フロントエンドエンジニアとは?仕事内容や未経験からの就業に必要なことを解説 | フリーランスの案件・求人はPE-BANK

フリーランスの案件・求人TOPITエンジニア独立ガイドキャリア・ライフフロントエンドエンジニアとは?仕事内容や未経験からの就業に必要なことを解説

ITエンジニアノウハウ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンジニアにはさまざまな種類がありますが、そのなかの一つにフロントエンドエンジニアという職種があります。その名前を耳にしたことがあっても、実際にフロントエンドエンジニアがどのような仕事をしているのか、よくわからない方も多いかもしれません。

今回はフロントエンドエンジニアの仕事内容や必要なスキル、また未経験から就業するために知っておくべき内容などを紹介します。

フロントエンドエンジニアを目指している方や、将来的な職業として選択肢に入っている方はぜひ最後までお読みください。

point

フロントエンドエンジニアとは

フロントエンドエンジニアは、その名のとおりフロントエンドを扱う技術者です。
フロントエンド(クライアントサイドともいう)とは、ユーザーとやり取りを行なう部分のことで、具体的には文字入力やタップ、クリックなどの操作をするところを指します。
つまり、フロントエンドエンジニアは、ユーザーが目にしたり操作したりする部分を作るエンジニアのことです。

ちなみに、ユーザーから見えない部分(データ処理、保存など)のことをバックエンドと呼び、バックエンドを扱うエンジニアをバックエンドエンジニアといいます。

フロントエンドエンジニアの仕事内容

フロントエンドエンジニアのおもな仕事は、Webデザイナーが作成したデザインを実際に動くものとして組み立て、作り上げることです。設計段階のデザインを、実際に機能的なものにしていくのが役割となります。

基本的な仕事は見やすく再現すること

フロントエンドエンジニアの基本的な仕事は、サイトやアプリの文字や画像を配置していくことです。一見単純な作業に聞こえるかもしれませんが、サイトやアプリに文字を表示する際にも、専門的なプログラミングの知識を必要とします。

また、画像やボタンの設置もフロントエンドエンジニアの重要な仕事です。これらの要素を配置することで見やすいサイトに整え、動きを与えていきます。

デザインに携わることも

デザイナーの作ったデザインに機能をつけ、実現していくのがフロントエンドエンジニアの仕事ですが、クライアントの依頼内容によってはデザインそのものに関わることもあります。

そのため、フロントエンドエンジニアはプログラミングだけでなく、PhotoshopやIllustratorなどのデザイン系ソフトの操作方法やデザインスキルも身につけておくと、仕事の幅が広がるでしょう。

Webコーダーとの違いは?

フロントエンドエンジニアとWebコーダーは似たような仕事として捉えられがちですが、その役割は大きく異なります。

フロントエンドエンジニアは先述のとおり、Webサイトに機能性を組み込む役割を担います。一方でコーダーは、サイトやブログなどのいわゆるホームページ制作をメインとしています。

具体的な役割でいえば、サイトに表示される文字列やバナーなどを置いていくのがコーダー。そこへ動きを追加し、機能的なサービスやサイトにしていくのがフロントエンドエンジニアです。

フロントエンドエンジニアの業務のなかには、文字列の配置などの業務もあるので、コーディングも仕事の一環として行ないます。このことから、フロントエンドエンジニアは、コーダーの上位職といえるでしょう。

フロントエンドエンジニアに求められるスキルは?

フロントエンドエンジニアには、プログラミング言語を扱う高いスキルだけではなく、コンテンツのマネジメントやコミュニケーションスキルなども求められます。加えて、近年はスマートフォンユーザーへの対応力も必須です。

言語スキル

お馴染みのプログラミング言語であるHTMLやCSS以外にも、CMSやJavaScript、PHPなど幅広い言語知識が必要です。

説明説明説明説なかでも、HTMLだけでは実現できない機能や表現を付加するJavaScriptを習得していれば、デザイン面で表現できる幅を広げられるため、ぜひマスターしたいところです。説明説明説明説明説明説明

このように、言語能力はサイトデザインや機能の多様性にも影響するので、フロントエンドエンジニアのスキルに直結する部分といえます。

UI/UXの設計

UI(ユーザーインターフェイス)やUX(ユーザーエクスペリエンス)の設計は、フロントエンドエンジニアの重要な仕事です。

UIはサイトやサービスとユーザーの接点部分、UXはそのサービスを利用したユーザーが得られる体験を指します。Webサイトでいえば使いやすいボタンやフォーム、機能を実装して、充実した閲覧体験を提供するということです。

ユーザーのニーズを満たすUIやUXを設計するには、ユーザー目線に立って動線を把握したり、ユーザーがサイトに求めることを理解したりすることが大切になります。

ちなみに、現代のサイトのUIに求められるものとして、構成のわかりやすさ、使いやすさ、見やすさの3つが挙げられます。星の数ほどあるサイトから選ばれるためには、こうした気遣いが重要になってくるのです。

スマートフォンへの対応

多くの人はパソコンだけではなく、スマートフォンからもインターネットを利用しています。そのため、Webサイトをモバイル端末で閲覧するユーザーへの理解と対応が求められるようになっています。

具体的には、パソコンより小さいスマートフォンの画面でも見やすいか、改行は適切か、ボタンは押しやすい場所に配置されているかなどです。こういったポイントを常にチェックしながら作り上げていくことが求められます。

コミュニケーション能力

フロントエンドエンジニアは、単独ではなくチームで仕事を進めることが一般的です。そのため、複数の関係者とコミュニケーションを取る必要があります。

デザインや仕様を決める際はWebディレクターやWebデザイナーと相談し、さらにチーム内のコーダーへ指示していくなど、円滑なコミュニケーションスキルが仕事の結果を左右することもあります。

「エンジニアは一人でもくもくとする仕事」というイメージもありますが、実際は多くの人と関わって仕事をしているため、積極的にコミュニケーションを取ることが大切です。

未経験からフロントエンドエンジニアになるには?

未経験からフロントエンドエンジニアになるためには、まずHTMLとCSSの知識が必須となります。デザイナーが設計した仕様を、しっかりと表現できる程度の知識は必要不可欠といえるでしょう。

さらにJavaScriptやPHPといった言語の他、PhotoshopやIllustratorなどのデザイン系のソフトを扱うスキルも求められます。

このように、フロントエンドエンジニアに必要なスキルは多く、業界未経験者がいきなりフロントエンドエンジニアとして働くケースはあまり多くありません。

まずはHTMLなどのコーダーとしてキャリアをスタートさせ、多くの経験を積みながら他の言語や必要な知識を習得し、フロントエンドエンジニアの道を目指すことが一般的です。

まとめ

フロントエンドエンジニアは、Webサイトやサービスのユーザー満足を高めていくために必要とされる、非常に重要な仕事です。

そのため、コーディングだけをマスターすればよいというわけではなく、UIやUXの設計スキル、さまざまな機能を実装するJavaScriptやPHPなどの言語知識、コミュニケーションスキルなども求められます。

Webコーダーの上位職ともいえるフロントエンドエンジニア。未経験者がフロントエンドエンジニアを目指すには、まずはHTMLなどの基本知識を身につけたうえでWebコーダーとして業界に入り、地道にキャリアアップするのがよいでしょう。

関連記事

TOP

案件情報一覧へ 60秒無料エントリー