エントリー・お申し込み

仕事・案件を継続して取る方法

独立を考えるITエンジニアにとって最大の懸念は「仕事があるのか」ということ。
そして、その後も途切れることなく仕事に恵まれるかどうか、ということに尽きます。個人事業主にとってもっとも重要で根本的なこの課題を解決するには、「人脈」を活かすことがなにより肝心。その極意、秘策とは?

point

  • ・人脈の重要性について
  • ・正社員のうちに人脈を広げておくこと
  • ・人脈の悪用はご法度!
  • ・自分から発信できる情報を持つこと
  • ・次の仕事もお願いしたい!と思われるような仕事をする

人脈の重要性について

人脈とは、自分が本当に困ったときに助けてくれる人のこと。人脈が必要な理由は、言わずもがなですが、行動の選択肢が増えるからです。人脈が広ければ、良い情報を教えてもらえたり、面白そうな仕事を紹介してもらえたり、自分の人生にとってプラスになる選択肢を学べることがあります。

正社員のうちに人脈を広げておくこと

  • 相手が異業種でも信頼関係を築けば後々プラスに

営業力の重要性に注目!まず人脈はサラリーマン時代に築いておくこと。IT開発案件が動いている現場の近くで仲間の輪を広げましょう。
仮に相手が異業種の人でも、仕事を通じて信頼を得ることができれば、「うちで今度こんなシステムが必要なんだけどちょっと手伝ってくれない?」というように、開発やコンサルティングの仕事につながっていくことがあるはずです。


また、交流会や勉強会に参加して知り合った人に、別の要人物や盛んな交流会を紹介してもらったりすることで、更に多くの情報を効率よく得ることができます。

人脈の悪用はご法度!

いくら人脈が広くて、いろいろな会社や人から良い情報をもらったとしても、その情報を悪用してしまうことは絶対にしてはいけません。例えば、「今のお客さんを持って会社を出る」というのは社会人として仁義を欠いた行為です。ルール違反以外の何ものでもありません。そのような行動を起こす人は、だんだんと人脈が薄くなっていくに違いありません。

自分から発信できる情報を持つこと

  • ギブ&ギブ&ギブ&テイクでちょうどいい

人脈の「脈」にあたるのは何か?  それは「情報」です。
まずは自分から情報発信することを考えましょう。
与えるべき情報を持たなければ、誰からも有用な情報をもらえないというのは当然です。
あなたが相手にとって魅力的な情報を持った人間なら、自ずと人脈を築くことができるでしょう。
しかし、そうなるまでには相当な時間がかかることを覚悟しておいてください。したがって、独立を考えるなら、未来に目標をおいてそこから逆算スケジュールで行動を開始すべきです。

もうひとつ、情報はギブ&テイクではなく、ギブ&ギブ&ギブ&テイクぐらいのバランスで丁度良いということです。相手に過剰な期待を抱かず、要求をせず、地道に信頼を獲得していくことが大切です。

次の仕事もお願いしたい!と思われるような仕事をする

  • ブランディングを高め、引っ張りだこのフリーランスになろう

極論を言えば、「営業をせずとも仕事が舞い込んでくる状態」が究極の営業スタイルであると言えます。仕事を頼まれた時に、「この人に仕事を頼んでよかった!」「また仕事をお願いしたい!」と毎回思ってもらえるような仕事を心がけ、常に期待を超えるアウトプットを出し続ければ、実力も付き、正当に評価されます。そのような正のサイクルに乗り、自己のブランディングを高めていけば、自然と仕事や縁が舞い込んでくるようになり、営業活動は全く必要がなくなります。
そのためには、日々自己の技術力を磨き、最新情報をキャッチアップして、市場価値の高いフリーランスで居続けることが大事です。

PE-BANKでは、営業もできる、技術力もある。
そんなフリーランスへの第一歩になるためのお手伝いをさせていただきます。
まずはお気軽にお問い合わせを!

エントリー・お申し込み