エントリー・お申し込み

休みの取り方

労働時間の縛りが少ないフリーランス。
とはいっても、「長期休暇が取りにくい」「納期が近い」など、休日を取りにくい場合もあります。
このページでは、フリーランスの休みの取り方を紹介します。

point

  • ・フリーランスの特徴
  • ・フリーランスの休みの取り方
  • ・平日に休みを取る
  • ・フリーランスで休みを取る場合の注意点

フリーランスの特徴

フリーランスは、仕事を自分で調整しながら進められるというメリットがあります。
比較的自由に休日をつくれたり、時間的・場所的な制約が少ないように思われがちですが、依頼内容によっては、上手くいかない場合も多くあります。

フリーランスの休みの取り方

労働時間の制約がない分、休みを取る意識やそのための工夫も必要です。

●休みは積極的に取るようにする
仕事のクオリティ向上、生産性向上のためにも、休みを取ることは必要です。

●予め休みを決める
休暇の時期を先に決定し、そこへ向けた仕事のタイムラインを組みましょう。

●常駐仕事は数件にする
収入の安定化には必要ですが、数を増やし過ぎないことが重要です。

平日に休みを取る

集中力ややる気の低下を防止するためにも、適度に休日を挟むように心がけてください。休日の取り方としては、平日を休みにするという方法もあります。会社員であれば、土日に休日という人が多いですが、平日を休みに出来るのもフリーランスのメリットです。平日であれば、平日しか済ませられないような用事を済ませたり、のんびり外出することもできます。

フリーランスで休みを取る場合の注意点

営業力の重要性に注目!●前もったスケジュール調整

●クライアントに営業日・休暇日を伝える

●緊急事態・突発的な仕事への対応を前もって決定


上記のようなポイントに気をつけることで、ご自身にとっても、クライアントにとっても、安心感をもって休暇を取ることができます。自己成長や学習の機会、リラックスのための時間は重要です。

オン・オフで頭と気持ちをしっかりと切り替えることで、仕事にも良い影響が出るのではないでしょうか?

エントリー・お申し込み