セキュリティエンジニアとは?仕事内容や年収、求められる知識 | フリーランスの案件・求人はPE-BANK

フリーランスの案件・求人TOPITエンジニア独立ガイドキャリアセキュリティエンジニアとは?仕事内容や年収、求められる知識

ITエンジニア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨今では、企業が独自のITシステムを持っていることは、ごく当たり前のことになりつつあります。しかし、それと同時に、情報漏洩や不正アクセスなどの脅威からシステムをどう守るか、という問題も懸念されています。

そのような状況下で、日々脅威にさらされている大切なシステムを守っているのが、セキュリティエンジニアです。

このガイドでは、セキュリティエンジニアの具体的な仕事内容や年収、求められる知識や資格について解説していきます。

point

セキュリティエンジニアとは?

セキュリティエンジニアとは、情報セキュリティやサーバーに関する業務を専門的におこなうエンジニアのことです。主に企業内のITインフラにおいて、以下のような業務をおこなっています。

≒ サーバーの構築・運用・保守
≒ セキリュティを考慮したネットワークやシテムの設計・構築・運用
≒ サイバー攻撃を防ぐための調査や改善

近年では、企業が保有するサーバーで機密情報を扱うことも多くなっています。そのため、不正アクセスやコンピュータウイルス、スパイウイルスへの感染、あるいは内部からの個人情報漏洩などに常に目を光らせておく必要があります。

そして、その監視の役割を果たしているのが、セキリュティエンジニアという職種です。

エンジニアというと、黙々と作業する技術職というイメージを持つ方が多いかもしれませんが、セキュリティエンジニアに関していえば、それはあまり当てはまりません。セキュリティエンジニアの実務では、クライアントとのやり取りや意見交換も多いことから、技術力に加えてコミュニケーションスキルも要求されるからです。

セキュリティエンジニアの具体的な仕事内容

セキュリティエンジニアの仕事内容は多岐にわたります。具体的な仕事内容としては以下が挙げられます。

≒ 企画・提案
≒ 設計
≒ 実装
≒ テスト
≒ 運用・保守

どれかひとつだけを専門的に請け負う場合もあれば、すべてを一貫して請け負う場合もあります。

企画・提案

クライアントの意向をヒアリングして、そのために必要なセキュリティの企画・提案をおこないます(このような企画・提案をおこなうエンジニアは、セキュリティコンサルタントと呼ばれる場合もあります)。

個人情報保護法が施行されてからはプライバシーマークやISMS取得を目指す企業も増え、それにともなって、取得のサポートができるセキュリティエンジニアの需要も高くなっています。

設計

企画・提案した内容に基づき、最適なソフトウェアや機器を選定し、ネットワークや運用形態を考慮したうえで、セキュリティレベルの高いシステムの設計をおこないます。

実装

設計に基づき、ネットワーク機器やサーバー、ソフトウェアへシステムを実装します。

テスト

実装したシステムが、正常に動作するかどうかの確認や、システムの脆弱性を発見するためのテスト(セキュリティ検査)をおこないます。

運用・保守

システム導入後には、高いセキュリティレベルを保ち、安全に運用するための業務にあたります。市場の動向を常にチェックしながら、ネットワークやソフトウェア、機器類のセキュリティアップデート、障害発生時の対応をおこなうことも、セキュリティエンジニアの大切な仕事です。

セキュリティエンジニアの年収

セキュリティエンジニアの年収は、30歳前後の場合で600万円程度です。しかし、年収は個人のスキルや、外資系企業、国内企業どちらに勤務しているかによっても大きく変わります。

個人のスキルで見た場合、初級レベルのセキュリティエンジニアの年収は300~500万円程度ですが、高度なITスキルを持つエキスパートレベルでは、年収1,000万円を超えることも珍しくありません。

また、国内企業よりも外資系企業に勤務しているセキュリティエンジニアのほうが、年収が高くなる傾向が見られます。

セキュリティエンジニアに求められる知識や資格

セキュリティエンジニアというと、何か特別な資格が必要というイメージを持たれがちですが、実際のところ必須資格というものは特にありません。しかし、仕事内容が多岐にわたるため、ITに関する幅広い知識が求められます。

ここからは、セキュリティエンジニアを目指すならぜひ取得しておきたい資格や知識について、詳しく見ていきましょう。

シスコ技術者認定

シスコ技術者認定とは、エンジニアの技術を測る国際資格で、世界有数のネットワーク関連機器メーカー・シスコシステムズ社が実施しています。

以下の4つのレベルに分けられています。 ※上位資格を取得するためには、下位資格を取得している必要があります。

CCENT

シスコ技術者認定のエントリー編ともいえる資格で、ネットワークセキュリティに関する基本的な知識が問われます。

 

CCNA Security

CCENTの上位資格で、セキュリティエンジニアを目指す場合は、ここがスタート地点となります。ネットワークの脅威や脆弱性に関する知識、セキュリティ上の脅威を回避するためのスキルを身に付けていることが求められます。

 

CCNP Security

CCNA Securityの上位資格です。セキュリティエンジニアとしては上位レベルの資格で、ルータ、スイッチ、ネットワーキングデバイス、アプライアンスに関する知識や、ネットワーク環境の選択・導入・サポート・トラブルシューティングスキルが問われます。

 

CCIE Security

CCNP Securityの上位資格で、エンジニアとしての実力を国際的に示せる最高難易度の資格です。

CompTIA Security+

CompTIA Security+とは、シカゴで設立されたグローバルなIT業界団体「CompTIA」が実施している認定資格です。国際的に認められた認定資格で、業務上必須となるエントリーレベルのセキュリティスキルや知識が問われます。世界中の企業およびセキュリティプロフェッショナルに活用されている資格です。

情報処理安全確保支援士

情報処理安全確保支援士は、情報セキュリティ専門家としてのレベルを認定する唯一の国家資格です。2016年10月の「情報処理の促進に関する法律」の改正にともなって誕生した、比較的新しい国家資格であり、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施しています。合格率は19.1%以下(令和1年実績)という、セキュリティ分野では難易度の高い試験です。

ネットワーク情報セキュリティマネージャー(NISM)

ネットワーク情報セキュリティマネージャー(NISM)は、サイバー攻撃やハッカーの脅威に対処できる情報セキュリティのスペシャリストの育成を目的とした資格制度。企業内で情報システムを担当している方やネットワークを構築・運用する技術者の方は、キャリアアップに備えてぜひ取得しておきたい資格です。

セキュリティエンジニアになるには?

不正アクセスや情報漏洩などのセキュリティ事故を防ぐために欠かせない存在であることから、近年、幅広い業界でセキュリティエンジニアの需要が高まっています。セキュリティエンジニアには、さまざまなIT分野に関する知識が必要とされることから、エンジニア未経験ではかなり難しいのが実状です。

では、セキュリティエンジニアになるには、どうしたらいいのでしょうか?

学校(大学・専門学校)で学ぶ

学校(大学・専門学校)では、広範囲にわたるIT関連知識が体系的に学べます。その後、学んだ知識を対外的にも証明できる資格を取得しておけば、セキュリティエンジニアへの道が開きやすくなるはずです。

エンジニアとしてのキャリアを積む

未経験でいきなりセキュリティエンジニアになるのはかなり難易度が高いことから、まずはほかのエンジニア職(システムエンジニアなど)としてのキャリアを積んで、キャリアアップを目指すのもひとつの手です。

派遣会社やエージェントを利用するのは?

派遣会社では、随時エンジニア職の人材募集がおこなわれています。「派遣なら未経験でも大丈夫かもしれない」と思うかもしれませんが、実際はその逆です。派遣(あるいはエージェント)は即戦力人材を求められることが多いので、未経験者は厳しいです。

したがって、学校で専門知識を習得し、エンジニア職でキャリアを重ねてから、セキュリティエンジニアを目指すという方法が王道であり、確実だといえます。

まとめ

システムの企画・提案から運用・保守まで、多岐にわたる情報セキュリティ業務を担うセキュリティエンジニアには、ITに関する幅広い知識が要求されます。

そのため、未経験でいきなりセキュリティエンジニアになるのはかなり難しく、学校で学ぶ、あるいはエンジニアとしてのキャリアを地道に積むなどして、ある程度のスキルを身に付けておく必要があります。

しかし、セキュリティエンジニアは、知識やスキルを身に付けてキャリアアップすれば、年収1,000万円も夢ではないことから、努力をする価値が十分ある仕事だといえます。

関連記事

TOP