予め覚悟が必要です。

次に時間の管理です。
自宅にいると仕事と団欒の切り替えが難しくなります。
仕事が溜まっていても、自宅にいるとついついまだ時間があるからとのんびりしてしまう傾向があります。広いお家に住んでいる人であれば、快適なオフィス空間を自分でつくることも可能でしょうが、専用の部屋を確保するのがやっとという人が大半でしょうから、思った以上に気持ちの切り替えは難しいものです。

もう一つ、運動不足が挙げられます。移動する距離が非常に少なくなりますので、確実に足腰が弱くなることが想定されます。毎日数回、欠かさず散歩や自転車での買い物など、積極的に外出することを心がける必要があります。

バーチャルオフィス

バーチャルオフィスは、起業して事業を始めるにあたって最低限必要な住所や電話番号、FAX番号などをレンタルすることができるサービスです。基本的には住所や電話番号だけを借りることになります。

バーチャルオフィスのメリットとしては、下記のような点が挙げられます。

営業力の重要性に注目!●電話を自動で転送してくれる
●郵便物を転送してくれる
●FAX転送サービスがある
●来客対応サービスもある
●事務所を借りるよりも安く、1万円以内で借りることもできる


一方で、バーチャルオフィスのデメリットとしては、下記のような点が挙げられます。

●バーチャルオフィスと契約している会社は全て同じ住所になるため、評判が良くない会社が契約をしていると、取引先や顧客から信用を得られにくくなる恐れがある

カフェを利用する

適度な雑音が心地よく感じる為、多くのビジネスマンが利用しています。
脳の働きでは、「無音だと集中できない」という性質があるのだそうです。
クラシックやヒーリング系のミュージックは精神的な緊張を和らげ、退屈感を少なくし、疲労感を感じなくさせる効果があるといいます。
とくに比較的単純な作業や学習の場合は、こうした音楽は集中力を高める効果を発揮するようです。
オススメはクラシックの定番「モーツァルト」。最新の研究で、モーツァルトの音楽は集中力を高めるのに最高のBGMであることが証明されました。
これは『見物効果(観客効果)』と呼ばれます。心理学では「他者から見られることで、やる気や仕事の量、スピード、質が変化する現象」のことをこう呼んでいます。

いかがでしたでしょうか?

ぜひ、あなたの性格やワークスタイルに会った仕事場を見つけて、フリーランスの人生を楽しんで下さい!

エントリー・お申し込み