【2022年最新版】PHPフレームワークとは?おすすめ7選と利用するメリット・選び方について解説 | ITフリーランスエンジニアの案件・求人はPE-BANK

フリーランスの案件・求人TOPITエンジニア独立ガイドスキル・テクニック【2022年最新版】PHPフレームワークとは?おすすめ7選と利用するメリット・選び方について解説

ツールノウハウ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

言語自体の開発のしやすさなどから人気の高いPHPは、大手の企業や大規模案件でも使われています。PHPの開発の効率化を図るために導入されていることが多いのがフレームワークです。

ここではPHPフレームワークを使うメリットとデメリットに併せて、学んでおきたいフレームワークを解説します。

>>PHPに関する案件・求人情報をチェック|フリーランスの案件・求人情報はPE-BANK

point

PHPとは?


動的なWebページを作るのに便利なのがPHPです。静的なコンテンツを表示するHTMLに埋め込んで記載することで、1つのページの中で動的、静的なコンテンツの両方を表示することができます。PHPはサーバーサイドで動作する言語でもあるので、サーバー側のデータベースと連携してデータを表示することも可能です。

PHPフレームワークとは?

フレームワークとは、PHPを利用してシステム開発を行なうために導入する枠組みのことを指します。

どのようなシステム開発でも使うような汎用的なコードがまとめられているため、開発工数を短縮するのに役立ちます。プログラマーが書かなくてはならない膨大な量のプログラムを減らし、作業負担を軽減する効果があります。

また、大規模開発などで複数のプログラマーが作業する場合、コードの書き方にばらつきが出る可能性が出ます。フレームワークを導入すれば、フレームワークの記述方法にそろえてコードを書くため、厳密なコーディング規約やコーディング前の説明がなくても共通ルールを下敷きにしたコードができあがります。

プログラマーも事前にフレームワークを勉強しておく手間はかかりますが、プロジェクトごとの規約を確認しなくて済むため、スムーズに開発に入れます。

PHPでフレームワークを利用するメリット

PHPフレームワークを利用するメリットについて解説します。

効率が上がり開発期間が短縮される

フレームワークのなかにはほとんど手を入れずに使えるテンプレート、よく使う機能をまとめたライブラリやAPIなど、ある程度できあがった部品がたくさん入っています。プログラマーがゼロからコーディングする量が減るため、開発の作業効率を上げられるのは大きなメリットです。

重ねて、作業者はみなフレームワークに沿ったコーディングをするため、コードの書き方が統一されます。同じ書き方のコードであれば可読性が上がり、参考にしやすくもなるので、これもコーディングする量を減らせるポイントです。

効率アップにともなう開発期間の短縮は工数低減、開発金額の節約につながり、競争力のアップも狙えます。案件を見積り、受注する段階で他の開発会社と差をつけられるポイントにもなるでしょう。

バグが残りづらい

自由度が高いのはPHPの大きな特徴ですが、それゆえに一見問題ないコードでもバグが潜んでいる可能性があります。

テスト工程でバグの確認はしますが、テストケースに含まれていないパターンはシステムにバグとして残り続けてしまいます。もちろん開発者の力量次第のため、良いプログラマーをそろえることができれば問題にはなりません。ただしプロジェクトに携わる全員が経験豊富な方とは限らないうえに、万が一のこともあります。

PHPフレームワークに存在する機能は、バグが枯れたものが多く、安心して利用できます。そもそもフレームワークの構築時に、想定できる限りの状況を考慮に入れているため、バグが残りづらい設計です。

万が一フレームワーク自体の潜在バグが検出された場合でも、たいていは修正パッチがリリースされるので、それをシステムに適用するだけで対処できます。

セキュリティが堅牢

セキュリティ対策を意識したコードを書くのは知識が必要です。

特に、商用向けページの経験が少ないプログラマーがコーディングすると、セキュリティに関してあまり意識されていないこともあります。現在使われている著名なPHPフレームワークはすでにセキュリティ対策がなされており、フレームワークに沿って実装すれば、セキュリティ対策は済んだコードがほとんどとなります。

できあがったシステムでセキュリティ診断を実施し、その時点で何か出てきてしまうと対応に時間がかかります。フルスクラッチのシステムだと、プログラムの書き方自体に問題があることもあり、そうなると手に負えません。そういったシビアな事態を防ぐためにもフレームワークは有効です。

多くのシステムで開発に使用されてきたからこそ信頼度も高くなっています。

応募プロジェクトの幅が広がる

実際の開発現場ではほとんどのケースでフレームワークを利用しています。

裏を返せばプロジェクトに携わる際はフレームワークの利用経験が必須となります。特定のフレームワークや類似のフレームワークの使用経験があることを要件にしている求人情報も多いです。使用経験が浅い方は、自分で何度か使ってみて慣れておきましょう。

PHPフレームワークを使いこなせることは、効率の良い開発ができることの証明にもなり、応募できる案件の幅が広がります。

PHPでフレームワークを利用するデメリット

PHPフレームワークを利用するデメリットについて解説します。

フレームワークに関する学習コストがかかる

開発作業に取りかかる前に、フレームワークに関する知識を学習する時間が必要になります。テキストの購入や自前での環境づくりなどある程度負担しなければならないものもあるでしょう。

しかしフレームワークは一度概念を理解してしまえば応用が利きます。はじめはよく使用されているフレームワークを選択して学習した後、プロジェクトに携わりながら知識を深めていくと早く習得できます。

知識が偏り応用が効かなくなる

フレームワークを利用することで、プログラミングの十分な知識がなくとも、コーディングが可能になります。これはフレームワークのメリットの一つでもありますが、反対に、何か不具合が起きたときの解析ができないことにもつながります。

フレームワークの部分がブラックボックスと化してしまうと、知識に偏りができ、応用が効かないといったデメリットを生む可能性もあります。

有料フレームワークはコストがかかる場合も

有料のフレームワークはコストがかかるため、独学で進める際には費用が自己負担となってしまいます。基本の機能は無料でも、追加機能になると有償になる場合もあるので注意しましょう。

特定のプロジェクトに参画するために学習したいといった特別な事情がなければ、無償のフレームワークで学習を進めても問題ありません。

PHPフレームワークの選び方

PHPフレームワークの選び方について解説します。

学習コストが良いものを選ぶ

フレームワークはつぎつぎに新しいものが生まれていますが、知名度が低いものや、実績がないフレームワークを選ぶと開発が大変です。

使い方を確認するだけならまだしも、万が一意図したとおりに動かない場合、バグなのか仕様なのかの切り分けもできなくなります。インターネットに情報もそれほど上がっておらず、資料が少ない点で苦労します。

PHPであれば「Laravel」「CakePHP」が有名で、大手企業のサイトでも利用されています。この二つのどちらかから始めると情報も入手しやすいです。

実績・知名度があるフレームワークを選ぶ

一般に知名度が高く、よく使われているフレームワークを学んでおくと、そのフレームワークを使うプロジェクトに参画できる確率が高くなります。経験者が優遇されるのはもちろん、経験者でないと参画できないプロジェクトも増えてきました。

せっかく学ぶのであればよく使われているフレームワークを選ぶことをおすすめします。

【2022年版】おすすめのPHPフレームワーク7選


おすすめのPHPフレームワーク7選について解説します。

Laravel

PHPフレームワークのなかでも人気の高いLaravelは、WordPressなどの大手サービスでも利用されています。記述量が少なく簡単なため学習コストが低く、誰でも使いやすいフレームワークとなっています。

入力チェックが充実しており、コードの書き間違いも検出しやすいのが特徴です。本番環境へのアップロードの難易度も低く、大規模システムはもちろん、小規模システムを少人数で運用するときにも使われています。

CakePHP

CakePHPの特徴はbakeと呼ばれるコマンドを入力することで、プログラムが自動生成される点にあります。コードが自動生成されるうえに、動作速度も速いため、軽量のプログラムを素早く動かしたいときに便利です。

日本語に翻訳されたドキュメントも多く、困ったときに頼れる資料がたくさんあるのも心強い点です。

Phalcon

Web開発に必要な機能がほぼすべて用意されているPhalconは大規模開発向けのフレームワークです。コア部分がC言語となっているため、高速な動作を可能とします。

拡張性や自由度が高い反面、きちんとルールを決めておかないと、フレームワークの強みである共通化されたコーディングができなくなります。

CodeIgniter

CodeIgniterはコーディング規約の制限が緩く、プログラマーが楽にコーディングを進めることができます。ライブラリにアクセスするためのインターフェースまで用意されているため、プログラマーがゼロからコーディングしなければならない箇所が少なく、より速く開発を進めることができます。

2006年に出てきた新しいフレームワークのため、日本国内の案件はまだ多くありませんが、海外では利用事例も出てきています。

FuelPHP

すぐインストールして、即試せるFuelPHPは小規模開発や個人で開発を行なう人に人気の高いフレームワークです。Webサービスのアプリケーション開発に向いており、動作確認しながら開発を進めるようなケースにも使えます。

日本語のドキュメントが用意されているため日本人にも優しく、独学でも学習しやすいフレームワークとなっています。

Symfony

堅牢さが評価されて企業で多く使われているのがSymfonyです。開発に必要なツールが初めから装備されていることや、サポートの明確なルールが決められているところからも、保守性と安定性を重視していることが伺えます。

毎年2回リリースアップされるため、機能追加や脆弱性対策も定期的に行なわれており、オープンソースでありながら安心して利用できます。

Yii

キャッシュ機能が充実しており、負荷がかかる可能性が高いポータルサイトやCMSに使われるのがYiiです。コンポーネントベースのフレームワークのため、再利用性を重視した効率の良い開発を行なうことができます。日本での利用事例はそれほど多くありませんが、海外では大規模案件を中心に人気の高いフレームワークです。

まとめ

PHPで開発を行なうエンジニアとして活躍していくならフレームワークの知識は必須になります。コーディング規約に従うことなど、はじめは厄介に感じるかもしれませんが、慣れれば開発効率の良さがわかるはずです。

フレームワークの利用が前提となっている案件も多いので、仕事の可能性を広げるためにも勉強しておいて損はありません。

>>PHPに関する案件・求人情報をチェック|フリーランスの案件・求人情報はPE-BANK

関連記事

TOP

案件情報一覧へ 60秒無料エントリー