エントリー・お申し込み

フリーランスの案件・求人TOPITエンジニア独立ガイドフリーランスとはフリーランスのためのオフィスや仕事場の選び方

フリーランスになって、まず確保したいのが仕事場です。今流行りのノマドワーカーなど、カフェで一仕事ということも考えられますが、やはり落ち着いて仕事をするにはオフィスが必要でしょう。そこで、フリーランスに必要な仕事場の条件や利用できるオフィスについて考えてみました。

オフィスや仕事場の選び方

フリーランスの利点は働く場所を選ばないという点ではないでしょうか。常駐で会社に通っている人は別として、オフィスを選ぶことができる人は、できるだけ条件の良い場所で働きたいと思うでしょう。
そこで、以下に各オフィスのメリットとデメリットをまとめてみました。

ホームオフィス

多くの人が選択する自宅ですが、あらためてその内容を見てみましょう。

メリット

・家賃がかからない。

・交通費がかからない。

現在支払っている自宅の家賃またはローンなどと別に賃料を支払う必要が無いので、このメリットは大変大きいです。また、通勤の必要が無いので、交通費もかかりません。

デメリット

・プライベートとの区別がつきにくい。

・信用度が低い。

・賃貸の場合、ビジネス用に利用できない場所もある。

よく言われることですが、自宅で仕事をしていると、ついつい楽しい方へ流れてしまうという点です。自宅内でも仕事部屋をきちんと確保できていれば、気持ちの切り替えもしやすいですが、家族に話しかけられてしまったりして集中力が途切れるということもあるかもしれません。
なお、仕事場として、自宅住所を公開しなければならないので、少なくとも仕事用に電話回線を別にするなどの工夫は必要でしょう。
一方、賃貸の場合、住居用としての使用しか認められていない場所もあるので、勝手に兼用とすることはできません。

レンタルオフィス

レンタルオフィスは、ビルのワンフロアがすべて個室やパーティションで分かれていて、その一室を月額や時間単位で借りるスタイルのオフィスです。

メリット

・初めから机や電話、コピー機などが用意されている。

・敷金・礼金不要なところが多い。

ビジネスに必要な家具や設備などが整っていて、場合によってはフリードリンクや受付サービスなど、フリーランスであれば自腹で支払わなければならないものも含まれていることがあります。
また、特に賃貸で仕事場を借りる場合には、敷金や礼金が高額になりますが、レンタルオフィスならそれらも不要というケースがほとんどです。

デメリット

・決められた備品しか使用できない。

・賃料、交通費がかかる。

自宅と比較した場合、毎月賃料を支払わなければならないので、ある程度収入にゆとりがないと厳しいです。
前述のように、レンタルオフィスの大きなメリットは、最初から家具や設備が整っていることですが、こだわりがある場合は変更したくてもできないというデメリットになります。

コワーキングスペース

コワーキングスペースは、レンタルオフィスと違ってオープンな広い空間に仕事場が用意されていて、時にはそこに集う人たちのイベントなどが開催される場所です。
フリーランスで他の人と交流する機会が少ないので、同じような境遇の人と交わりたいという人におすすめの場所です。

メリット

・仕事をするのに必要最低限の設備が整っている。

・他のフリーランスとの輪が広がりやすい。

・短時間でも利用可能。

レンタルオフィス同様、机などの設備が整っているので、体一つで利用することができます。
なお、定期的にイベントを開催していることも多いため、人とつながりたいフリーランサーにはおすすめの場所です。
毎日、長時間ではなく、短時間だけ使いたいという場合でも時間単位で借りることができるので便利です。

デメリット

・オープンスペースなので気が散る。

場所が区切られていないため、プライバシーが守られることはなく、人の会話で気が散ってしまうという声も多く聞かれます。
また、仕事で電話を必要とする際も、会話がつつぬけになってしまったり、他の人の声がうるさくて相手の声が聞こえなかったりといったことがあります。

フリーランスの仕事場に求められる条件

それでは、フリーランスのオフィスはどのような状態がベストなのでしょうか。仕事場を決める上で重要になる比較項目をリストアップしてみました。

静かさ

騒音レベルはもちろん仕事にはふさわしくありませんが、逆にシーンとしていると集中できないという人もいるかもしれません。自分に合った静かさを追求したいものです。

作業机の快適さ

慣れた場所に物がそろっているなど、仕事がしやすいように机まわりをカスタマイズする人も多いです。また、仕事を進める上では椅子も重要なポイントになります。長時間デスクワークを行う場合、椅子が合っていないと疲れが出ますし、腰を痛めてしまうこともあります。

自宅からの距離

ホームオフィスであれば通勤の必要はありませんが、そうでない場合はいくら便利な環境でも、あまり遠くては毎日続けるのが大変です。どのくらいの通勤時間が許容範囲なのか、実際にシミュレーションしてみることをおすすめします。

設備の充実度

パソコンは必要ですが、ノートパソコンであれば自宅でも使うことができるので持っておいて損はないでしょう。その場所では何があって利用できるのか事前に確認しておきましょう。

価格

フリーランスにとって最も気になるのが、価格ではないでしょうか。いくら設備が整っていても、価格が高ければ赤字になってしまいます。価格に見合うサービスがあるのかどうか、ある程度多くの場所の価格を比較してみましょう。ホームオフィスでもゼロからの場合は、設備投資が必要な場合もあるため、それも含めて検討しましょう。

セキュリティ

オフィスとして貸し出している場所は、インターネットが使えるように整備されていることがほとんどですが、セキュリティ対策についてはあまりしっかりしていないこともあるので、注意が必要です。仕事関係の情報が漏洩してしまうと大変ですから、セキュリティに関しても確認しましょう。

まとめ

各オフィスのメリット・デメリットを比較しよう

フリーランスの仕事場に求められる条件を把握しよう

フリーランスにとってはオフィスや仕事場を確保できるのはありがたいことですが、選択肢が増えると、それだけ決めるのに時間がかかることになります。
誰しもできるだけ良い環境で働きたいという気持ちはありますが、場所探しに時間をかけすぎて本業が進まないという事態におちいらないようにしたいものです。

まずはお試しで数時間借りてみるのも一つの方法です。

エントリー・お申し込み