iOSの案件一覧|フリーランスの案件・求人はPE-BANK

iOSの案件一覧 | フリーランスの案件・求人はPE-BANK

  • 案件検索

      ジャンルを選択
      エリアを選択
      スキルワードを選択
      希望単価を選択
      特徴を選択

      該当案件数

      該当案件数
      36

      閲覧履歴
    • HOME 全国のIT案件TOP iOSの案件・求人

      iOSの求人情報

      もっと見る 条件を変更して検索する 非公開案件多数 非公開案件多数
      iOSについて
      iOSとは
      Apple社が開発した、同社のモバイル端末向けOSです。Apple Watchなどにも搭載されており、2018年11月の時点での最新のバージョンは12.1.1で、現行ではApple社の端末にのみ搭載されています。Mac OS Xをベースにタッチパネルを搭載した携帯機器用に機能を最適化して作られていますが、結果としてMac OSと異なり根幹技術であるCarbonやUNIX関連の機能はその多くがはぶかれています。

      iOSの特徴や魅力
      スティーブ・ジョブズ氏のこだわりである「説明されなくても直感的に、子供からお年寄りまで操作がわかる」ことを重視してインターフェイスが設計されています。そのため、マニュアルを読まずに触っても大体のことが実行できるOSとして人気があります。
      端末とシステムがApple社の一元管理に置かれており、サードパーティ製アプリの安全性、OSとの親和性と端末の機能を最大限に活かしたシステムという点においては、対抗のAndroid端末に対して大きなアドバンテージを持っています。国外ではAndroidのほうが優勢ですが、日本国内に限ると圧倒的にiPhoneユーザーのほうが多いため、国内向けのアプリケーション開発においてはiPhoneを意識した商品展開は避けられません。そのため、国内での開発案件ではiOS上でのアプリケーション開発は大きな需要を持っている分野でもあります。

      iOSは本体のシステム管理に密着して設計されているため、Android端末に比べて比較的少ないメモリと低いCPUパワーでも同等以上の性能を引き出せる優秀なOSです。また、古い端末を含めてOSのアップデートが提供されるため、世代の古い端末を使い続けているユーザーも最新の端末を購入したユーザーも、OSベースではほぼ同じものが使用できるというApple製品ならではの特徴があります。システム開発においては、サポート対象とするOSのバージョンや端末が煩雑にならずに済むのも大きな魅力でしょう。iOS向けのアプリの開発には現状Objective-CとSwiftが活用されていますが、Appleの推奨言語がSwiftになったため、現在はObjective-Cの案件は保守が中心となり、新規案件は徐々にSwiftに置き換わりつつあります。

      iOSの習得難易度・勉強方法
      iOSのアプリケーション開発環境には、基本的にMac OSが搭載されたMac本体が必要になります。開発に必要なソフトウェアはAppleから無償で提供されていますが、開発環境はMac上でのみ動く仕様になっています。
      とはいえ、Swiftに主流言語がシフトした結果、開発環境の拡張を受けてWindows上でもサンドボックスなどを利用して動作させることが可能になりました。触ってみてから考えたいという人は、まずは疑似環境を構築するのがよいでしょう。
      SwiftはApple社が新しい開発言語としてリリースしており、スクリプト言語のような感覚で手軽に設計し、少ない工数でアプリケーションをリリースできるのが特徴です。
      それまでのObjective-Cに比べると習得は格段にスムーズになり、プログラミング初心者はもちろん子供でも自分でアプリを設計してリリースできると言われるほどです。
      Xcodeの操作法とSwiftのシンプルな言語を習得して基礎的なアプリ開発まで、まったくプログラミング経験のない初心者でも1ヶ月程度の独学のみで可能です。
      Swiftは2014年にリリースされた非常に新しい言語なので、先発の言語の長所を多く取り入れ、経験未経験を問わず学習しやすくシンプルに作られているのです。
      また、Appleの公式ドキュメントの熟読はApple社の審査を通過するためには必須と言えます。iOS実機へのアプリの実装は開発者本人であってもAppStoreを通す必要があり、同社の基準を通過しないとAppStoreに追加してもらえないため、公開できないのです。
      それだけでなく、公式ドキュメントにはアプリがスムーズに使いやすく設計されるための基礎知識が紹介されています。学習するならまず、公式ドキュメントの熟読は必須でしょう。

      iOSの将来性
      日本国内では突出した人気を誇るiOS端末ですが、世界的に見るとAndroidとのシェアは五分五分からやや劣勢です。しかし、世界規模での普及台数を考えると、将来性について議論する必要はないほどのシェア数を担保しています。
      Appleは自社のOS上で完結することを好む傾向があるため、iOS上で動作するアプリケーションやサービスの開発に携わるのであれば、使用する端末を含めてApple製品をターゲットにしたキャリア構築をしたほうがよいでしょう。Windows上で擬似的に動作させて開発することは可能ですが、長期間の開発を続ける場合はMacOS上で行うほうが望ましいです。
      また、自社でOSと端末を一元管理しているため、時折大きな技術革新が起きることがあります。
      アプリケーションに使用されていた言語がObjective-CからSwiftに変わったように、大きな変化に対して柔軟に対応できるかどうかがApple社製のOSに関わるアプリケーション開発の将来性を握る鍵と言えます。
      iOS向けアプリケーションの需要は安定して高いので、Swiftが扱えるエンジニアの求人は多く、また言語自体が新しいこともあり実務経験1年程度でも高水準の給与を目指すことが可能です。
      給与水準はエンジニアの中間からやや上と現行でも比較的高い水準にある分野であり、今後も安定した需要があることから、今の段階で言語に新規参入してキャリア構築をすることで、将来的にも安定して案件が獲得できるでしょう。

    TOP 案件検索