JavaScriptの案件一覧|フリーランスの案件・求人はPE-BANK

JavaScriptの案件一覧 | フリーランスの案件・求人はPE-BANK

  • 案件検索

      ジャンルを選択
      エリアを選択
      スキルワードを選択
      希望単価を選択
      特徴を選択

      該当案件数

      該当案件数
      113

      閲覧履歴
    • HOME 全国のIT案件TOP JavaScriptの案件・求人

      JavaScriptの求人情報

      もっと見る 条件を変更して検索する 非公開案件多数 非公開案件多数
      JavaScriptについて
      JavaScriptとは
      狭義にはMozillaが仕様を策定して実装しているスクリプト言語を指しますが、広義では標準化されたECMAScriptを指します。
      FirefoxやChromeを始めとする主要なブラウザが搭載しているECMAScriptを指して、JavaScriptと呼ぶことが多く、また最近ではNode.jsのようなUnix系プラットフォーム上で動作するサーバサイドJavaScript環境も含まれることがあります。

      JavaScriptの特徴や魅力
      Stack over flowが2016年にエンジニア向けに行ったアンケートでは、実に85%のエンジニアが業務でJavaScriptを使用したことがあると回答するほど、世界的に圧倒的なシェアを誇る言語です。
      プロトタイプベースのオブジェクト指向プログラミング言語であり、第一級関数をサポートし第一級オブジェクトとして扱うことができるなど、関数型言語の性質も同時に持っています。開発当初はインタプリタ処理が一般的だったため、実行速度に難があり大規模な処理を行うと遅延が発生していましたが、その後JITコンパイルなどを利用した最適化が行われ、現在はWeb開発において必要不可欠とも言える存在になっています。
      高速化の過程でNode.jsを代表とするサーバサイドでJavaScriptを実行する動きも活発になっており、今後さらに動的なWebアプリケーションの提供においてアドバンテージを発揮するでしょう。
      ユーザビリティの向上には欠かせない補助言語として、特にフロントエンド開発では必須と言える存在です。
      またWebページに限らず、HTML5とCSS、JavaScriptを組み合わせたスマホアプリの開発も可能です。JavaScriptベースで動作するアプリはプラットフォームを選ばないため、クロスプラットフォーム開発が比較的容易なのも魅力と言えるでしょう。
      Web開発との親和性が非常に高い言語であり、動的に魅力のあるページを作ることができるだけでなく、ユーザビリティの向上のために細々とした機能が役立つ言語です。

      JavaScriptの習得難易度・勉強方法
      Web開発エンジニアに限らず、JavaScriptを習得している人は非常に数が多く、サンプルソースコードも多数公開されているため学習はとても容易な言語です。
      Webの歴史に密着して発展したため、オンラインに公開されているフリーのソースコードは膨大で、入力チェックやパスワードの入力照合などごく単純なコードであれば、特に言語の習得を必要とせずコピーアンドペーストで利用できてしまいます。先人の構築したソースコードから学習を進めることで、特別な学習環境を整えることなく習熟度を上げることができ、コストパフォーマンスの良い言語です。
      そのため、Webフロントエンドエンジニアやアプリケーションエンジニアを目指すのではなく、簡単な追加コードを入れたい程度であれば特別に習得を目指して学習する必要はありません。
      また基本的にブラウザがあればローカル環境で動作確認ができるため、特殊な開発環境の構築を必要とせず、最低限メモ帳などのアプリがあれば始めることができます。
      本格的な学習にはPlaycodeなどのオンラインエディタを実装した学習環境の利用をおすすめします。
      単独では活用範囲が限られてしまう言語なので、同時にHTMLとCSSの学習をすることで、Webデザイナーとして効率よく言語習得を進めることができます。
      JavaScriptは無料オンライン講座も多く、テキストが多数発売されているので、完全に未経験からでもおよそ20時間程度あれば実務に耐えうるレベルまで習得することが可能です。
      習得を急ぐ場合は有償講座を受講し、集中的に学習効率を上げることで10時間程度まで短縮できると言われています。JavaScript単独の講座は少なく、HTMLやCSSの講座とあわせて開設されることが多くなっています。

      JavaScriptの将来性
      JavaScriptは単独で用いられることは少ないため、基本的になんらかの主言語、または開発経験に付与する形での需要が大きいものの、将来性のある言語です。
      Web上のユーザビリティ向上は今後ますます需要が拡大するため、多くのフロントエンド開発でJavaScriptの高度な技術が必要とされています。LAMPのスキルがあればより多くの案件に参画できるでしょう。
      また現状Webサイトの動的な機能実装において代替する言語がないため、JavaScriptの需要が縮小する可能性は低いと考えられます。HTML+CSSのコーディングスキルとあわせることで、フロントエンド開発の現場で活躍できます。
      Webアプリケーション開発での需要も大きくなっています。PHPやRubyに代表されるサーバサイド言語と併用する案件も多く、フロントとサーバ両方に活用できる言語なので、現場からは高い支持を得ています。
      スマホアプリの現場でもクロスプラットフォーム開発に活用され、工数の削減が期待できるため、需要が伸びています。KotlinやJavaの技術も同時に持つことで、アプリケーションエンジニアとして活躍できる分野です。
      スマートフォンを含めた代表的なWebブラウザに標準搭載されている言語なので、今後もWebアプリの分野では一強とも言える言語として強みを発揮すると予測されています。
      一方で仕様変更が頻繁で技術対応が難しく、ブラウザによっては動作しないコードが存在するため、リリース前のテストが非常に煩雑な弱みも持っています。Webにおいての将来性は盤石な言語ですが、開発現場においては常に情報を更新し続ける必要があることは念頭に置く必要があります。

    TOP 案件検索