C言語の案件一覧|フリーランスの案件・求人はPE-BANK

C言語の案件一覧 | フリーランスの案件・求人はPE-BANK

  • 案件検索

      ジャンルを選択
      エリアを選択
      スキルワードを選択
      希望単価を選択
      特徴を選択

      該当案件数

      該当案件数
      75

      閲覧履歴
    • HOME 全国のIT案件TOP C言語の案件・求人

      C言語の求人情報

      もっと見る 条件を変更して検索する 非公開案件多数 非公開案件多数
      C言語について
      C言語とは
      C言語はコンパイル型の汎用プログラミング言語であり、同時にハードウェアに密着した制御や処理が可能な高級言語と低水準の二面性を持つ言語です。
      1972年に登場して以来、後続のプログラミング言語に非常に強い影響を及ぼした言語であり、現在も多くの分野で使用されている他、C++を始めとする派生系のC言語が数多く作られました。
      極めて高い汎用性を持つためアプリケーション開発から機械制御まで、コンピュータが用いられるあらゆる分野に適応しています。

      C言語の特徴や魅力
      40年以上の歴史を持つ古い言語であり、オランダTIOBE SoftwareがWeb検索結果などを元に作成している人気ランキングではJavaに次いで世界2位と非常に安定したシェアを持っています。
      比較的シンプルな構造を持つプログラミング言語ですが、同時にメモリやCPUを直接制御することができ、ハードウェア側に密着したOSやドライバなどのプログラムも作成できます。
      1980年代以降に登場した言語に大きな影響を与えており、C言語を習得しておくと他の言語の習得が比較的容易になるという点でも、さまざまなプログラミング言語の基礎とも呼べる存在です。
      Mac OS XやLinuxカーネルなどもC言語で作成されており、非常に高い汎用性とオールラウンダーな能力を発揮します。
      また機械語に近い部分での処理が他の機械語よりも格段に容易である点から、アプリケーション開発にとどまらず、プログラム制御が必要な多くの分野で活用されています。
      多くのコンピュータ開発の基礎から末端まで幅広く活用されているため、C言語を習得することで参画が可能な分野が非常に広くなります。特に組込みソフトウェアの開発では必ずと言っていいほどC言語が採用されており、他にも各種インフラから業務系システムの開発まで、幅広く活躍することができます。さらにハードウェア知識を身につけることによって、基礎開発の現場を目指すことも可能になります。
      非常に処理が高速で少ないリソースで実行できるので、Webアプリやスマートフォンアプリの開発でもユーザビリティの向上のために活用されており、今なお一線級の言語として重用されています。

      C言語の習得難易度・勉強方法
      非常に汎用性が高く、機械言語に近いプログラミング言語であるため、幅広い開発ができる反面、CPUやメモリの制御系をはじめとしてハードウェア知識を要求される場面も多く、習得難易度は他の言語と比較すると非常に高くなります。
      技術書や解説サイトも多いのですが、完全に知識がない状態からでは独学で習得するには困難な言語でもあります。
      機械工学や電子工学、情報処理工学などの知識がない場合、習得するためには専用の講座を受講するのがもっとも確実であり、最短の方法であると言えます。
      言語だけ習得しても現場で必要とされるネットワークやハードウェア知識を身につける必要があるため、仕事として成り立つには膨大な時間が掛かるのです。
      システム上機能の追加がしにくく基本の設計方法が重要な言語でもあるため、プログラミングの定石パターンをいくつも学習して汎用的な設計方法を身に着けておく必要もあり、言語以外に習得する必要がある情報が多数存在します。
      これらをすべて身につけていわゆる独り立ちしたC言語エンジニアになるには、C言語の基礎知識を身に着けて現場に入ってから何年もの時間がかかります。
      習得には概ね2000時間程度かかるとも言われる最難関言語の一つですが、同時に機械が関わるプログラミング分野ではC言語さえ習得しておけば良いと言われるほど安定した言語でもあります。
      身に着ければ生涯現役ともいえる一生モノの言語なので、エンジニアとしてのキャリアアップを目指すなら習得に挑戦しても損のない言語でしょう。

      C言語の将来性
      登場してから40年以上経つ古い言語ですが、高速性と汎用性、また機械制御が可能な言語として、今後も安定した需要が見込まれます。組込みソフトウェアや大規模な業務系の基幹システムなどにも採用されており、保守運用の面からも言語の将来性を懸念するような大きな問題が発生することはまずないと断言しても過言ではありません。
      C言語は言語を活かす分野での知識を伸ばすことによって、より盤石な基盤を築くことが可能です。
      C言語が活躍している分野は多岐にわたるので、自分自身のキャリア設計をよく考えることが必要です。
      給与面は言語の習得難易度を考えると決して高いとは言えませんが、エンジニアの大体中間程度です。広い分野で活用されている言語なので、給与も分野によるばらつきが大きくなります。求人も今脚光を浴びているPythonやRuby、PHPと遜色ない件数があり、転職市場でも安定した需要がある言語です。
      爆発的な需要の伸びは今のところありませんが、難しさから習得しているエンジニア数が年々減っていく傾向があるので、今後需要に対して人材の供給が追いつかなくなってくると、さらに給与水準が上る可能性はあります。
      C言語にプラスする技術や知識を身につけることで、より自分の付加価値を高め、さらに高い給与を目指すことが可能なので、言語習得にとどまらず自分の専門分野での技術力を伸ばすことが将来性を確実にする最短のルートでしょう。

    TOP 案件検索