転職にも役立つ!ITエンジニアに必要な英語力と勉強法の紹介| フリーランスの案件・求人はPE-BANK

フリーランスの案件・求人TOPITエンジニア独立ガイドスキル・テクニック転職にも役立つ!ITエンジニアに必要な英語力と勉強法の紹介

グローバル化が進む現在、業種職種を問わず強力な武器になるのが、英語力です。

特にIT業界はめまぐるしく技術が移り変わる分野。英語力があれば、最新情報を素早くキャッチできるようになり、あなたのエンジニアとしての価値を効果的に高めてくれることでしょう。

ここではITエンジニアの場合、どのように英語力を鍛えればよいのかということ、それからおすすめのメディア、アプリについてご紹介します。

point

ITエンジニアが覚えて身に付けておきたい英語力とは?

最新の情報を開発・制作に生かせる技術者ならば、雇用主側から見てかなり貴重な人材となります。IT業界のテクノロジーの多くは、米国から日本へ浸透しているケースがほとんどです。そのため、情報収集にもっとも効果的な語学が、英語であることは間違いありません。

英語力には「スピーキング」「リスニング」「ライティング」「リーディング」があります。もしもセールスパーソンならばコミュニケーション能力が必須であるため、スピーキングやリスニング能力が重要になります。

しかし、普通に日本で働くITエンジニアは、最新の業界の情報をキャッチできることが重要であるため、英語で書かれた資料を読み込めることが、一番仕事に役立つでしょう。つまりITエンジニアにとって「リーディング」の力を身に付けることが一番効果的です。

ITエンジニアの英語の勉強法は?

ではリーディング能力はどのように向上させればよいのでしょうか。

ITエンジニアの英語の勉強法その1――中学高校などで使っていた教科書、参考書を活用する

世間では「教育改革」が叫ばれ、中でも英語は「スピーキング」や「リスニング」能力の向上を目指して試験制度なども変わって来ていますが、ITエンジニアに必要なのは「リーディング」能力であり、その分野に関しては、かつてから良質な参考書があります。したがってあなたも、学生時代に使っていたもので復習するのがもっともおすすめで、かつ簡単です。

ITエンジニアの英語の勉強法その2――読み終わった技術書の原書を読む

大学受験までの参考書では、ITエンジニア向けの文章を読むには少し不十分です。というのもITの専門用語などが記載されていないからです。

そこでおすすめなのは、読み終わった技術書の原書を読むという方法です。日本語でも理解できないような洋書にいきなり手を出しても大変なだけで、あまり効果的がありません。ある程度日本語で理解できるような技術書の原書を読むことが、もっとも労少なくして大きな効果が得られる方法です。特にIT特有の英単語などがあった場合はそれをチェックして、表にして覚えていくと良いでしょう。

ITエンジニアの英語の勉強法その3――毎日同じペースで勉強する

これはスケジューリングの問題ですが、英語は毎日一定のペースで勉強することが大切です。1日1時間でどれくらい進められるかということをよく分析して、それを毎日続けるようにしていきましょう。

英語力は一朝一夕で身に付くものではありません。やる気が出ている時もそうでない時も、決めた分量を淡々とこなしていくことが重要です。もはや生活の一部となり、英語を勉強していることを特別意識しなくなるくらいルーティーン化できてはじめて、少しずつ実用的な英語力が付いていきます。

英語を学べるメディアが知りたい

上記のような方法の他に、現在はパソコンなどの普及によって英語を学べる多くのメディアが出ています。そのいくつかをご紹介したいと思います。

英語を学べるメディアその1――英語リーディングアプリPOLYGLOTS(ポリグロッツ)

英語のニュースを読めるスマートフォンアプリ。分からない単語があってもそれをタップすることで、すぐに辞書が開きストレスなく勉強していくことができます。また単語学習機能やフラッシュカードといった機能も備わっているので暗記も効率よく行えます。

ジャンルは、ITエンジニア向けのテクノロジー系の英語ニュースを選んで読解に挑戦するとよいでしょう。
iOS版:https://ITunes.apple.com/jp/app/ying-yuridinguapuripolyglots/id877494771?mt=8
Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=net.polyglots&hl=ja

英語を学べるメディアその2――iKnow!

脳科学に基づいた学習プログラムで、英会話が勉強できるサービス。極力記憶が定着しやすいタイミングで問題が出題されるようになっているので、効率よく暗記していくことができます。ビジネス英語を学ぶコースもあるので、将来的に営業職などでディベートなどにも使えるような英語を身につけたい人におすすめ。月額780円からの有料サービスです。

http://iknow.jp/

まとめ

一つのことよりも、二つのことをする方が楽?

以上、ITエンジニアに必要な英語力とその勉強法、またおすすめメディアについて紹介いたしました。

「エンジニアとしてプログラミングの勉強もしなきゃいけないのに、英語なんてできない!」と思うかもしれませんが、少し毛色の違った勉強を取り入れるのは、実はおすすめです。一つのことばかりしているよりも、異なるジャンルの勉強をすることで、脳が適度に休められ、案外どちらの勉強もはかどるということがあるためです。それにプログラミングの勉強で行き詰まった時は、英語があるおかげで落ち込まずに済んだり、逆に英語がうまく進まない時は、プログラミングの勉強をすることで落ち着いたりします。このように2つの勉強をしていると、どちらか一方のおかげで、倦怠やマンネリの状態に陥ることを防げることも多いです。

是非他の勉強をはかどらせるためにも、英語の勉強を取り入れてみましょう。

※PE-BANKでは「レアジョブオンライン英会話割引」として、英語学習支援の補助金制度をご紹介しております。英語以外の分野についても「教育補助金制度」、「オンラインIT書籍購入割引」といった、当社所属のエンジニアの”やる気”をバックアップするためのさまざまな教育サポートを行っていますので、ご興味のある方はこちらのページをご覧ください。

icon

PE-BANKの充実の教育サポート

TOP