Androidの案件一覧|フリーランスの案件・求人はPE-BANK

Androidの案件一覧 | フリーランスの案件・求人はPE-BANK

  • 案件検索

      ジャンルを選択
      エリアを選択
      スキルワードを選択
      希望単価を選択
      特徴を選択

      該当案件数

      該当案件数
      44

      閲覧履歴
    • HOME 全国のIT案件TOP Androidの案件・求人

      Androidの求人情報

      もっと見る 条件を変更して検索する 非公開案件多数 非公開案件多数
      Androidについて
      Androidとは
      現在Google社が開発を継続しているスマートフォンやタブレットに向けたモバイル端末向けのOSです。
      Linuxカーネルやオープンソースソフトウェアをベースに、タッチスクリーンを搭載したモバイルデバイス向けにデザインされており、全世界的に需要が拡大して2017年には月間ユーザーが20億人を突破しました。
      AndroidOS上のアプリケーションは、主にJavaかKotlinが採用されています。
      Androidの名前の由来は、最初にAndroidを開発した企業の社命によるものです。バージョンごとにお菓子の名前がつけられているのが特徴です。
      Android の特徴や魅力
      モバイル端末のOSとしては日本国内シェアでは33%にとどまりますが、世界的に見るとiOS端末よりもシェア率が高く、飽和状態が近いのではと懸念されるモバイル分野において、今後も大きな伸びしろがあります。
      ローエンドからハイエンドまで多彩な端末に搭載されており、iPhoneよりも格段に価格帯の低い端末も多いことから、特に今後の市場が期待される東南アジアを中心とした発展途上国では、さらなる市場の拡大が期待されています。
      AndroidOSはオープンソースで拡張性が高いことから、端末を出すメーカーごとに独自機能を盛り込むことで差別化をはかっており、市場に競争原理が働くことでよりユーザーに魅力的な端末の提供が行われていることも魅力の一つと言えます。
      OSが無料で提供されるため、端末自体の価格を下げることができ、格安SIMとの組み合わせに向いた低価格で高性能な多様な端末の存在が、ユーザー拡大の一つの要因ともなっています。
      AndroidのアプリケーションはJavaベースなので、開発環境を構築するOSを選びません。そのため、MacでもWindowsでもLinuxでも同様にAndroidアプリの開発が行うことができます。
      現在はモバイル端末以外に、AndroidTVやウェアラブル端末向けのWearOSなど、さらに拡張範囲が広がっています。
      また、Googleアカウントとの紐付きにより、デスクトップやノートパソコンとモバイル端末の間で様々な情報がシームレスにやり取りできることも、AndroidOSの大きな魅力です。
      AndroidOSでの開発にはJavaの知識が必要となるシーンも多く、他の開発言語に移っても経験を活かすことができます。
      Android の習得難易度・勉強方法
      Android OS上で動作するアプリの開発には現在主流になっているJavaの他に、2017年5月に公式言語となったKotlinが注目を集めつつあります。他にJavaScriptやC#が使用されています。
      実務レベルでの開発言語の習得難易度と時間は使用する言語の難易度によって左右されるため一概には言えません。しかし、KotlinとJavaは共存できる言語であることや、KotlinがJavaと高い互換性を持つため、すでにJavaである程度の経験があれば実務レベルでのKotlinの習得にはさほど難しいとは言えません。実務と並行して比較的容易に習得が可能です。
      また、Kotlinは書籍やオンライン講座が充実しているので、完全な初心者でもそちらを中心に20時間程度の学習で初歩的なアプリケーションが作成できる程度の習得が可能です。Javaよりも習得が容易なことから、新規にAndroidでのアプリケーション開発を学習する場合はKotlinから始めるほうがよいでしょう。
      Kotlin自体はJava同様にオープンソースなので、今後ともコンパイラが急に入手できなくなる心配もありません。
      Kotlinの開発はAndroidの開発環境であるAndroid Studioを開発したJetbrainsなので、開発環境の準備も容易です。
      IDEの提供が言語の開発元と同じなので、AndroidStudio用のプラグインを導入するだけで、すぐに開発環境をセットアップできます。
      Javaとの連携性が高い言語なので、AndroidOSでのアプリケーション開発を習得する場合、Javaの経験がない人はKotlinに続いて順次Javaの学習をおすすめします。
      Android の将来性
      AndroidOSは今後、ますますアジアや中東諸国を中心に需要が伸びることが予測されています。実際にブラジルやエジプトでは、スマートフォンの約85%以上がAndroidOSを搭載しており、対抗のiOSを抑えて圧倒的なシェアを誇っています。
      そのため、クライアントサイド、サーバサイドともに、これからも開発エンジニアの需要が伸びるのは確実です。
      しかし同時に、端末に搭載しているOSのカスタマイズとアップデートはメーカーサイドの負担になっているため、OSのアップデート問題という爆弾を抱えているのも事実です。
      すでに過去数回に渡って、大規模なシステム改変やセキュリティ対応を伴うアップデートで問題が浮上しており、OSのアップデートはAndroidが抱える一番大きな問題点であると認知されている面があります。
      大体の端末が発売から1~2年でOSのアップデート提供が止まるものの、統計的に4年以上同じ端末の使用を続けるユーザーが多いため、アプリケーション開発を行う時、常に古いバージョンのOSでの動作検証を行い、対応し続ける必要があるのです。
      2018年11月現在の最新は9.0(Pie)ですが、未だ4.4.x(KitKat)や5.x(Lollipop)が搭載された端末を使用しているユーザーが多数残っています。2018年10月のシェア率では、5.xを搭載した端末は未だ17.9%とAndroid端末の6台に1台以上が古いOSを搭載しています。
      また、OSのカスタマイズや端末が多彩なため、すべての場合における動作検証が難しいのが実情です。
      とはいえ、スマートフォン市場は未だ拡大を続けており、全世界的に見てもAndroidの需要は伸び続けているので、今後もっとも成長が期待できる分野の一つと言えます。

    TOP 案件検索