AWSエンジニアとは?仕事内容・未経験からの就業に必要なことを解説

<

フリーランスの案件・求人TOPITエンジニア独立ガイドキャリア・ライフAWSエンジニアとは?仕事内容・未経験からの就業に必要なことを解説

ITエンジニアノウハウ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AWSとは、Amazonが提供する開発向けのクラウドサービスです。AWSには100種類以上の機能が用意されており、それらを組み合わせて適切なインフラ環境を構築するのがAWSエンジニアの仕事といえます。

今回は、AWSの概要を含め、AWSエンジニアの仕事内容や求められるスキル、未経験からの就業に必要なポイントを解説します。AWSエンジニアになるために必要なことを紹介しますので、AWSエンジニアに興味のある方はぜひ最後までお読みください。

point

AWSエンジニアとは?

AWSエンジニアとは、世界最大手の通販サイト「Amazon」が提供しているクラウドサービスである「AWS」を扱う技術者のことです。

最初に少し触れたとおり、AWSエンジニアがおもに行なう業務はインフラ環境の構築です。これまで、ネットワークエンジニアやインフラエンジニアが携わっていた業務をクラウドで行なう形になります。

また、AWSエンジニアはAWSに関する豊富な知識とスキルを持つため、要件に沿ってアーキテクチャを設計したり、AWS上でのシステム開発から保守・運用までを行なったりと、インフラ環境の構築以外にも幅広く業務を行ないます。

AWSエンジニアの仕事内容については「AWSエンジニアの仕事内容」の項で説明しますので、より詳しく知りたい方はそちらをご覧ください。

AWSとは

AWSとは「Amazon Web Service」の略であり、Amazonから提供されている開発者向けサービスを指します。

クラウド型のサービスであるので、必要なときに必要な分だけのリソースを使えるのが特徴です。サーバーも必要な時間だけ使えるので、自社で準備するよりも料金を安く抑えられるでしょう。サーバーのメンテナンスもAWS側で実施するため、運用コストが少ないのも大きな特徴といえます。

世界的に有名なAmazonが提供していることから、セキュリティ面の信用度も高く、多くの企業から選ばれています。

AWSエンジニアの仕事内容

先述のとおり、AWSエンジニアの仕事内容は開発環境の構築やAWSを用いたサービスの運営です。具体的には以下の3つが挙げられます。

AWS環境の設計

AWSを使用した開発環境の設計です。通常の環境設計と異なる点として、クラウドサービスを使っていることが挙げられるでしょう。

クラウドサービスを扱うには、クラウドの特性を把握したうえで、拡張性・可用性を意識し、継続的にシステムを最適化できるように設計することが求められます。ここで上手に設計できないと、性能が非常に低くなってしまうといわれているので重要な業務といえます。

なお、AmazonではAWSの設計ガイドが公開されています。さまざまな機能の説明や仕様、組立て方が解説されていますので、AWSの設計について不安のある方はこの設計ガイドを活用することが可能です。

AWS環境の構築

設計が完了したら、実際に環境を構築していきます。AWSにあるさまざまなサービスを組み合わせ、必要なインフラを作っていくのです。

AWSには、開発のために多種多様な機能が用意されています。例えば、サーバー環境の構築、データの保存、コンテンツの配信、データベース、セキュリティ、メール機能、プログラムの実行環境などがあり、機能の数は100を超えています。

AWSエンジニアはこれらの機能を適切に組み合わせ、スムーズに開発・運用できる環境を構築していくのです。

AWS環境を運用する

構築したAWS環境を実際に運用することも、AWSエンジニアの仕事です。おもに、セキュリティ、サーバー増設、機能のアップデート、動作の監視などの業務を担います。

運用の業務範囲は多岐にわたり、エンジニアのスキル次第で実施する業務は異なります。そのため、AWSエンジニアとして仕事を広めるためには、こうしたさまざまな仕事に対応できる知識や能力を身につける必要があるのです。/p>

AWSエンジニアに求められるスキル

AWSエンジニアには、AWSサービスへの理解や従来のインフラ構築スキル、さらにはデータを扱うスキルなどが求められます。
それぞれどういったスキルなのかを見ていきましょう。

AWSサービスへの理解

AWSエンジニアに必要な能力として、やはりサービスそのものへの理解が挙げられます。環境を設計、構築する際に、どの機能を導入するべきかを判断する必要があるからです。

それぞれの機能について広く深く理解し、その機能を利用することでどのようなことができるのかを理解し、組立ができるスキルが求められます。AWSには100種類以上の機能があり、組み合わせ次第でコストが変動するので、最適な組み合わせを見出す能力が必要といえるでしょう。

また、サーバーのOSなど、ミドルウェアをインストールする方法や設定するための知識なども必須です。
このように、AWSエンジニアにはAWS利用に関する専門的なスキルが求められます。

インフラ整備

AWSエンジニアは開発環境を構築するのが仕事です。そのため、AWSサービスへの理解だけでなく、インフラ構築全般のスキルも求められます。

具体的には、システム開発の知識、サーバーOSの構築、運用するスキル、セキュリティの知識、ハードウェアの知識、さらにネットワークの全般的スキルなど幅広いスキルが必要となります。

つまり、AWSエンジニアには従来のインフラエンジニアに必須のスキルと、AWSならではのスキルの両方が求められるということです。

データを扱うスキル

AWSエンジニアには、従来のインフラスキルやAWS利用知識のほか、データを扱うスキルも求められます。

というのも、AWSには多くのデータ保存領域(ストレージ)が用意されているからです。これらのデータ保存領域は通常の運用だけでなく、バックアップや移行にも使われています。

データ容量は課金制になっているため、無駄なく適切に保存できればコストの削減につながります。反対に、容量をムダに消費すると費用がその分膨らんでしまうので、このあたりはエンジニアの腕の見せどころといえるでしょう。

未経験からAWSエンジニアになるには?

AWSエンジニアになるには、別のIT業種のエンジニアから転職するのが一般的です。その理由は、インフラエンジニアの知識を持ったうえで、AWSならではのスキルが必要だからです。

ですから、まずは別の業種で経験を積み、スキルを磨くことが必要だといえるでしょう。

プログラマーからの転職

プログラマーとしてIT業界に入り、経験を積んでAWSエンジニアに転職する方法です。この場合には、さまざまな開発環境でのプログラミングを経験していると、転職が成功しやすいでしょう。

ただし、通常のプログラマースキルのほかにインフラ環境構築の知識も必要なので、独自に勉強していかなければなりません。

難易度がやや高いルートですが、キャリアパスの一つとして、考えてみるのもよいでしょう。

インフラエンジニアからの転職

AWSエンジニアを目指すには、インフラエンジニアから転職する方法もあります。最初にインフラエンジニアを経験しておくと、AWSエンジニアに必要なインフラ構築のスキルを身につけられるのです。

そのため、未経験からAWSエンジニアを目指す場合には、インフラエンジニアからのキャリアアップが数多く行なわれています。インフラエンジニアとしての経験にプラスし、AWSなどのクラウドサービスの知識を習得すれば、スムーズなキャリアアップが可能でしょう。

将来的にAWSエンジニアを目指すのであれば、まずはインフラエンジニアとして経験を積むのが近道といえます。

インフラエンジニアになるために

上記のとおり、AWSエンジニアになるには、まずインフラエンジニアになるのがスムーズです。では、インフラエンジニアになるためには、どうすれば良いのでしょうか。

インフラエンジニアになるには、勉強としてLinuxの環境を構築してみるのがよいでしょう。以下にやり方が記載されているので、ぜひチャレンジしてみてください。

Linux標準教科書

実際に構築や運用をすることで、必要な知識を習得できます。

また、サーバー系の資格である「LPIC level1」や、ネットワーク系の資格である「CCNA」などを取得すれば実力の証明になり、未経験でも転職の可能性を高められるでしょう。

まとめ

AWSには100種類以上の機能が用意されており、それらを組み合わせて適切な環境を構築するのが、AWSエンジニアのおもな仕事です。そのため、AWSエンジニアには既存のインフラ構築スキルだけでなく、クラウドサービスのAWSを活用するための知識が必要となります。

AWSエンジニアは、まったくのIT未経験者がすぐに就業できるものではありません。まずは、プログラマーやインフラエンジニアとしてIT業界を経験し、学習やスキルアップしてから目指すのが現実的といえます。

もし、AWSエンジニアを未経験から目指すのであれば、インフラエンジニアからの就業を考えるのがよいでしょう。インフラエンジニアになるためには、自身でLinuxなどの環境を構築するのがおすすめです。

しっかりと学習したあとに現場に入ることが、AWSエンジニアのデビューへの近道といえるでしょう。

関連記事

TOP

案件情報一覧へ 60秒無料エントリー