ITエンジニアが年収1000万を目指すためのステップ | フリーランスの案件・求人はPE-BANK

フリーランスの案件・求人TOPITエンジニア独立ガイドキャリア・ライフITエンジニアが年収1000万を目指すためのステップ

年収1000万は、一つの憧れですよね。

1000万以上稼いでいるITエンジニアもいれば、300万円以下のITエンジニアもいるこの業界で、一体どのようにすればあなたも1000万を稼げるのかということについて、ここではご説明していきます。

もちろん簡単なことではありませんが、1000万を稼いでいない人は「そもそも目指していない」という人が大半なのです。是非とも参考にし、あなただけはそのルートをしっかりイメージして、少しずつ可能性を広げていきましょう。

point

1000万円を稼ぐITエンジニアは、どのようなポジションに就いているのか

エンジニアの年収は、就いているポジションに影響します。例えば「ITコンサルタント」といった職種になると、1000万円近くの年収を目指すことができる求人も増えてきます。これはITビジネスの事業や経営に関わる顧客の課題に対して、現状分析から解決案の提示の他、顧客の希望に沿った技術やシステムの提案など行う職種です。とても広い分野をカバーするとともに、高度なスキルが要求されます。

また、現在はセキュリティ関連の不祥事が問題視されているため、企業の内部規制がかなり厳しくなってきており、「IT戦略コンサルタント」や「システムアナリスト」、「セキュリティアナリスト」といった職種も非常にニーズがあります。

ITエンジニアが携わる仕事で年収1000万円を超えるためには、他の者と比較して抜きん出るだけの知識やスキルが必要です。それはシステムエンジニアであれプログラマーであれ、職種に関わらず特別な価値が提供できること、すなわち企業にとって、必要なプラスアルファの能力が認められる者であれば実現可能です。

ITエンジニアが年収1000万円を目指すために必要なスキル

年収1000万円の壁を越えるために必要なスキルをここでまとめてみましょう。

ITエンジニアが高年収を得る条件とは?

ITエンジニアのうち国内のシステムエンジニアやプログラマーが、年収1000万円を超えるケースは極少数ですが、特別な能力が認められることで、それに近いパフォーマンスを発揮できる場合があります。例えば市場ニーズの高い、レアなプログラム言語に精通しているなどです。ITスキルで勝負するなら、スペシャリスト領域に自分を近づける必要があるということです。

また、同じ職種のままのケースでは、大手や外資系の企業の方が中小企業よりも年収が高く、さらに年齢が高くなるにつれてその差が大きくなる傾向があります。したがって他の要因を考慮しなければ、大手の国内企業か外資系の企業に年収アップのチャンスがあります。特に外資系企業では、より専門性が高い職種というイメージがありますので、高い年収を得られるケースが多いと言えます。

プログラミング以外の能力でキャリアップする!

プログラム言語やプログラミングに精通するだけでなく、開発の現場で他の担当者と円滑なコミュニケーションができる能力が重要になってきます。

対象領域の知識や経験に詳しく、ゆくゆくは開発をするメンバーをまとめ上げるスキルが身に付けば、開発プロジェクトを円滑に進めるプロジェクトマネージャーを目指すことができます。

また、高度な知識や経験をベースとして、システムの設計や運用面でアドバイスできるコンサルタントも視野に入ってきます。これらは、将来の年収1000万超えを可能にする選択肢であり、必要となるスキルを日頃から意識的に身に付けていくことで実現に近づきます。

フリーランスITエンジニアが年収1000万円を超えるには

年収500万前後の会社にITエンジニアとして勤めている状態よりは、思い切ってフリーランスとして独立してしまった方が1000万への可能性が上がるはずです。
ただし、独立して稼ぐためには、プログラミングの深い知識だけではなく、さらに物作りが好きでもあり、人とのコミュニケーション能力も高いことが必要になります。
このうち一つでも苦手なものがある場合は得意な人の助けなどを借りることを考えましょう。あるいはPE-BANKのようなエージェントの力を借りる方法もあります。

まとめ――年収1000万超えの道のりを理解して行動しよう

ITエンジニアが年収1000万円を実現するためには、どんなステップを踏めば良いのかを見てきました。高度で特殊な能力を持ち、企業の需要に合致するなら、システムエンジニアやプログラマーであっても高年収を得ることができる可能性はあります。

それ以外では、コミュニケーションスキルを磨き、チーム開発に成果を出せばプロジェクトリーダーへ、またシステム開発の知識や経験を有するコンサルタントを指向すれば、より年収アップの道が開けます。

TOP