Javaの案件一覧|フリーランスの案件・求人はPE-BANK

Javaの案件一覧 | フリーランスの案件・求人はPE-BANK

  • 案件検索

      ジャンルを選択
      エリアを選択
      スキルワードを選択
      希望単価を選択
      特徴を選択

      該当案件数

      該当案件数
      295

      閲覧履歴
    • HOME 全国のIT案件TOP Javaの案件・求人

      Javaの求人情報

      もっと見る 条件を変更して検索する 非公開案件多数 非公開案件多数
      Javaについて
      Javaとは
      JavaはSun Microsystemsが、1995年にリリースしたプログラミング言語とコンピューティングプラットフォームの総称です。現在はOracle社が開発を継続しています。
      C言語、C++をもとに、次世代言語として開発され、インターネット時代の到来とともにもっとも脚光を浴びた言語といえます。言語の開発当初から動作環境がOSやCPUに依存しないことを目標としており、ネイティブでクロスプラットフォームなアプリケーションを開発できます。Javaのクラスファイルの最初の4バイトを16進法で表記すると""0xCAFEBABE""となることから、名前の由来はカフェの名前であるという説が有力です。

      Javaの特徴や魅力
      OSに依存しないため、クロスプラットフォーム開発が容易であり、組み込みからスタンドアロンまでさまざまなアプリ開発に活用されています。
      最大の特徴はSun MicrosystemsのJavaのスローガンである「Write once, run anywhere」(一度書けばどこでも実行できる)とおり、実行環境を選ばず一度作成されたプログラムは基本的にクロスプラットフォームになるという点でしょう。これはJavaが仮想マシンを搭載しているので、端末やOSを選ばず実行してくれるためです。
      Javaはどのシステムの上で開発・コンパイルしても同一のバイトコードが獲得できるように設計されています。たとえばPC上で開発されたアプリを、Javaの実行環境を持つスマートフォンやルーター、メインフレーム、その他さまざまな端末で動作させることができるということです。
      これは顧客の実行環境とベンダーの開発環境の差異で発生する問題を吸収するだけでなく、開発コストを下げながら高度な処理が行えるという利点を持ちます。
      どんなプラットフォームでもJava仮想環境(JVM)を持つ全てのシステムで実行できるため非常に汎用性が高くなります。また、セキュリティ面やネットワークに強いため、インターネット時代の到来とともにネットワークサーバ用のみならずWebアプリや携帯・スマホアプリ、PC用アプリまで幅広く採用され脚光を浴びました。

      Javaの習得難易度・勉強方法
      もともとC++をベースに開発が始まったため、構文はC++に非常によく似ています。そのため、すでにC言語やC++を習得している人にとっては、学習が容易な言語といえます。
      しかし、完全な初心者が実務レベルまで学習する場合は、かなり習得難易度の高い言語の一つになります。
      JavaはベースとなったC言語やC++同様に、完成したあとの追加実装が難しい言語なので、まず将来のアップデートまで見据えた設計が必要になります。また、汎用性が高いということは選択肢が広いことと同義なので、初心者は開発の段階で一体なにをすればいいのかまったくわからない状態に陥りがちです。
      そして意図しない動作やエラーが発生した時の対処、いわゆるバグ取り時にはメモリダンプに触れることもあり、高度な技術と知識を必要とします。大概の学習初心者はここでつまずき、先に進めなくなります。
      Javaの学習講座は多数ありますが、現場に入れる程度の実践レベルまで学習できるコースはほとんど存在しません。独学である程度まで学習することもできますが、基本的に基礎レベルを学んだあとは開発現場に入り、何年も掛けて実践の中で身につけることになります。
      特に開発会社は独自のフレームワークを使用していることが多く、こういったものはケースバイケースで実際に触れて現場の人に動作を聞かないとわからないことが多いのです。
      効率よく学習するためには、一旦専門の講座を受講して設計を含む基礎を固めた上で、実務経験を問わない会社に入り現場で学習するのがもっとも最短と言えます。
      習得が難しいため、高度な開発技術を持つJavaエンジニアの数はあまり多いとは言えません。

      Javaの将来性
      多くのプラットフォームで活用されており、世界トップクラスのシェア率を誇る言語なので、将来性は充分安定していると言えます。
      アプリケーション開発に限らず、大規模なシステム開発の現場でも活用され、金融系システムや組み込みソフトウェアなど広範にわたって利用されている言語です。
      特にサーバサイドでのJavaプログラムは、JVMがマルチプラットフォームであることが非常に有効に働いています。顧客向けのシステム開発の場合、顧客のOS環境に開発の工数が左右されがちですが、Javaはマルチプラットフォームを活かしてWindows系からUNIX系まで幅広く対応できるので、Javaエンジニアの需要は非常に高くなっています。
      対抗言語は.NETフレームワークで、人気はほぼ二分されている状態ですが、JavaはUNIX系に強いことから超大手企業の基幹開発に食い込みやすいという強みがあります。
      しかしJavaは実践レベルでの習得が難しいため、熟練した高度な開発技術を持つエンジニアの数が少なくなっています。古い言語であるため、入社時にJavaのPGだった人たちが上流工程に移行するにしたがって、穴埋めする若手エンジニアの層が薄くなり、需要に対して供給が追いついていない状況なのです。
      そのため、他の言語よりも給与水準、求人数共に高いラインにとどまっています。この傾向はCOBOLなどの同じ状況にある言語同様、今後も続くと予想されており、将来にわたって需要が薄くなる可能性は低いと考えられます。

    TOP 案件検索