フリーランスはクレジットカードを作れる?作れない?おすすめのカードも紹介 | フリーランスの案件・求人はPE-BANK

フリーランスの案件・求人TOPITエンジニア独立ガイドお金のことフリーランスはクレジットカードを作れる?作れない?おすすめのカードも紹介

クレジットカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近はクレジットカードがないと不便ですよね。

クレジットカードでしか決済ができないような機会も増えてきましたし、またクレジットカードを使うと支払い総額が安くなったり、ポイント特典がついたりお得なことも多いです。いつも現金払いでは、ちょっと損しているような気分になってしまいます。

もしかするとあなたは、フリーランスは収入が安定していないことがネックとなり、クレジットカード審査が通りにくいのではないか、なかなか作れないのではないかと思っているかもしれません。

しかし、絶対に無理というわけではありません。

ここでは発行されるためのコツや、おすすめのカードをご紹介しています。

point

フリーランスがビジネス用のクレジットカードを持つメリット

クレジットカードは大きく分けて「個人用」と「ビジネス用」の2種類があります。
フリーランスがビジネス用カードを持っておくと、以下のようなメリットが発生するため、ぜひ発行を検討してみてください。

経費管理や確定申告が楽になる

経費管理にビジネス用クレジットカードを使えば、どんな項目にどれだけ費用がかかったのか、明確に把握することができます。個人用クレジットカードを使うと、経費とプライベートの出費を区別しにくくなるため、管理に手間がかかるのはもちろん、計上ミスが起こる可能性も高まるでしょう。

また、ビジネス用クレジットカードの利用明細は、経費をそのまま記録したものになるので、確定申告における手間も省けます。

節税対策になる

ビジネス用クレジットカードの年会費は経費として計上できるため、節税につながります。また、クレジットカードは支払い金額に応じてポイントが還元されますが、この決済代金に応じて付与されるポイントは課税対象にならないため、たくさん貰うほどお得です。

ビジネスに役立つ特典を受けられる

カード会社によって内容は異なりますが、ビジネス用クレジットカードにはさまざまな特典が付いてきます。ショッピングでの割引適用やチケット優待サービス、経営に関する無料相談サービスなど、ビジネスで役立つ特典も多いため、発行前にしっかりチェックしましょう。

クレジットカードが発行できるフリーランスはどのような人か

フリーランスですと、安定収入の保証が証明しにくいのでクレジットカードが作りにくいことは確かです。ただし、既存のカード発行履歴、利用履歴や年齢とフリーランスとしての活動歴のバランスによって、フリーランスでもカードが発行できることがあります。そのポイントを見ていきましょう。

フリーランスとしての実績が3年以上

フリーランスは収入を証明することがとても難しく、変化しやすいのが特徴です。ですが、クレジットカード会社からすれば滞りなく支払いを行ってもらえれば特に問題がありません。3年以上実績があり、収入が横ばいか増加傾向にあるのでしたら発行できる可能性は高いです。限度額にもよりますが、収入証明書(源泉徴収書、課税証明書、確定申告書など)を提示することができれば十分可能です。

ただし、フリーランス1年目ですとそういった書類もありませんので、発行がかなり難しくなります。会社員のうちに発行しておく方が確実です。

「事故情報」がクリア

カード発行で一番重要なのは事故情報の有無。つまり俗に言う「ブラックリスト」です。クレジットカードやローンを契約すると信用情報機関に契約内容がデータベース化されます。単なる利用実績だけではなく、返済が遅れたとか、延滞金があるとかいった情報も記載されているので、他の会社のカードも作れなくなっています。

また、最近では携帯電話の支払い状況などもデータ化されていることがあります。毎月支払いが遅れているような人は、クレジットカード発行にも影響が出るので気をつけておきましょう。

開業届や固定電話の有無

クレジットカードの発行審査では、支払い能力に加えて社会的信用もチェックされます。開業届を出しておけば、手続きをきちんと踏んだうえで働いていることを証明できるため、審査も通りやすくなるでしょう。

また、社会的信用という観点から考えれば、固定電話の有無もポイントです。固定電話の番号を登録すれば、困ったときに連絡がつきやすい、仕事環境が整っているといった印象を与えられます。

キャッシング枠をゼロで申請するのも重要

クレジットカードのキャッシング枠を資金繰りに充てることは、カード会社からすれば現金未回収のリスクが増大するため、あまり望ましくありません。

あらかじめキャッシング枠をゼロにするか、もしくは最低金額にしてから申請すれば、発行審査も通りやすくなります。

フリーランスにおすすめのクレジットカード5点

では、フリーランスでも比較的作りやすく、利用も便利なカードを5つご紹介いたしましょう。

楽天カード

楽天カードはフリーランスから根強い人気を誇っています。

たまりやすいポイントも魅力ですが、そのポイントの使い道の広さも人気の理由。事業で必要になるものが何でも揃うという点も人気の理由です。

→ 楽天カードの詳細

ファミマTカード

ポケットマネーが発行し、ファミリーマートが案内しているクレジットカード。
Tポイントが貯まったり、ファミリーマートでの買い物がお得になったり、コンビニ利用の多い人におすすめ。

最大のメリットは貯まるポイントがTポイントであること。ファミマやTSUTAYAを利用する人にとっては、かなりお得感が強いと言えるでしょう。Tポイントは使い道も広く、ヤフーなどでも使えますので、利用している人には最適と言えます。

→ ファミマTカードの詳細

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメリカン・エキスプレスが発行している、ビジネス用クレジットカードです。
発行審査は厳しいものの、他社のゴールドカードに匹敵するほどサービスが充実しています。

特典としてJALオンラインの法人向けサービス「eビジネス6」や手荷物無料宅配サービス、空港ラウンジなどを利用できるようになるため、特に出張が多い人はおすすめです。

→ アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの詳細

テックビズゴールドカード

株式会社NKC ASIAが発行している、IT系フリーランスに特化したビジネス用クレジットカードです。特化というだけあってフリーランス向けのサービスが充実しており、確定申告のサポートを受けたり、コワーキングスペースやクラウド会計ソフトをお得に利用したりすることができます。

さらに、初年度は年会費無料という点も見逃せません。

→ テックビズゴールドカードの詳細

Pe-BANK VISAカード

PE-BANKがVISAと提携しているカードがリリースされました。

PE-BANKが発行しているだけに、ITエンジニアにとってありがたい特典がたくさんです。まず、ITフリーランスが加入できる「PE共済会」や会議室検索サイトである「会議室ドットコム」とも提携しているので、貸会議室やコワーキングスペースを使うと割引があります。

それから、オンライン英会話レッスン、オライリー書籍購入やPE-BANKの支払いで、最大で10倍のポイントが付与されることもあります。将来は様々なメーカー、量販店、出版社、教育機関との提携を進めていくので、ITスキルアップに必要な勉強などをするたびに特典が受けられます。

年会費は永年無料、最短5営業日で発行。

PE-BANKを利用しているならば是非加入しましょう。

→ Pe-BANK VISAカードの詳細

まとめ

以上、今回はフリーランスでもクレジットカードの審査が通るコツと、おすすめクレジットカードを3つご紹介しました。

徐々にキャッシュレス化が進んできていますから、一枚くらいはクレジットカードを持っておかないと生活の様々な場面で不便を感じるようになっていきます。是非この記事を参考に、お申し込みをしてみてください。

関連記事

TOP

案件情報一覧へ 60秒無料エントリー