Javaエンジニアとは?仕事内容や未経験からの就業に必要なことを解説

<

フリーランスの案件・求人TOPITエンジニア独立ガイドキャリア・ライフJavaエンジニアとは?仕事内容や未経験からの就業に必要なことを解説

ITエンジニアノウハウ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Javaは、プログラミング言語のなかでも人気が高く、現在世界中で使われている言語です。実際に、さまざまな業務用ソフトウェアやゲームなどがJavaによって作られています。

また、Javaは学習しやすい言語として有名で、初心者の学習にも適しています。

今回は、Javaという言語を扱うJavaエンジニアについて、仕事内容や需要などを解説します。さらに、未経験からJavaエンジニアになるためのポイントも解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

point

Javaエンジニアとは?

Javaエンジニアは、プログラミング言語のJavaを扱う技術者です。
ただし、IT業界でJavaエンジニアというと、初心者レベルに近い技術者というイメージを持たれることがあります。その理由には、Javaという言語の特徴が関係しています。

Javaは他の言語と比べて扱いが簡単で、初心者でも割とスムーズに対応できる言語です。研修用の教材としても扱われることが多い言語であることから、Javaエンジニア=経験が浅い技術者と見られてしまうことがあります。

しかし実際には、Javaはさまざまな開発で使われている優秀な言語です。Javaの深い知識を身につければ、エンジニアとしてより高いレベルを目指す際にも役立ちます。

Javaとは

先ほど紹介したとおり、Javaは扱いやすい言語として知られています。その扱いやすさゆえに、最も簡単なオブジェクト指向言語ともいわれます。

Javaは世界で最も利用されている言語で、その汎用性と学習のしやすさから、初心者の方にも人気です。実際に、さまざまな業務システムやAndroidアプリの開発がJavaによって行なわれています。そのため、Javaのスキルを求めている企業が多く、案件も豊富に存在しています。

なお、Javaと混同されやすいものとしてJavaScriptがありますが、両者はまったく違う言語です。

Javaエンジニアの仕事内容

Javaエンジニアの仕事は、文字通りJavaを用いた開発です。現在では、製造業の在庫管理システムや、アプリのゲームなど多種多様なシステムがJavaを使って作成されています。

それらを開発するJavaエンジニアの具体的な仕事は以下のとおりです。

コーディング

コーディングは、Javaエンジニアの最も基本的な仕事といえます。あらかじめ作られた仕様書に沿ってプログラミングをしていきますが、仕様書の内容が理解できない場合は、仕様書の作成者に内容を確認し、指示内容との相違を避けることが重要です。

テスト

コーディングしたものが正確に動作するかをチェックしていきます。テストには、一つの機能をチェックする「単体テスト」と、単体テストを通過したものを組み合わせて実施する「結合テスト」があります。

なお、その後に実施されるシステム全体のテスト(システムテスト)や、クライアント側が運用してチェックする運用テストは、プログラマーではなくSEなどが実施することがほとんどです。

ただし、スマートフォンのアプリなど開発サイクルが短期的なものについては、プログラマーもテストに参加する場合があります。迅速に作成するために必要なときもあるので、頻度は高くないものの、任されたらしっかりと対応しましょう。

他言語のコードをJavaに移行

システムの入れ替えなどの際に、多言語で書かれているコードをJavaに移行することもあります。C言語やCOBOLといったやや古めの言語を使ったシステムを、汎用性の高いJavaに移行することは珍しくありません。

そのため、Javaのエンジニアには、これらの言語の読み取りスキルが求められます。複数の言語を扱えることは、Javaエンジニアの価値を上げる重要なポイントといえるでしょう。

Javaエンジニアの需要

先述のとおり、Javaは未経験でも取りかかりやすい言語ですが、Javaエンジニアの人手は不足しているのが現状です。
なぜ、そのような状態になっているかは、以下の理由が考えられています。

習得難易度がやや高い

まずは、習得難易度の高さです。Javaはたしかにオブジェクト指向のなかでは、簡単な言語とされています。しかし、PHPなどの言語と比較すると、難易度はやや高いといえるでしょう。

業界未経験の初心者の方が簡単にスキルを取得できるものではなく、深く理解している人は少なくなっています。また、Javaにはプログラミングの主要観念や基本的な機能が積み込まれており、他の言語への応用が利くため、Java一本を深く極めている人も少ないのです。

つまり、初心者にとっては難易度が高く、慣れてきたら多言語を並行して学習することから、Javaエンジニアの数が不足しているようです。

大規模開発に使われている

Javaは開発現場で10年以上前から使われている言語です。汎用性・柔軟性が高く、大規模な開発で使われることも多々あります。

具体的には、インフラ構築や金融機関のシステムなどです。こういった案件はどうしても開発規模が大きくなるので、たくさんのエンジニアを必要とします。

そのため、Javaエンジニアの需要は高く、常に人材不足が起きているのです。

活用幅が広い

近年、スマートフォンが爆発的に普及したため、それに向けたアプリ開発需要が伸びています。特に、JavaはAndroid向けのアプリに数多く使われているため、アプリ開発ができるJavaエンジニアは、今後ますます市場価値が上がることでしょう。

習得難易度の高さ、案件の規模、スマートフォン向けアプリ開発への頻度上昇などが関係し、Javaエンジニアの需要は今後も高まっていくと考えられます。

未経験からJavaエンジニアになるには

未経験者がJavaエンジニアになるためには、まずJavaのスキルを磨いておくことが必要です。そこで、技術取得の際に押さえておきたいポイントを紹介していきます。

学習だけでなく実際にプログラミングする

Javaは、オブジェクト指向のなかでは、未経験者でも学習・習得しやすい言語です。勉強をすればするほど、知識やノウハウを蓄えられるでしょう。

ただし、現場は実際にプログラミングができる人材を求めています。ですから、座学だけでなく実際にプログラミングを行ない、ポートフォリオを作っておく必要があります。

また、実績となる作品を作る際には、参考書などのサンプルを真似するのではなく、どういった機能の何を作るかといったところから考えましょう。そうして設計・実装をしていけば、現場で役に立つスキルを取得することができるはずです。

ある程度学習を進めてから実際に手を動かすことは、プログラミングスキルを効率良く磨くポイントといえるでしょう。

資格を取得する

ある程度学習を進めたら、資格の取得を目指すことも有効な手段です。特に未経験者の場合はその実力を経験によって証明できないので、資格によってアピールするとよいでしょう。

特に、Oracleが認定している「Javaプログラマー」という資格は、全世界で通用する共通資格であり、実力を証明するために有効といえます。

未経験からJavaエンジニアになるためには、まずは学習を進め、ポートフォリオを作り、資格を取得して開発会社にアピールしていくのがよいでしょう。

まとめ

Javaは、非常に多くのサービスやシステムの開発に使われている言語です。その学習のしやすさ、使える範囲の広さから初心者にも人気の言語となっています。

また、大きな開発に使われること、需要が高いスマートフォン向けアプリの開発にも用いられることなどから、今後Javaエンジニアの価値は高まっていくことが考えられます。

未経験からJavaエンジニアになるためには、言語の学習はもちろんのこと、実際にポートフォリオを一から組み立てる、資格を取るなどして実力を証明することが重要です。

もし、未経験者でIT業界への転職を考えているのであれば、最初にJavaのスキルを習得することは有効な手段といえるでしょう。

関連記事

TOP

案件情報一覧へ 60秒無料エントリー