PHPエンジニアとは?仕事内容や未経験からの就業に必要なことを解説 | フリーランスの案件・求人はPE-BANK

<

フリーランスの案件・求人TOPITエンジニア独立ガイドキャリア・ライフPHPエンジニアとは?仕事内容や未経験からの就業に必要なことを解説

ITエンジニアノウハウ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「未経験からエンジニアになりたいけど、どういったスキルを習得すれば良いかわからない」という方は多いのではないでしょうか。

PHPは汎用性が高く、さまざまな開発で必要とされるうえに学習難易度も低いので、そういった方におすすめの言語です。未経験者にも人気があり、多くの方が勉強しています。

今回は、そのPHPを扱うPHPエンジニアという職種について、概要や求められるスキル、未経験からの就業に必要なポイントを解説します。
PHPエンジニアを目指すうえで参考になる内容なので、ぜひ最後までお読みください。

point

PHPエンジニアとは?

PHPエンジニアは、PHPという言語を使ってさまざまな開発を行なう技術者です。PHPは非常に人気のある言語で、幅広いジャンルで使われています。

PHPエンジニアは、検索システムや予約システムなどのWebに特化したサービスの開を担うことが多く、ゲーム開発に関してはなくてはならない人材とされています。現在は、Webサイトの開発にCMSを利用する企業が多いことから、PHPエンジニアの需要はますます高まっていくでしょう。

なお、PHPエンジニアの仕事内容については、「PHPエンジニアの仕事内容」の項で詳しく説明します。

PHPとは

PHPはWeb開発用に生み出された言語で、おもにサーバーサイドで動作します。サーバーサイドとは、Webページなどでユーザーとやり取りする部分(フロントエンド)からの指示を受けて、データの転送などのさまざまな処理をする部分です。

PHPはサーバーサイドの言語のなかでも、データベースとの相性が良く、Web言語であるHTMLのなかに埋め込むことができます。そのため、ECサイトやSNSなどさまざまなサービスに用いられているのです。

PHPは非常に汎用性の高い言語であり、現在は多くの案件数があります。また、学習難易度が比較的やさしいので、プログラミングをしたことのない方でも習得しやすいのが特徴です。

したがって、未経験からIT業界に入る際には、PHPエンジニアになる方が多いのです。

PHPエンジニアの仕事内容

PHPを使って、さまざまなサービスの開発をするのがPHPエンジニアの仕事です。

PHPは、Webサイトやアプリの開発、ゲームや業務システムの構築などに使われています。そのため、PHPエンジニアになると、幅広いジャンルの開発に携われる可能性が高いでしょう。

業務システム開発

企業内で使用する業務システムを、PHPで開発する場合も多々あります。
具体例を挙げると、請求書や納品書の作成、在庫管理、経理に関するシステムの開発などです。

こうしたシステムは企業の業務を効率化し、負担を減らすために使われています。

Web開発

Web開発はPHPエンジニアのメインワークです。現に、さまざまなWebサービスやECサイトにPHPが使われています。

メディアやポータルサイト、SNSにとどまらず、エンタメサイト、企業の公式サイトなど多くのサイトに関われるでしょう。また、クラウドシステムなどの高度なサービスにも使われており、PHPエンジニアの業務範囲は多岐にわたります。

なお、ECサイトの開発では、受注や在庫管理、会員登録、決済などの機能を実装するほか、関連商品の表示といったマーケティング関連の機能を実装します。ECサイトは幅広く展開されており、衣類や日用品、食品の販売だけでなく、旅行やチケットの申し込み、宿泊施設の予約など数多くのサービスが提供されています。

ゲーム開発

PHPはゲームの開発にも使用されるため、 PHPエンジニアはオンラインゲームだけでなく、パソコンゲーム、ソーシャルゲームなどのバックサイドの処理に携わることもあります。

また、PHPの実装だけでなく、デザインや3D技術などにも触れる案件もあるため、さまざまなスキルを習得できる可能性が高いでしょう。

先にも紹介したとおり、ゲーム開発においてはPHPエンジニアの需要が高くなっています。ゲーム業界に携わりたい場合には、PHPを習得しエンジニアとして就業するのもよいでしょう。

PHPエンジニアに求められるスキル

PHPエンジニアには、以下の3つのスキルが求められます。それぞれのスキルを磨くと仕事の幅を広げられて、市場価値がアップする可能性が高まるでしょう。

PHPのプログラミングスキル

PHPに限らずエンジニアとして求められるのは、まずは対象言語のプログラミングスキルです。

PHPエンジニアは、PHPを業務で使用できるレベルまで実力を引き上げておかなければなりません。具体的には、仕様書を渡されたらその通りに書くだけでなく、要件を伝えられた段階でそのままコーディングできるレベルがあるとよいでしょう。

さらにわからないことがあっても、自分で調べて解決し、プログラミングできるリサーチ能力も必要です。見やすいコードを書くなど、さまざまなプログラミングスキルを持っておくことが重要となります。

OSやデータベースの知識

PHPエンジニアには、OSやデータベースなどプログラミング以外のスキルも求められます。特に、PHPで記述したプログラムはサーバーサイドで実行されるので、こうした知識が必要となります。

特に押さえておきたいのが、サーバー環境を構築する際に必要不可欠とされる「LAMP環境」です。LAMP環境のPはPHPのことであり、その他の言葉はLがLinux、AがApache、MがMySQLを指しています。

LinuxはOSの一種でサーバーに使われることが多く、Apacheはサイトを公開するためのサーバーの一種です。どちらも初心者が利用しやすいことが特徴といえます。そして、MySQLはWebサイトやサービスを運用する際に、さまざまな情報を蓄積しておくデータベースの代表的なサービスです。

PHPエンジニアには、プログラミングのスキルの他にもこうしたITスキルが求められます。

Webサービスやアプリの開発経験

現在、多くの企業でWebサイトやWebサービス、アプリが展開されています。そのため、さまざまなジャンルの開発経験があることは、PHPエンジニアとしての市場価値を上げることになります。

Webサイトの開発においては、ホームページだけでなく、ECサイトやゲーム、業務システムなどを開発できるスキルがあれば、より高レベルな開発に携われるチャンスが来るかもれません。

PHPエンジニアは、実際の開発現場でさまざまな経験を積みながら、キャリアアップしていく職種といえるでしょう。

未経験からPHPエンジニアになるには

PHPエンジニアになるためには、とにかくPHPのスキルを業務レベルまでアップすることが必要です。

ここでは、PHPのスキルをアップさせるポイントを紹介します。効果的にアピールするために必要なことも解説するので、ぜひ参考にしてください。

学習だけでなく実際にプログラミングする

IT業界では、常に即戦力の人材を求めています。これは、PHPエンジニアも例外ではなく、開発ができるレベルのスキルを持った人材を募集しているところが多いのです。

そのため、PHPエンジニアになりたい場合は、学習するだけでなく、学んだスキルを証明するためのポートフォリオを用意する必要があります。実際にプログラミングすることで、言語への理解も深められます。

ポートフォリオを作成する際には、教材などをなぞるのでなく、自分で一から組立ててオリジナルの作品を作るのがおすすめです。最初から開発できることを証明できれば、転職や就職活動の大きな武器になることでしょう。

資格を取得

ある程度の学習が済んだら、その力を試すために資格取得を目指すとよいでしょう。合格すれば、実力の証明になります。

PHPには、PHP5技術者認定試験やその上のレベルであるPHP5技術者認定ウィザードなど、多くの資格試験があります。自分に合ったレベルの資格を取ることで、企業に対し効率良くアピールすることが可能です。

PHP以外の言語も学習

PHPエンジニアを目指すのであれば、関連する言語のスキルも習得しておくと、評価が上がる可能性があります。なぜなら、PHPは単体で動くのではなく、複数の言語との組み合わせで多種多様なサービスを機能させるからです。

例えば、同じWeb系のJavaScriptやデータベース言語のSQLなどを使えると、有利になるでしょう。

まとめ

PHPは、実に多くのWebサービスで採用されている言語です。

PHPエンジニアの活躍の場は多く需要が高いため、スキルをしっかりと習得した人材は、たくさんの企業から必要とされています。なかでも、さまざまな開発に携わってきた経験者、LAMP環境のスキルレベルが高い技術者は市場価値も高くなるでしょう。

もし、未経験からPHPエンジニアを目指すのであれば、学習して実際に作品を作り、資格を取得して実力を証明できるようにすると採用の可能性が高まります。

しっかりとスキルを磨けば、未経験でも可能性のある職種なので、少しずつスキルアップしていくとよいでしょう。

関連記事

TOP

案件情報一覧へ 60秒無料エントリー