エントリー・お申し込み

エンジニアインタビュー 工藤 一樹さん

多くの優れたエンジニアとの交流が自分の資質を
最大限に高めてくれる。プロエンジニアの特権ですね。

工藤 一樹さん
工藤 一樹さん 44歳

独立までの経緯をお聞かせください。

地元と都内のソフトウェアハウスで都合6年ほどオフコン系のSEとして働いていました。95年頃、オープンシステム系に世間の注目が集まりはじめて、僕もそれに興味を持ち開発に携わりたかったのですが、会社がアサインする仕事と自分のしたい仕事との間にかなりのズレが生じていて、これはもう独立しかないなと。新たな分野で自分の力を試そうと思い切ってフリーになりました。最初は不安もありましたが、会社勤めをしていた当時、懇意にしてくれていたSIerから継続して仕事をいただいていたので、なんとか軌道に乗ることができました。


当社を選んだ理由は?

工藤 一樹さん

確かに仕事はあったんですが、いかんせんフリーは孤独になりがちです。業界の動向や新しい知識にいつも触れていたいと思えば、やはり人的交流を図るしかない。その点、多くのプロエンジニアが活躍するPE-BANKなら人脈づくりもでき、仕事の幅をさらに広げられるだろうと思い、契約しました。実際、さまざまな研究会や交流会に参加していますが、他のエージェント会社と比べIT個人事業主(フリーエンジニア)の数が圧倒的ですね。当然、そこから得るものも多く、満足しています。


現在のお仕事は? ライフスタイルに変化はありましたか?

SIerに常駐してオープンソースのコンサルティングや開発など幅広く手がけています。現在プロエンジニアとなって案件は4件目ですが、その間、仕事が途切れたことはありません。そうですね、いつも夜遅くまで仕事をしていますが、週休2日をちゃんと確保できていますし、休日には子どもと遊んだり、家族と過ごす時間を大切にしています。ワークライフバランスもかつてより改善されていると思います。


収入面はどうですか?

工藤 一樹さん

いちばんの変化は、経済的に余裕が生まれたことですね。現段階で見ても、同程度の経験やスキルを持つ同年代の正社員より収入は多いと思います。しかし目標にはまだまだ。案件を掛け持ちしたり、よりハードルの高い案件にチャレンジして売上2,000万円を目指します。


ITエンジニアとして成功するために大切なことは?

勉強を怠らないように心がけています。技術的なことを学ぶのは当然ですが、基本的なビジネススキルを高めて社会人としての足腰を鍛えておくこともまた重要です。もうひとつ、上を目指すなら、自分の能力や技術を最大限に発揮できる場で働くこと。そういう場を提供してくれるのがPE-BANKですから、IT個人事業主(フリーエンジニア)はこれを大いに活用すべき。そして最後に、やりがいにこだわること。仕事を通じて知識を豊かにでき、自分を成長させる案件を選ぶことが大切です。さらにお客様から「あなたに任せてよかった」と言ってもらえるような質の高い仕事を心がけること。それらができれば収入は自ずとアップしていくものだと思います。

エントリー・お申し込み