PHPの案件一覧|フリーランスの案件・求人はPE-BANK

PHPの案件一覧 | フリーランスの案件・求人はPE-BANK

  • 案件検索

      ジャンルを選択
      エリアを選択
      スキルワードを選択
      希望単価を選択
      特徴を選択

      該当案件数

      該当案件数
      87

      閲覧履歴
    • HOME 全国のIT案件TOP PHPの案件・求人

      PHPの求人情報

      もっと見る 条件を変更して検索する 非公開案件多数 非公開案件多数
      PHPについて
      PHPとは
      PHPはオープンソースの汎用スクリプト言語です。Web開発に適しており、HTMLに直接埋め込んで実行することが可能です。プログラミング初心者にもわかりやすい可読性の高い言語であると同時に高度で複雑な処理が可能であり、一般的に使用されている非常に多数のデータベースをサポートしています。
      多くのネットワークプロトコルの状態追跡をサポートし、低レベルのネットワークソケットをオープンして他のプロトコルを使用して通信を行うこともできます。

      PHPの特徴や魅力
      HTMLに埋め込んで実行したり、HTMLを出力したりするだけでなく、イメージやPDFファイルなどの生成と出力が可能です。そのため、現在多くのWebアプリケーションに採用されています。CMSとして圧倒的な世界シェアをほこり、個人から企業まで人気の高いWordPressもPHPとMySQLを使用して開発されており、汎用性の高い拡張が魅力の一つとなっています。XML出力の機能は、WordPress上ではサイトマップやRSSとして活用されています。
      Webのシステム開発に特化して開発されたプログラミング言語であり、他の言語に比べて比較的文法が容易で初心者でも独学での習得がしやすい点も人気の一つです。
      また、基礎的な開発を習得したあと、データベースと連携したより高度な開発の学習ができ、スキルアップすることで収入の上限を大きく伸ばせるのも魅力と言えるでしょう。
      PHPは汎用性と柔軟性の高い言語で、LinuxやUnix系のシステムだけでなく、WindowsやMacOSを始めとした主要なOSで動作します。また、現状使用されているほとんどのWebサーバをサポートしており、実行環境を選ばないのが最大の特徴です。
      モジュールとしての動作のほか、CGIとしても動作させることができます。
      そのため、さまざまな環境下での需要が高く、競合言語が多数ある中でも人材ニーズが高く将来性も安定しているのも魅力です。
      そしてなんと言っても最大の能力は、非常に広範なデータベースをサポートしていることでしょう。各種のSQLだけでなく、IBMDB2やIngresその他、多くのデータベースを網羅しています。

      PHPの習得難易度・勉強方法
      PHPの習得難易度は、どのレベルまで学習を進めるかによって大きく異なりますが、エンジニアとして活躍できるレベルを目指すのであれば独学ではトータルで約250時間から350時間程度必要になります。
      簡単なWebサイトの構築程度であれば成果物の作成を含めて70時間程度あれば可能ですが、サーバサイドの学習が必要になるためデータベースを活用して、リレーションを理解して複数テーブルを結合したり、簡単なSQLコマンドを使用したりできる必要があります。
      データベースを活用したアプリケーション開発能力が最低限の実務レベルに到達するのに、だいたい100時間程度かかると言われています。さらに成果物の作成に100時間以上かかるため、開発現場の実務レベルに達するにはかなりの時間を必要とします。
      初心者でも比較的習得しやすい言語ですが、効率よく系統立てて学ぶためには、オンラインないしオフラインでの有償講座を受講し、集中的に技術の習得を目指すほうがよいでしょう。
      リファレンスはPHP公式マニュアルがオンラインに公開されているので、これを活用するのがもっとも手っ取り早い学習法です。
      まずはWebメールフォームやWeb予約システムなどの簡単なオンラインアプリの開発から練習を始めるのがスタンダードです。自分がなにを作りたいのか明確にしてから着手しましょう。
      PHPの学習には、IDE(総合開発環境)を導入するのがおすすめです。さまざまなIDEがありますので、自分のやり方にあったものを探して選んでください。IDEの評価だけでなく、自分のやり方や環境に合う使いやすいものがベストです。

      PHPの将来性
      PHPの需要はもともとかなり多かったのですが、近年特にWordPressの普及が需要の増大を後押ししています。
      全世界のWebサイトのなんと約32.2%がWordPressを使用しており、情報発信がWebにシフトする流れの中で、今後も数字が拡大すると見られています。WordPressはPHPで記述されているため、PHPを習得していればカスタマイズやメンテナンスが行えるだけでなく、HTMLとCSSを併せてテーマを作成したりプラグインを作成したりすることも可能です。
      そのため、Webサイト制作の現場ではPHPエンジニアの需要は高まる一方です。
      WordPressに限らず、Web系からの需要は非常に高い言語であり、多くの企業が情報発信をオンラインに移動している昨今、将来的にもまだまだ市場が拡大するのは確実でしょう。
      また、Web上のユーザーの動きが近年大きく変わり、以前のように発信者と受信者ではなく相互に交流しコミュニケーションをとることを好むようになりました。そのため、企業の広告イベントにも積極的に参加して企業側と交流する傾向が強まっています。
      このような企業の広報活動の受け皿となる動的なサイトの開発には、PHPがもっとも適しているため、今後の需要増大と将来性は確実な言語であると言えます。
      急激な需要拡大に対してPHPエンジニアの供給が追いついていない状態が続いており、Web系の言語の中では案件単価が高水準になっていることも少なくありません。
      HTML+CSSと組み合わせることで、より安定した将来性を担保できる言語です。

    TOP 案件検索