エントリー・お申し込み

近年、フリーランスで働く人口は増加傾向にあると言われています。インターネット環境が全国的に向上したことや、クラウドサービスの浸透、シェアオフィスの概念が定着しつつあることなどにより、時間や場所にとらわれない仕事の仕方やフリーランスという職種が広く注目されるようになってきました。

会社に頼らず独立して稼ぎたいという人や、出産や育児をしながら自分のペースで仕事を続けたい女性、定年退職してもスキルを活かしたいシニアなど、フリーランスを目指す人の裾野はますます広がりつつあります。

しかし、いざ独立して仕事を始めたいと思っても、何から手をつけていいかわからないといった声もよく聞かれます。まずはフリーランスの定義や人気の理由、スタートするにあたって必要なことなど、フリーランスについて良く知ることから始めていきましょう。

フリーランスとは

「フリーランス」とは、会社や組織に所属することなく、個人で仕事を請け負う働き方のことを指します。求められる技術やコンテンツを契約ごとに提供し、その対価としての報酬を受け取るというシンプルな契約形態です。

自己の経験や専門技術等を活かして仕事を行うのであれば、職種に関係なく、誰でもフリーランスと名乗ることができます。どんな仕事を引き受けるかは自分の選択次第ですが、受注から納品まですべて自己責任で完結させることが求められます。 自分のスキルをクライアントに直接評価してもらえるやり甲斐や、業務に携わる時間を自由に調整できること、仕事を多く引き受ければその分収入が増えることなどがフリーランスのメリットとして挙げられますが、営業、タスク管理、経理、雑用なども個人でこなすことになりますので、専門技術とは別に、業務に関わるさまざまな管理能力も欠かせないものとなります。

point

  • ・フリーランスの語源
  • ・個人事業主とは
  • ・法人と個人事業主との違い
  • ・フリーランスが人気を集める理由
  • ・フリーランスに多い仕事
  • ・フリーランスデビューまでの流れと準備
  • ・フリーランスが収入を得るために行っていること
  • ・プロエンジニアとは
  • ・まとめ

フリーランスの語源

フリーランスを英語で記述すると、「freelance」となります。
直訳すると、「Free」は「無料」、「Lance」は「槍」という意味です。

この語源は、中世ヨーロッパ時代まで遡ります。
中世ヨーロッパの王や貴族は、戦争が起こる度に、傭兵団と契約して戦争に臨む文化がありました。
その兵士たちの中に、傭兵団に所属する事なく、個人として契約して戦場に臨む者たちが現れるようになり、彼らは「フリーランサー(free lancer)」と呼ばれるようになりました。

なぜそう呼ばれるようになったかと言うと…。
当時、戦争のリーダー格の槍騎兵 (lancer) は、自分の従卒として歩兵や弓兵を複数人まとめ、1つの軍団として戦争に参加していました。
次第に、まだ敵勢力と契約を交わしていない (=free) という意味と、1つの軍団 (=lance) という意味がくっついたことで「フリーランス(freelance)」という名称が用いられるようになり、
戦争が次第に減っていった近世以降、「フリーランス(freelance)」は本来の意味から「組織を離れて働く状態」を指す言葉に変化し、今とほぼ変わらない意味合いで使われるようになったのです。
現代のフリーランスは、現代社会におけるさまざまな戦いに、単独で臨む兵士というわけです。

「フリーランス」の類義語として、「個人事業主」という言葉がありますので、合わせて説明します。

個人事業主とは

個人事業主とは、【個人で何かの事業をする】ということです。いわば、自営業もそれにあたります。
いわゆる「株式会社」などの法人とは別の扱いです。

営業力の重要性に注目!法人と比較して、事業を維持していくコストが安いという大きなメリットがあります。
個人事業主の場合、所得税を支払うので、利益がなければ、税金はかかりません。
(法人の場合、法人住民税の均等割で毎年約7万円は赤字でも支払わなくてはいけません。)

会社勤めを辞めて独立はするけど、どのくらいの売上を上げられるかはわからない…。
そんな方はまず個人事業主からはじめてみることをおすすめします。

法人と個人事業主との違い

●納める税金について

個人事業主の場合、所得税、住民税等があります。
所得税の場合、年間収入から経費等を差し引いた金額が課税所得となり、累進課税方式により、課税所得が大きいほど税率が上がるという仕組みです。最大45%の税率が掛かります。
一方、法人の場合、法人税、法人事業税、地方法人税、法人住民税などの税金があります。
法人税では、課税所得 800万までは税率15%、800万を超えると税率23.9%となり、これ以上税率は上がらないため、課税所得 800万が法人化を検討する一つの目安になるでしょう。
ただし法人の場合、たとえ赤字であっても法人住民税の均等割を毎年約7万円支払う義務があります。


●経費の扱いや事務処理について

個人事業主であれば、消耗品や書籍代、セミナーへの参加費用など、事業に必要な諸々の支出を経費として、年間収入から差し引くことができます。法人の場合でも同様に経費とすることが出来ます。ただし、どちらにおいても事業に必要な支出と個人的な支出を明確に区別する必要があります。また、個人事業主が自分自身に給与を支払うという考え方は存在しないため、自身への支払を給与として経費にはできません。
その点、法人では、自分自身への支払を役員報酬という扱いで給与として経費にすることができます。
また、法人が行う事務処理として、法人としての登記、社会保険の加入、年末調整、源泉徴収義務、複雑な法人税の申告等々があり、様々な事務処理が必要になります。


●社会的な信用度

フリーランスにとって、自分のスキルがそのまま報酬に反映されることは大きなやり甲斐ですが、高いスキルさえあればどんな仕事も受注できるとは限りません。取引先によっては社会的な信用度をより重視し、法人でなければ契約できないといった条件を出してくるところがあるのも事実です。
また、業務拡大のための銀行融資や人材募集を考える際にも法人の方が有利なことが多いため、「自分の仕事を今後どのように展開していきたいか」を考えながら事業形態を選択することがフリーランスとしては大切です。

フリーランスが人気を集める理由

●実力に見合った収入を得られる

高いスキルと自己管理能力があり、仕事の出来映えで顧客の信頼をしっかり得ている人なら、フリーランスとして働いても平均的なサラリーマンの年収を超える収入を得られるケースも多くあります。「働いた分だけ報酬がある」というわかりやすさも、フリーランスで仕事をする上での大きなモチベーションです。


●クライアントとの直接のやりとりによって充実感が得られる

会社員の場合、クライアントと仕事をする際には取引会社の中の一人という立場で向き合いますが、フリーランスとなれば自分が会社そのものであり、自分が行った仕事の成果を直接クライアントに判断してもらうことになります。クライアントの生の声を聞く経験は、仕事を続ける上での貴重な刺激となり、さらなる向上心にも繋がります。


●長期間現役で働き続けることができる

フリーランスとして働く人に定年はありません。気力や体力、クライアントの要望に応えるスキルを維持していれば、たとえ何歳になろうと仕事を続けることができます。また、一旦会社を定年退職した人でも、それまでの経験や人脈を活かして個人事業を立ち上げると言った形で、フリーランスに移行するケースも増えています。

フリーランスに多い仕事

フリーランスの職種はさまざまですが、その中でも比較的独立しやすいとされる人気の職種には以下のものがあります。

●エンジニア

・システムエンジニア

クライアントの要望に合わせたシステム構築はもちろん、そのための企画・設計、既存のシステムの改善などの仕事を請け負います。また、継続的なシステム保守を求められるケースも多いため、フリーランスでありながらコンサルティングやマネジメント業務に携わることがあります。

・プログラマー

システムエンジニアが設計したドキュメントをもとに、仕様書通りの正確なプログラムコードを書く技術が必要となります。また、完成したプログラムの検証作業も欠かせません。フリーランスの場合、システムエンジニアとプログラマーの技術を総合して求められる場合もあります。


●デザイナー

・webデザイナー

webサイトをクライアントの希望通りのデザインに仕上げるほか、見やすくわかりやすいサイト構成や、アクセス数を伸ばすための工夫などについての企画提案を求められることも多い仕事です。

・グラフィックデザイナー

ポスターやチラシなどの広告から、カタログやグッズ等の販促関連、書籍やフリーペーパーのDTPなど、多岐にわたる紙媒体のデザインを行う仕事です。また、イラストやCG作成、企業のロゴデザインの仕事もその範疇に含まれることがあります。


●ライター

・web・ブログライター

webサイトに掲載する記事やコラム、メールマガジン等を執筆する仕事がwebライターです。また、依頼内容に沿ったブログ記事の執筆も需要の多い仕事です。

・コピーライター

商品やイベント、企業イメージなどを印象づけるコピーライトを考案します。クライアントの求めるイメージや、アピールしたい特色などを的確に表現するため、幅広い観点から企画を構築するセンスと営業力が求められます。また、広告の一環としての役割が大きいことから、デザイナーやディレクター等と共同で仕事をする機会も多いフリーランスです。


●その他の職種

上記以外にも、マスコミ関係(記者・カメラマンなど)やファッション関係(スタイリスト・メーキャップアーティストなど)、エンターテインメント関連(作曲家・映像プロデューサー・放送作家など)、翻訳家や通訳などもフリーランスで活躍する人が多い職種です。

フリーランスデビューまでの流れと準備

① 退職後、フリーランスになるまでに済ませておきたい手続きとは?

クレジットカードを作っておき、住宅や車などのローンを組む予定があるなら、ぜひ会社を退職するまでに手続きをしておきましょう。残念ながらフリーランスはまだまだ社会的な信用度が低いのが現状です。安定的な収入が保証されている会社員のうちに準備しておかないと、フリーランスとして独立した後はカードの審査が通りにくいことや、ローンの融資額を引き下げられるなどのトラブルに手間と時間をとられてしまう場合があります。


② 健康保険と年金の切り替え

会社を退職してフリーランスに転身後は、厚生年金から国民年金への切り替えが必要です。また、健康保険も国民健康保険へ切り替えるか、退職後2年間は会社の健康保険に継続加入するかを選択します。どちらの方が支払金額を安くできるかは市区町村によっても異なりますが、会社の健康保険を任意継続する場合は退職後20日以内の申請が義務づけられていますので、できるだけ早めに確認して手続きを済ませましょう。


③ 開業届と青色申告承認申請を準備する

フリーランスとして活動を始めるにあたっては、「個人事業の開業・廃業等届出書」いわゆる開業届が必須となります。最寄りの税務署でもらえるほか、国税庁のwebサイトからもダウンロードできます。提出時期は『事業の開始等の事実があった日から1ヶ月以内』です。
また、確定申告時に青色申告を選択する予定なら、開業届を提出する際に「青色申告承認申請」もまとめて手続きしておくと良いでしょう。青色申告を選択すると、最大65万円の特別控除のメリットが受けられます。青色申告承認申請書は開業届同様、最寄りの税務署か国税庁のホームページより入手することができ、こちらの提出は『事業開始の日から2ヶ月以内』が期限となります。


④ 仕事に必要なものを揃える

フリーランスで事業を始めようとすると、社員時代には会社が提供してくれていたネット環境や営業ツールなど、必要なものはすべて自分で準備しなくてはなりません。新しい名刺、屋号と事務所住所が入った印鑑や封筒、切手類など、事務周りの備品も揃えていきます。
また、青色申告は帳簿の作成が複雑なため、経理の負担を軽減できる会計ソフトの導入を検討する方も多いようです。


⑤ 自分のアピールポイントを整理する

フリーランスは、自分の好きなことや得意なことを仕事にできる点が大きな魅力です。しかし、ただ得意分野を看板に掲げただけでは、顧客の信用を勝ち取るためのアピールにはなかなか繋がりません。仕事の内容や働き方が細分化しつつある時代だからこそ、これまでにどんなキャリアがあるのか、具体的にどのスキルを用いて問題解決をしてきたか、今後どんな仕事にチャレンジしたいか、といった自分のアピールポイントをしっかり整理しておくことが大切です。
フリーランスとして簡単なポートフォリオを作成し、仕事用のSNSやホームページを立ち上げるなど、さまざまなツールを有効に使って情報発信していきましょう。


⑥ 開業報告が営業の第一歩

いよいよ開業したら、これまでに培った人脈を活かすため、友人や知人、以前取引があった相手などに幅広く開業報告をしておきます。必ずしも仕事に繋がるわけではないかもしれませんが、何かの機会に「そういえば…」と思い出してもらえるよう、最初に丁寧なご挨拶で印象づけることがフリーランスの営業としての第一歩となるのです。

フリーランスが収入を得るために行っていること

●営業力をつける

フリーランスは営業活動も自分自身で行わなくてはならず、契約の際にもしっかりと自分の利益を確保するための交渉力が重要です。受注契約を成立させるまでにどう話し合いを進めていくのか、自分なりのチェックリストや確認事項のフォーマットを作成しておくと、取引先との交渉をスムーズに進める助けとなります。


●情報収集と人脈の構築に努める

あらゆる職種において、流行のスタイルや技術革新は日々変化していきます。フリーランスで仕事を進めていると、そうした最先端の情報からつい遅れをとってしまいがちですが、勉強会や交流会に積極的に参加することで、知識や技術を補い合える同業者と出会う機会を増やすことができます。
問題解決に悩んだときや、忙しくて手が足りないときにヘルプを頼める人脈を育てておくと、仕事の効率が上がるだけでなく、気持ちの上でも大変心強い支えとなってくれます。


●エージェントサービスを利用する

近年では仕事の案件情報を提供したり、クライアントとの仲介役を担うエージェントサービスも数多くありますので、募集中の案件から得意分野の仕事を選んでアプローチしていくことも受注を増やす近道です。クラウドソーシングを利用したシステムでは、全体の売上げから手数料を1~2割程度引かれた額が報酬となることがほとんどですが、まずはフリーランスとしてクライアントとどう仕事を進めていくべきかを知る上では、良い経験になるはずです。

プロエンジニアとは

●PE-BANKとプロ契約を交わしたフリーランスエンジニアがプロエンジニアです。


プロエンジニアになることで、PE-BANKが営業部門、総務部門、経理部門として、プロエンジニアは実務部門と社長に専念できます。
それぞれのスキルを最大に発揮できるよう効率よく機能する組織体になるのです。
つまり、プロエンジニアになると、一流企業のようにIT分野におけるスペシャリストとして仕事を行うことができます。

実力のあるエンジニアの方。PE-BANKに登録して、プロエンジニアを目指してみませんか?

まとめ

フリーランスで仕事をしていくということは、正社員の安定した収入や生活を手放すということだというイメージが強く、なかなか踏み出せずにいる方も多いかもしれません。確かに、会社や組織の肩書きを持たず、個人のスキルだけで仕事を得ていくのは簡単ではありませんが、自分の能力を信頼してくれたクライアントとしっかり交渉し、一緒に仕事を完成させるという達成感はフリーランスならではのものとも言えます。

「自分らしさをもっと活かした仕事をしたい」と思ったら、働き方のひとつとしてフリーランスという選択肢を一度検討してみてはいかがでしょうか。

エントリー・お申し込み