独学とTwitterコミュニティーで培ったITスキルを活かし、大手ITエンジニア兼漫画家としてマルチに活躍するちょまど氏のキャリアに迫る! | フリーランスの案件・求人はPE-BANK

プレスリリース

  • プレスリリース

独学とTwitterコミュニティーで培ったITスキルを活かし、大手ITエンジニア兼漫画家としてマルチに活躍するちょまど氏のキャリアに迫る!

ITエンジニアの新しい働き方を提案する株式会社PE-BANK(東京都港区/代表取締役・髙田 幹也)が提供するTOKYO FM「ジュグラーの波〜澤と美音のまるっと経済学〜」のコーナー企画「美音のまるっとエコノミーsupported by PE-BANK」のゲストとして、ITエンジニア兼漫画家の千代田まどか(ちょまど)氏が出演しました。本レポートでは、2021/4/22(木)・4/29(木)の放送内容をご報告いたします。



出演者


千代田まどか(ちょまど)氏
通称「ちょまど」さん。IT エンジニア兼漫画家として活動中。自身が描いた絵を掲載するために個人サイトを立ち上げたことがきっかけでプログラミングを学びITの道に進む。

 

放送内容


 

女子大・文学部所属からITエンジニアへの道のり


外資系IT企業でITエンジニアとして活躍をしている、自称オタクで腐女子の千代田氏。千代田氏がBLに興味を持ち出した当時、腐女子はマイナーなカルチャーであり、多くの人が見てるようなTwitterに自分が描いたBLの絵を載せることは良くないことだと考えていたと話す。

個人サイトを立ち上げたものの、当初は無料サーバーを利用していたため多くの広告が掲載されることに不満が募り、そのような広告を消すにはどうしたらいいかを考えた結果、自分でサーバーを立てれば良いとわかり、それがプログラミングを学ぶきっかけとなったと話す。

PHPから勉強を始め、気が付いたらすごくプログラミングが好きになっていて、ITの道へ進むことになったという。独学に加え、Twitterでエンジニアのコミュニティの方々に教えてもらうことで、スキルを習得したという。コードを書いた通りにしか動かない、プログラミングの特性が自分に合っていると話した。

 

漫画家“ちょまど”としての生活


千代田氏のもう一つの顔として、漫画家“ちょまど”の顔がある。現在ITエンジニアの副業として漫画家としても活躍をしており、内閣サイバーセキュリティセンターが、毎年アニメとコラボして実施している『サイバーセキュリティ月間』では、今年コラボしたラブライブサンシャインとのコラボパンフレットの公式漫画も手掛けたとのこと。

 

今後の展望とIT業界の未来


今後IT業界で活躍する人材について質問をしたところ、「好奇心が強くて新しいことをどんどん学ぶのが好きな人」だと話す。「IT業界は、技術の進歩が日進月歩の進み方であるため、昔やっていた仕事からのアップデートが苦手な人よりも、どんどん新しいものに食いついて、今これがトレンドなんだとか、新しいものを学んでいくという変化に強い人が今後活躍するはずだ」と語った。

そんな千代田氏は今後、人の為や業界全体のためにに何かをしていきたいと話す。これまでは、自分が楽しいことや好きなことへの貢献ばかりを考えていたが、いつからか、業界全体をどうにかしたいと思うようになったという。

特に日本では、プログラマーという職業に就いている女性が少なく、女性エンジニアの輪を増やしていきたいと話した。現在は、約300名が所属する女性エンジニアのコミュニティを作り、育児しながらどのようにエンジニアの仕事をしていくかなど、女性ならではの相談をぶつけられる場を提供しているという。『女性且つエンジニア』という立場から様々なことを発信していきたいと語った。

 

番組概要


番組名    TOKYO FM「ジュグラーの波~澤と美音のまるっと経済学~」
放送時間   毎週木曜日 21:30~21:55
番組概要   AKB48グループ総監督の向井地美音が、リスナーとともに、公認会計士の澤昭人から
身近にある経済の仕組みを分かりやすく学んでいきます。
出演者    公認会計士:澤昭人、向井地美音(AKB48)
公式Twitter https://twitter.com/JuglarTFM別ウィンドウで開きます
プロエンジニア
次回出演者  2021年5月6日(木)・5月13日(木)
(高山典久氏/ ITフリーランス支援機構 代表理事)

※番組はradikoでもお聴きいただけます。放送後一週間以内であればタイムフリー聴取機能(無料)で番組をお楽し​みいただけます。(※お住まいの地域の放送局のみ無料で聴取可能です。)​
※アプリでの視聴には別途パケット通信料がかかります。
※放送局の都合により、放送内容・時間が変更になる場合がございます。予めご了承ください。​

その他のニュースはこちらをご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/12015別ウィンドウで開きます

TOP