プログラマーとは?仕事内容や年収、必要なスキル・資格を解説

フリーランスの案件・求人TOPITエンジニア独立ガイドキャリア・ライフプログラマーとは?仕事内容や年収、必要なスキル・資格を解説

ITエンジニア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IT関連の仕事として、まず挙げられるものに、プログラマーがあります。その言葉の響きから、プログラミングに関する仕事であることは何となくイメージできても、具体的な仕事内容はわからないという方もいるかもしれません。

そこでこのガイドでは、プログラマーの仕事内容や年収、必要なスキル、資格について詳しく解説していきます。

point

プログラマーとは?

プログラマーとは、システムエンジニアが設計した仕様書を基に、プログラミング作業をおこなう職種です。こちらでは、プログラマーという仕事について、もう少し詳しく見ていきましょう。

プログラマーには、いくつかの種類がある

プログラマーには、大きく分けて、次のような種類があります。

Webプログラマー

Webサイトに特化したプログラミングをおこなうプログラマー。主に、「PHP」「Python」「Java」といった言語を使います。


ゲームプログラマー

その名のとおり、ゲーム制作をおこなうプログラマー。主に使われている言語は「C++」で、ゲーム場面の移り変わりやキャラクターの動きを表現するためのグラフィック描画設計・実装もおこなうことから、より専門的な知識が求められます。


アプリケーションプログラマー

パソコンやスマートフォンにインストールされるアプリ(アプリケーション)のプログラミングをおこなうプログラマー。アプリによって使われる言語は変わるため、「C#」「Java」「Python」をはじめ、幅広い言語に関する知識が求められます。


汎用系システムプログラマー

汎用系システムとは、政府機関や大企業などに導入されている高性能で集中処理も可能な大型コンピューターのことで、このシステムの開発をおこなっているのが汎用系システムプログラマーです。
汎用系システムプログラマーの場合、事務処理のシステム化に欠かせない言語である「COBOL」を自由自在に使いこなせるレベルの知識・スキルが必須となります。


組み込み系システムプログラマー

「組み込み系」とは、家電製品やカーナビなどの機器に組み込まれているプログラムのことを指し、その開発を担っているのが組み込み系システムプログラマーです。システムの開発現場では、主に、「C++」や「Java」といった言語が使われています。

プログラマーが活躍しているジャンル

プログラマーは幅広い分野で活躍していますが、特に目覚ましい活躍を見せているのは、以下のジャンルです。

≒ スマートフォンのゲームアプリやオンラインゲーム関連
≒ データベースやECサイトの構築
≒ マイコンをはじめとした制御系の家電製品のプログラミング
≒ 自社システムの構築と運用
≒ 金融機関のシステム開発
≒ パソコンで使用するアプリケーション開発

未経験でもプログラマーになれる?

未経験でプログラマーになるのは不可能ではありません。しかし、一通りの技術を身に付けるには、ある程度の時間が必要なため、年齢によっては難しい場合もあります。

プログラマーの仕事内容

次に、プログラマーの具体的な仕事内容について見ていきましょう。

プログラムを書き上げる

プログラマーのメインの仕事は、「PHP」「Java」「JavaScript」といったプログラミング言語を用いて、「システムエンジニアが設計したシステムが作動するように、プログラムを書き上げる」ということです。

システムエンジニアとプログラマーは、同じ「システムを作る」という仕事に分類されることから混同されがちですが、プログラマーは「プログラムを書くこと」、システムエンジニアは「システムの設計」と、担っている役割が異なります。

また、プログラマーは一般的に、IT技術職のなかでは新人が最初に配属される職種でもあります。

システム上のバグのチェックや修正をおこなう

システムのテストを繰り返して随時バグをチェックし、発見した場合は迅速に修正することも、プログラマーの重要な仕事です。


プログラマーの年収

プログラマーの平均年収は、20代で400万円前後、30代で500万円前後となっており、ITエンジニア職のなかでは低めです。これは、プログラマーという職種は、エンジニア職の登竜門的な位置づけとなっていることが大きく関係しています。

しかし、そこでがっかりする必要はありません。なぜなら、最初は収入が高くなくても、必要な知識やスキルを身に付けてキャリアアップしていけば、高収入が狙えるようになるからです。

具体的なキャリアアップ方法としては、まずプログラマーとしての経験を積み、その後は同じ「システムを作る」という仕事系統で、より高収入のシステムエンジニアを目指すというパターンが多く見られます。

プログラマーに必要なスキル

プログラマーになるためには、どのようなスキルが求められるのでしょうか?

プログラム言語知識は必須

使われる言語はシステムによって異なるため、プログラム言語に関する知識は幅広く持っていたほうがベター。自分が手がけるジャンルでよく使われる言語については、一度知識を習得した後も、常にアップデートしていく必要があります。

デバッグスキル

プログラマーにはプログラムの不具合やミスを発見し、必要に応じて書き直しをおこなうための「デバッグスキル」も求められます。「完璧なシステムができた」と思っていても、いざ使ってみると想定外の不具合やミスが見つかるケースも多いからです。

コミュニケーション能力

プログラマーは一人で黙々と作業するイメージがありますが、実際には、同じプロジェクトチーム内のほかのメンバーとやり取りしながら仕事を進めていく場合がほとんどです。そのような背景から、チームでの仕事を円滑に進めていくためのコミュニュケーション能力が求められます。

論理的思考力

プログラミングには、「物事を順序立てて論理的に考えられる能力」が不可欠です。また、論理的思考力は、エラーの原因を探すといった際にも求められます。

根気強さ

プログラマーは、チーム内でほかのメンバーとやり取りしながら仕事を進めていきますが、作業自体は 基本的には一人でおこないます。そのため、「最後まで仕事を投げ出さず、必ず完成させる」という根気強さが求められます。


プログラマーを目指すなら、ぜひ取得しておきたい資格

プログラマーを目指すなら、プログラミング言語に関する資格はぜひ取得しておきたいところです。具体的な資格としては、以下が挙げられます。

ITパスポート

ITパスポートは、IT技術者としての基本的な知識を身に付けられる国家資格試験。IT技術者に関する試験のなかではエントリー向けの内容となっており、エンジニア職ならまず取得しておきたい資格です。

基本情報技術者試験(FE)

基本情報技術者試験とは、情報処理技術者試験の一区分である国家資格試験です。合格すると情報セキュリティやネットワーク、データベースなどに関する一定の知識・スキルを持っていると認定されます。

C言語プログラミング能力認定試験

プログラミング言語の一つである「C言語」を使ってプログラムを作成するスキルを認定する試験です。1級から3級までのレベルがあり、特に1級はIT技術者のなかでは高く評価される資格となっています。

Ruby技術者認定試験制度

プログラミング言語「Ruby」をベースにしたシステム開発知識を認定する試験です。試験に合格すると、Ruby技術者としてのシステム開発能力が証明されます。

Oracle Certified Java Programmer

プログラミング言語「Java」に関する資格試験でもっとも有名なのが、Oracle Certified Java Programmerで、世界レベルで通用するjavaのスキル証明になる資格です。

難易度が低い順からブロンズ・シルバー・ゴールドの3レベルに分けられており、最上位の資格であるゴールドは、シルバー資格取得者でなければ受験することができません。

まとめ

大企業や政府機関で使われているような大型コンピューターのシステムだけでなく、Webサイト、アプリ、ゲーム、家電製品のシステムまで、プログラマーが活躍するジャンルは多岐にわたっています。

プログラマーは最初こそ収入面は低めですが、ここでじっくり言語知識やスキルを身に付ければ、さらに高収入の職種へのキャリアアップも十分可能です。

また、年齢にもよりますが、プログラマーはITエンジニア職のなかでは数少ない未経験でも挑戦できる職種なので、「これからエンジニアを目指す」方には特におすすめです。

関連記事

TOP