ネットワークエンジニアとは?仕事内容や年収、スキル、将来性 | フリーランスの案件・求人はPE-BANK

フリーランスの案件・求人TOPITエンジニア独立ガイドキャリア・ライフネットワークエンジニアとは?仕事内容や年収、スキル、将来性

ITエンジニア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンジニアというと理系出身者が多いイメージがありますが、そのなかで、文系出身者や未経験者でもチャレンジしやすいのがネットワークエンジニアです。

このガイドでは、ネットワークエンジニアの仕事内容や年収、必要とされるスキル・資格、将来性について詳しく解説していきます。

point

ネットワークエンジニアとは?

ネットワークエンジニアとは、おもにコンピューターネットワークを整え、管理する技術職のことです。

私たちは普段の生活のなかで、パソコンやスマートフォンを使って特に意識することなく気軽にメールの送受信やネット検索をしています。しかし実際のところ、そのバックグラウンドではインターネットを経由したさまざまなデータのやり取りがおこなわれています。

データのやり取りは、ルータやスイッチといったネットワーク機器でおこなわれていますが、ネットワークエンジニアはそうした通信環境を構築し、安全に使えるよう管理しています。

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアの仕事内容は多岐にわたりますが、大まかには次の4つに分けられます。

1.ネットワーク設計
2.ネットワーク構築
3.ネットワーク運用
4.ネットワーク保守

順に、解説していきます。

ネットワーク設計

クライアントの意向をヒアリング後、それに基づいたネットワークを設計します。ネットワークの構成、使用するネットワーク機器の選定、コスト面の調整や構築までのスケジュール管理も、この段階で検討します。

ネットワーク構築

設計をもとに、実際にネットワーク機器の設置・設定をおこなって、ネットワークを構築します。ネットワーク構築が完成するまでにかかる時間は案件規模によって異なりますが、大規模なネットワーク構築の場合は、数ヵ月程度必要になる場合もあります。

ネットワーク運用

ネットワーク構築の完成後は、随時不具合のチェックや機器の設定、構成の変更などの業務にあたります。

ネットワーク保守

ネットワークにトラブルや故障が起きた際には、迅速かつ適切な処置をおこないます。また、その原因を突き止め、快適なネットワーク環境を維持していくことも、ネットワークエンジニアの大切な仕事です。

【違いを把握】ネットワークエンジニアと似た職種について

ネットワークエンジニアに似た職種に、サーバーエンジニアやインフラエンジニア、システムエンジニア(SE)があります。サーバーエンジニアは、名称こそ違うものの、仕事内容自体はネットワークエンジニアとかなり似通っており、その2職種を総称してインフラエンジニアと表現している企業もあるようです。

しかし、システムエンジニアに関しては、仕事内容そのものがほかの2職種とは異なります。ネットワークエンジニアやサーバーエンジニアは、コンピューターや電子機器、あるいはサーバーを繋いでネットワークシステムを構築するのが仕事です。

一方、システムエンジニアの仕事は「コンピューター上で動くシステムを設計・開発すること」なので、同じ「システムを作る」系統の職種ではあっても、対象としているもの自体が違うのです。


ネットワークエンジニアの年収

ネットワークエンジニアの平均年収は、20代で約380万円となっており、IT関連業種のなかで見れば、高いほうではありません。しかし、30代になると平均年収は550万円程度までアップします。

つまり、最初はあまり年収が高くなくても、ネットワークエンジニアとしてのスキルを磨き、実務経験を積みながらキャリアアップしていくことによって、年収アップも十分期待できるのです。

また、キャリアアップにつながりやすいIT系資格(シスコ技術者認定など)の取得も、年収アップに効果的です。

ネットワークエンジニアに必要なスキル

ネットワークエンジニアに求められるスキルはいくつかありますが、特に大切なのは次の3つのスキルです。

1.コミュニケーション能力
2.論理的思考能力
3.コンピューター関連の専門的名知識・技術

順に解説していきます。

コミュニケーション能力

技術職であるネットワークエンジニアですが、実は技術力に加えて重要なのが、コミュニケーション能力です。なぜなら、ネットワークエンジニアの仕事では、クライアントの意向を上手に引き出したり、社内でほかのエンジニアと協力して仕事を進めたりするケースが多々あるからです。

もちろん、高い技術力を持っていることは、ネットワークエンジニアとしてのキャリアを築いていくなかで、大きな武器になることは間違いありません。しかし、技術力だけにとどまらず、仕事を円滑に進めていくためのコミュニケーション能力に優れているという資質も、ネットワークエンジニアには欠かせないスキルといえるでしょう。

論理的思考能力

ネットワークエンジニアには、モノごとを論理的に考える能力が不可欠です。

たとえば、万が一、システム設計の段階で本来組み込むべき要件が漏れてしまい、想定外のトラブルが発生したとします。そのような状況下で、「なぜそのトラブルが起きているのか」「どうすればトラブルを解消できるのか」を論理的に考え、冷静に対処していく能力も、ネットワークエンジニアに求められるスキルです。

コンピューター関連の専門的な知識・技術

ネットワークエンジニアになるためには、TCP/IP(インターネットで標準的に使われている通信プロトコル)や、DNS・WWWサーバーなどのネットワーク関連の知識・技術が必須です。また、サーバーに関する知識もある程度求められます。

ネットワークエンジニアになるために必要な資格はある?

必須資格はありませんが、保有していると有利な資格はあります。代表的なものを、いくつかピックアップしました。

≒ ITパスポート試験
≒ ネットワークスペシャリスト試験
≒ シスコ技術者認定
≒ 基本情報技術者試験
≒ ITILファンデーション
≒ LPIC(Linux技術者認定試験)

順に見ていきましょう。

ITパスポート試験

ITパスポート試験とは、情報処理推進機構(IPA)が認定する国家資格です。試験では総合的なIT知識が問われ、合格すると、ITに関する基本的な知識を有していることの証明になります。IT業界のみならず、幅広い業界で評価されている資格です。

シスコ技術者認定

ネットワークエンジニアを目指すなら、シスコ技術者認定はぜひ取得しておきたいところです。シスコ技術者認定はいくつかのレベルに分かれていますが、ネットワークエンジニアの場合は、まず、CCNA(基礎レベル)と、その上位資格であるCCNPの取得を目指しましょう。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験(FE)は、ITパスポートと同じく、情報処理推進機構(IPA)が実施する国家資格で、ITエンジニアの登竜門的存在です。取得すると、「上位の指導者のもと、システムの設計・開発・運用、ソフトウェアの設計・開発、情報技術全般に関する基本的な事項を理解している」ことの証明になります。

ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークスペシャリスト試験(NW)は、基本情報技術者試験よりもさらに上位に位置づけられている国家資格です。取得すると、目的に合った大規模かつ堅牢なネットワークシステムを構築・運用できるスキルを備えていることの証明になります。

ITILファンデーション

ITILとは、ITシステム運用管理のためのフレームワークのこと。ITILファンデーションは、ITサービスマネジメントに関する知識を証明する世界共通のITIL入門認定資格です。

LPIC(Linux技術者認定試験)

LPIC(Linux技術者認定試験)とは、Linux技術者としての技術力を認定するIT資格です。世界共通の認定資格で、レベル1~3までの3段階に分かれています。近年では、Linuxを導入する日本企業も多く、取得しておくとLinuxに関する技術力の証明になります。

ネットワークエンジニアの将来性

近年、独自のサーバーではなく、AWSのようなクラウド型のサーバーを使う企業も増えてきました。そのため、従来ネットワークエンジニアがしていた仕事の一部が減少傾向にあることから、将来性に不安があるという意見も目にします。

しかし実際のところ、そんなことはありません。クラウド型サーバーの導入によって、たしかに本来ネットワークエンジニアがすべき仕事(ネットワーク設計・構築)は減少したかもしれませんが、逆に今までなかった「アクセス集中によるネットワーク遅延・トラブルの解消」「不正アクセスの防止」といった新しい仕事も日々生み出されているのです。

つまり、ネットワークエンジニアの将来性を不安視する必要はなく、常に新しい知識・技術を身に付け、状況に合わせて適切な対応ができるエンジニアであれば、これからますます需要が高まっていくと考えられます。


まとめ

コンピューターや電子機器、サーバーを繋ぎ、目的に合わせた最適のネットワーク環境を構築するネットワークエンジニア。
発展が目覚ましいIT業界において、ネットワークエンジニアという仕事は、時代の流れに合わせて適宜仕事内容を変化させつつ、これからも需要が高まっていくことが予想されます。

ネットワークエンジニアになるために必須の資格はなく、比較的ハードルは低めですが、コミュニケーション能力や論理的思考能力、コンピューター関連の専門的な知識や技術は必要です。また、必須ではないものの、業務で活かしやすいシスコ技術者認定などの資格は取得しておくことをおすすめします。

関連記事

TOP