エントリー・お申し込み

社会保障、健康管理、人的交流、そして自分育て

どんなに大きな案件でもせいぜい数年のスパンを考えれば済むこと。しかし人生は80年。もっと長期的な視野に立って、自分の将来を考えたいものです。社会保障、健康管理、人的交流、そして自分育て──それらをどうライフプランに取り入れるか、それがフリーランスエンジニア(IT個人事業主)として成功するための、もうひとつのカギです。

point

  • ・社会保険・国民年金に加入しよう
  • ・心身の健康管理を徹底しよう
  • ・たまにはリフレッシュを
  • ・積極的に「自分育て」を。

社会保険・国民年金に加入しよう

  • 余生まで視野に入れてプランする

まず、フリーランスエンジニア(IT個人事業主)であれば、社会保険・国民年金はしっかり手続きしたいもの。ついでに貯蓄やローン返済計画もしっかりと。長い人生、最後には20年ぐらいの余生があるのです。無計画でごまかしきれる長さではありません。
そこで、1年分まとめて税務署に報告し、税金を払う手続きが確定申告です。

心身の健康管理を徹底しよう

  • 備えあれば憂いなし

年に1~2度は健康診断を。年齢に応じた検査内容を選択しましょう。また、悩み多きフリーランスエンジニア(IT個人事業主)にはメンタルケアも大切。「かかりつけ」の医療機関、主治医を持ちましょう。ケガや病気への備えも大切。民間の入院保険や傷害保険をうまく組み合わせたり、PE-BANKの健康診断やフィットネスクラブの補助金制度を活用したり、自分のライフプランに合ったものをチョイスしたいところです。

営業力の重要性に注目!また、以下のような行動は健康に与える悪影響があるので注意しましょう。

◆不規則な食事により栄養バランスが悪くなる
◆血液の循環が悪くなり、酸素運搬がスムーズではなくなる
◆残業による不眠で、疲労が蓄積する


姿勢を正す、目の体操をする、スキマ時間に運動するなど対策をしましょう。

たまにはリフレッシュを

  • 仲間とのコミュニケーションが明日への活力をくれる

フリーランスエンジニア(IT個人事業主)になったら飲み会にも誘われなくなった・・・そんな話をよく耳にします。会社勤めと違って人的交流がどうしても少なくなるフリーランス。だとしたら、これまで以上にコミュニケーションを大切にしたいもの。仕事を度外視して付き合える仲間を持つのもいいでしょう。また当社では、ITエンジニア同士の研究会や懇親会などを随時開催しているので、こうした場を活用してみるのも手かもしれません。交流の中から新しい仕事のアイデアが生まれるかもしれません。

積極的に「自分育て」を。

  • PE-BANKの補助金制度も活用できる

どの分野でもそうですが、独学というのはなかなか続けるのがむずかしいもの。学びの基本は継続にあります。同じ志を持つ仲間とセミナーや講習会に参加したり、資格試験を受けたりといった機会を積極的に設けましょう。PE-BANKを利用するプロエンジニアは、そうしたセミナーに参加できたり、資格試験の受験料に補助金が出たりと思わぬメリットが得られます。フリーランスエンジニアほど積極的に「自分育て」を。

エントリー・お申し込み