エントリー・お申し込み

ITエンジニアの将来性に、不安がありますか?

IT業界は、変化と競争のとにかく激しい世界です。そのため、ITエンジニアの需要はこれから先も増えるのか、どのようにキャリアアップを目指せばよいのか、ということを悩んでいる方が非常に多いのも頷けます。

そこで、ここでは自分の将来性が明確になっていないITエンジニアに向けて、業界の今後の未来予測をご紹介します。また、そうした状況の中でITエンジニアとしての価値を失わないために心掛けるべきことや、ITエンジニアの一般的なキャリアプランについてもご説明します。

point

ITエンジニアの需要は様々な分野で増加しているので、将来性はある

IT技術は2000年以降、とどまることなく進歩と革新を続けています。今や、IT技術を利用していない企業はないと言っても過言ではありません。そのため、IT技術を支えている人材が様々な分野で必要とされているのも当然なのです。

インフラ系のITエンジニアはネットワークサーバーを扱っています。通信キャリアからWeb仮想化、クラウド関連など急速に進歩を続け、変化しているネットワーク構造に対応できます。

IT技術が発展し、それに対応できる業務系システムエンジニアも需要が高くなっています。すでにIT化を進めている企業であっても、今後の情報システムの重要性は増すばかりです。そのため、より高度なセキュリティを持ったシステムや更なる効率化を求めて、企業がITに投資を行うことでしょう。

今後のITエンジニアの働き方

社内システムエンジニア

現在多くの企業が景気回復に伴って、業務効率化や様々な経営戦略に必要なウェブシステムの再構築をはかろうと、社内システムエンジニアの採用を増やしています。外部にシステム開発を依頼するより、社内のシステムを理解したスペシャリストを雇った方が機密を保守することができ、運用も行える利点があるからです。

企業に所属していれば安定した収入が期待できますが、社内システムエンジニアになるには、単なるITエンジニアの知識だけではなく、働いている企業の業種を理解し、最適なシステムを提案できる必要があります。

フリーランスのITエンジニアも、将来性のある仕事

現在では、インターネットを使って在宅でシステムエンジニアをしている働き方も主流になりつつあります。このスタイルであれば、自由な時間に好きな場所で働くことができ、自分の強みを伸ばしながら、その強みを生かした仕事だけを選んで働くことができます。

そうした在宅のシステムエンジニアと業務委託契約を結ぶ企業が増え、企業とフリーランスのITエンジニアをマッチングするクラウドソーシングサービスも次々と現れており、働き方の間口はどんどん広くなってきています。ITエンジニアにとって、働きやすい環境が整ってきつつあると言えるでしょう。

※PE-BANKもこのようなフリーランスのITエンジニアと企業をつなぐお手伝いをしています。フリーエンジニアの社会的地位を向上させるブランド化を支援し、個人の単独受注よりも信頼度が高く、働きやすい環境を提供するためのITエンジニアブランド化プラットフォーム事業なのです。

ITエンジニアの今後のキャリアプラン

それではITエンジニアが将来的に進むことになる、各職種とその将来性についてご紹介していきましょう。

ITエンジニアのキャリアプランその1――プログラマー

プログラミング言語を駆使してシステム開発の詳細設計、開発テストを行うのがプログラマーです。現状では下請けが多く、単価が安いため平均年収は350万円から500万円くらいです。これだけでキャリアを積むのは、体力的に厳しくなっていきます。

ITエンジニアのキャリアプランその2――システムエンジニア

システムエンジニアは、クライアントからシステム開発の要件を聞き出して基本設計を行う工程を担当します。要求分析、要件定義、基本設計、詳細設計テストなどといった業務を行います。

そのためプロジェクトを管理する上では、普通のプログラマーよりもコミュニケーション能力やマネジメント能力が求められてきます。年収は600万円弱が相場です。技術を身につけたプログラマーがシステムエンジニアへとキャリアアップしていくケースが多いです。

ITエンジニアのキャリアプランその3――プロジェクトリーダー

システムエンジニアの経験を積むと、プロジェクトリーダーへキャリアアップしていく道が開けてきます。プロジェクトマネージャーがプロジェクトに一人いて、プロジェクトリーダーはその下でサブチームとして、それぞれのメンバーのマネジメントを担当します。

プロジェクト全体の流れをよく理解していなければいけませんし、もちろんプログラマー、システムエンジニア以上のマネジメントスキルが必要です。

ITエンジニアのキャリアプランその4――プロジェクトマネージャー

複数名のプロジェクトリーダーの上に立つ、プロジェクトの総監督といえます。クライアントと開発前にじっくり話し合いを行って、開発、運用それから評価にいたるまでに必要な人材や資金・予算や品質管理などを行います。プロジェクトリーダー、システムエンジニア、プログラマーを上手くまとめ上げてプロジェクトを円滑に進めていきます。

プログラミングにおける専門的な知識はもちろん、クライアントとの交渉を行えるコミュニケーション能力、営業力、それから予算進捗などを管理できる高いマネジメント能力が必要です。さらにリーダーシップと決断力を駆使しなければならない難しい仕事で、年収は1,000万円を超えることもあり、常に企業からのニーズが高く将来性のある職務といえるでしょう。

ITエンジニアのキャリアプランその5――特定分野のスペシャリストになる(専門職を極める)

ここまでご紹介してきたキャリアプランを見ると、一般的な日本企業の管理職に進んでいく流れを、ITエンジニアも踏襲していることがわかります。

しかし一部のエンジニアは、上級職に進むのではなく、より専門的な知識を身につけ、それを活かして新しい方法やビジネスモデルを提案するといった、専門分野のスペシャリストへの道もあります。技術力を高め続け、企業に求められる人材になることで仕事を獲得するのです。

エンジニアとしての価値を高め続けることは大変ですが、この道ならば人間関係の構築などといったスキルは必要がありません。将来性に不安はやや残るものの、一方でかなり好条件の仕事を得られる可能性を秘めているのがスペシャリストという道なのです。

まとめ

マネジメントか、スペシャリストか

以上、エンジニアの仕事の将来性について、現在の需要と、キャリアプランの二つの角度からご説明してきました。

下請けのプログラマーとして一生働き続けることは体力的に難しくなってきます。そこでコミュニケーション能力やマネジメント能力を高めて上級職を目指していくか、あるいは、ある特定の専門分野を極め、この人でなければできないと思わせる飛び抜けた技術を身に付けるという道を進むことになります。自分の特質をよく見定め、しっかりとキャリアデザインを行っていくことが必要です。

また、すでに簡単にご紹介いたしましたが、PE-BANKはスペシャリストの不安定な状況をサポートするさまざまなサービスを提供しています。スペシャリストに進みたいけれど、その将来性に不安が残るという方は、エンジニアとしての技術力を存分に発揮して働いていくためにも、PE-BANKのサービスを利用することも検討してみてください。

icon

PE-BANKをご利用メリット

エントリー・お申し込み