フリーランスの仕事探しはこうする!質の良い案件を獲得し続けるノウハウ| フリーランスの案件・求人はPE-BANK

フリーランスの案件・求人TOPITエンジニア独立ガイドフリーランスとはフリーランスの仕事探しはこうする!質の良い案件を獲得し続けるノウハウ

今回はフリーランスの仕事探しのコツです。

フリーランスになったとしても、仕事探しはどうすれば良いのかと悩んでいる方も多いかと思います。

安売りやオーバーコミットすることで、案件を獲得していくことはできても、それではいつか限界が来てしまいます。気持ち良く、フリーランスとしての道をまい進していけるよう、ここでは、質の良い案件を獲得し続けるためにはどのようにすれば良いかということをご紹介します。また、それでも仕事がなかなか入ってこない時には、どのようなアクションを取れば良いかということについても、ご説明していきます。

point

質の良い案件を獲得し続ける方法

フリーランスとして質の良い案件を獲得し続けるためには、どのような心構えやアクションが必要なのかについて、3つご紹介いたします。

質の良い案件をフリーランスが獲得し続ける方法その1――一つのクライアントによりかかりすぎない

フリーランスという立場上、発注が止まってしまうということはあり得ること。もちろんフリーランスの立場をよく考えてくれているクライアントもいますが、中には、特に断りもなく仕事の依頼を突然減らしても、なんとも思わないクライアントもいないわけではありません。報酬の交渉をしても「考えておきます」と言ったきりで、一切話を進めてくれないこともあります。

実際問題として、そういうクライアントはいるので、あなたは極力リスクを分散させておく方法で、収入の激減を防いでおくことが肝心です。収入の激減が起こると、集中力が落ちたり、営業面に時間が取られたりなど、他の仕事に差し支えが出てしまうこともあるからです。

そのため、一つのクライアントからの依頼は大体、全体の何割ぐらいにとどめておくかをよく考えましょう。理想は1~2割。それぐらいにとどめておけば、たとえその依頼が一つなくなったとしても、打撃は小さくて済みます。

質の良い案件をフリーランスが獲得し続ける方法その2――新規クライアント獲得を常に行うようにする

一度目標額に達したからといって、そこで新規クライアントの開拓をやめてしまうのは得策ではありません。たとえ十分な仕事量であっても、定期的に新規クライアントを探すようにしましょう。

発注停止のタイミングで、うまく自分の希望にあった案件が出ることは稀です。1日すべての時間を目の前の業務に充てるのではなく、新規クライアント開拓の時間をわずかでも作れるように心がけておきましょう。フリーランスにとって現状維持は、後退を意味します。

質の良い案件をフリーランスが獲得し続ける方法その3――一つひとつの仕事をしっかり行う

すでに受注している仕事に全力を尽くすことも、仕事獲得にとって重要なことです。もちろんそれがクライアントの評価に繋がり、リピート発注をもらえるようになるという点もありますが、たとえリピート発注がなかったとしても、丁寧な仕事をしたこと自体があなたの実績として残り、別のクライアントにアピールできる材料となるためです。

最高の仕事をして損をすることはありません。その発注相手であるクライアントからの反応はいまいちだったとしても、それを評価してくれる人が別のところから必ず現れます。そして、それこそがフリーランスの良いところであり、最高に面白いところであると言えます。

それでも仕事がどうしても入ってこない時に、どのようなアクションを起こすべき?

フリーランスというのは、どうしても仕事がとても忙しい時と暇な時との差が出ます。様々な手を打ってもなかなか仕事が見つからない時もあれば、それほど本腰を入れなくてもフッと仕事が入ってきたりする時もあります。

様々な努力をしても、どうしても仕事が入ってこない時に起こすべきアクションを、次にご紹介します。

仕事がない時にするべきことその1――掃除

仕事がないからと焦ったり混乱したりすると、無駄に単価を下げすぎてしまい、結果としてただ疲れただけで収入があがらないというような事態になってしまいます。

まずは、落ち着くことが大切です。そこで掃除をしてみましょう。それまで積み重なった業務で、部屋が乱雑になっていませんか?今まで受けた仕事では必要だったけれど、すでにいらなくなったものもあるでしょう。パソコンのデスクトップ上に、無数のいらないフォルダやファイルが溢れていませんか。

掃除をしたせいで部屋が汚くなるということはありません。まずはそういう「成果が確実に出る仕事」から一つずつ行うという意味でも、掃除は有効です。

仕事がない時にするべきことその2――勉強

仕事がない時は、なかなか手がつけられないでいた勉強に着手する良い機会です。あるいは今まで中途半端に続けてきた勉強を、まとまった時間を使って総復習するのもおすすめ。そして、次に発注を受けた時に良質な仕事ができるように、しっかりと準備をしておきます。

仕事がない時にするべきことその3――営業ツールの開発

仕事がない時は、あなたを売り込むポートフォリオやブログ、名刺などを作ってより営業活動を洗練させるチャンスです。この機会をうまく利用して、あなたを売り込むツールに磨きをかけましょう。

まとめ――安売りする前に、クオリティアップの工夫を

今回はフリーランスの仕事探しについてご紹介してきました。

フリーランスは、仕事がない時につい単価を下げる、という手段を選びがちです。しかし単価を下げることは、自分は頭を使えないと言っているようなもの。それならばクライアントのニーズを考えたり、営業ツールにしっかりと磨きをかけたりすることに、エネルギーを回しましょう。

それから、あなたがまだPE-BANKのようなエージェント会社に登録していないならば、是非この機会に登録してみてください。当社はあなたに見合った豊富な案件をご用意しています。

TOP