フリーランスのブログは営業ツールを意識!仕事獲得につながる運営術 | フリーランスの案件・求人はPE-BANK

フリーランスの案件・求人TOPITエンジニア独立ガイドスキル・テクニックフリーランスのブログは営業ツールを意識!仕事獲得につながる運営術

フリーランスとして活躍する中で、あなたは営業や広告活動などを行っているでしょうか。

フリーランスとして働く場合は、その営業に出かけた交通費も出ませんので、できるだけ効率のよい活動を意識する必要があります。

そのため、営業ツールの一つとして、ブログも活用しましょう。誰でも簡単に情報を発信することができるだけでなく、TwitterやFacebookなどといったSNSと連携させることで、クライアントの方から声をかけてもらえる可能性が上がります。ここでは、ブログを営業ツールとして利用するメリットと、仕事につながるブログ活用術についてご説明致します。

point

フリーランスがブログを営業ツールとして利用するメリット

まず、フリーランスがブログを利用するメリットを5つご紹介していきましょう。

メリットその1――簡単に信用を獲得できる

ブログは日々継続していくことによって、クライアントから「この人なら間違いなさそうだ」とか「ここに来ればいい商品が手に入りそうだ」といったような信用を徐々に獲得していけるメリットがあります。ブログはいわば、Web上でのあなたのお店のようなものです。そのブランドを明確に打ち出し、クライアントのニーズを考えながら最新の情報を伝えていくことで、看板代わりにすることができます。

メリットその2――自分の実績を伝える名刺代わりとして役に立つ

現在、著名人の場合はだいたいブログを開設しているので、その人と会う機会などがあれば、ブログを事前に読むことが、マナーにさえなりつつあります。このように、初対面の人に対し、自分が今何をやっているのかということを簡単に紹介できるツールとして、ブログは有効です。また、一緒に仕事をしたいと思った人に、あなたの作品を見てもらうポートフォリオや実績としての役割も果たしてくれます。

メリットその3――自分のコンテンツをどんどん資産にできる

他のSNSなどと比べて、ブログは記事が蓄積されるため、古い記事でも、いつまでも読んでもらえるという利点があります。それにより、あなたの書いた記事を資産として、ずっと活躍させることができます。

メリットその4――固定ファンが作れる

ブログでは、あなたの考えや性格に共感してくれた読者がファンとなってくれる場合も多いです。そのようなファンは、あなたのブログをSNSで拡散してくれたり、何かイベントを開いたときにすぐに申し込んでくれたりするなど、大きな支えとなってくれることがあります。

メリットその5――SNSと連携させて、より強力な宣伝ツールにできる

FacebookやTwitterとうまく連携させて活用することによって、様々な角度から潜在的な顧客にアプローチすることができるようになります。ハッシュタグなどをうまく利用したりすることで、有名ブロガーやインフルエンサーの人が拡散してくれれば、かなり多くの人にあなたの存在を知ってもらうことができます。

営業ツールとしてブログを使う場合に注意すべき点

ただし、やみくもに記事を更新しているだけでは、なかなかうまく仕事獲得につなげることができないのもブログの特徴です。

そこで、営業ツールとしてのブログについて、注意点を以下に挙げておきましょう。

仕事獲得につながるブログの活用方法その1――継続する

ブログで一番難しいのは継続することです。

特に始めたばかりのときの1ヶ月~3ヶ月はアクセスがほとんどありません。実際、軌道に乗るまでには有名ブロガーでも1年はかかっています。オウンドメディアなどでよくあるのは、50記事程度で成果が出ると安易に考え、そのような運営の難しさを見落としたために、閉鎖に追い込まれてしまうパターンです。

ブログの場合、オウンドメディアほど収益につなげられなくても問題はないとはいえ、それなりにアクセスを集めるには、少なくとも100記事は必要です。

そして、その間はまるで泥を掘り返しているような大変さがあります。会心の記事を書いても、無反応の毎日。「読んでもらえないものをなぜ俺は書き続けているのか」と自問することもあるでしょう。

しかし、半年~1年も続けていると、1日100人単位でアクセスが伸びてくるようになります。一度増えればそこからさらにつながりができて、さらに増えていくというのがインターネット上の特質です。このように、軌道に乗るまではブログの更新はとても大変ですが、一度軌道に乗ればなかなか衰えてはいかないという利点もあります。

仕事獲得につながるブログ活用方法その2――読者に寄り添った記事を書く

あなたが何か記事を読むときに、どのような気持ちで読んでいるかということを考えてみましょう。全く知りもしない人が、1日の出来事を綴ったものを面白く読むということはほぼないのではないでしょうか。ブログを書くときには、基本的に、自分に誰も興味を持っていないということを前提にし、それでも読者がニーズを感じるような情報を発信するようにしましょう。

仕事獲得につながるブログ活用方法その3――時々長文記事も出す

Googleは文字数を検索上位表示の判断にはしていないそうです。しかし現に、上位表示されているサイトの文章には「長い」という特徴があります。いたずらに長いからいいというわけでもありませんが、他と同じくらいの記事の長さであれば、どうしても内容が似たり寄ったりになってしまいがちです。読者が限定されていないネットの記事だからこそ、基本的なところからの説明がなされ、かつ、しっかり網羅性があり、深いところまで記述されているものはSEO効果も出てきます。その結果として、長い記事が評価されるということです。

盛り上がっているブログならば、より営業効果が高くなることは言うまでもありません。極力あなただけが語れる内容を入れて、アクセス数を伸ばすようにこころがけてみましょう。

まとめ――最初は大変、でも大変だからこそ他と差をつけるステータスになる

以上、フリーランスの営業ツールとしてブログを活用することの重要性についてご説明してきました。

また、そのブログを運営する上で注意すべきことについても述べてきました。Googleに反映されて、アクセス数が増えるまでは、ある程度の期間と記事の蓄積が必要になります。また2000字ぐらいの短い記事も必要とはいえ、時々は少し長い記事を書いて、網羅性とオリジナリティの高い記事をポストすることも大切です。

辛いときもありますが、実はそういうときこそが踏ん張りどころであり、成長のタイミングです。なかなか誰もが続けられることではないからこそ、ブログを更新していくことが、あなたを魅力的にするステータスとして役立ってくれることでしょう。

TOP