フリーランスって賃貸を借りれる?借りれない?審査の条件や契約時の注意点を解説| フリーランスの案件・求人はPE-BANK

フリーランスの案件・求人TOPITエンジニア独立ガイドキャリア・ライフフリーランスって賃貸を借りれる?借りれない?審査の条件や契約時の注意点を解説

フリーランスだと引っ越しの時、賃貸の入居審査に通るかが少し心配ですよね。確かに会社員と比べると、フリーランスはどうしても収入が不安定であるため、少し不利になってしまうことは否めません。

そこで今回は、入居審査時の注意点についてご説明していきます。借りられるはずの物件を逃してしまうことがないように、しっかりと理解しておきましょう。

point

マンションの入居審査とは一体なにか?フリーランスは無理?

マンションを借りる時には、家賃滞納や近隣とのトラブルなどの問題が起こらないかを調べる目的で、入居審査が必ず行われます。

基本的にはあなたの収入や職業、それから連帯保証人を見るだけですが、大家さんによっては住む人の人柄などを重視する人もいます。基準が特に決まっているわけではなく、大家さんの裁量次第なので、特別問題がないように見えても、落ちてしまうこともありえます。

確かに大家さんにとっては、住む人がどのような人かは気になる点。あなたはそんなことはないと思いますが、大家さんは契約時に「近隣の人に迷惑をかける人じゃないか」などと心配しています。もしそうならば、クレームの対応などに追われることになってしまうこともあるからです。

そのような点をきちんと理解しておけば、フリーランス人口も増えてきている現在、フリーランスだからという理由だけで、すぐに審査が通らなくなってしまうということはまず考えられません。

入居審査で見られるポイントその1――収入

入居審査で、収入について調べられることは、まず間違いありません。何より家賃の徴収はかなりの労力になるので、毎月滞りなく振り込んでくれることは、入居の絶対条件になるといえます。

もちろん潤沢な資産があるならば有利ですが、それよりもむしろ、毎月きちんと安定した収入があるかどうかというところがよく見られるポイントです。その点において、フリーランスは収入が安定していないので少し不利です。したがって課税証明書など、あなたの所得を証明できる書類をきちんと揃えて信頼を高め、場合によっては銀行の通帳などで残高を示すように準備しておいた方が良いでしょう。

入居審査で見られるポイントその2――職業

入居審査では、職業もかなり重要なポイントです。残念ながら、フリーランスはあまりいい印象の職業ではないかもしれません。会社員の方が安定した収入が見込めるからです。

したがって、職業欄にただ「フリーランス」とだけ書くのは避け、極力、具体的に「プログラマをしている」とか「Webデザイナーをしている」とかといった仕事内容まで細かく書き、相手がその職業についてよく理解していなかった場合には、きちんと説明できるように準備をしておいた方が確実です。特にフリーランスエンジニアの場合であれば、専門のスキルを使ってお金をもらえているということをしっかり主張し、常にあなたに社会からのニーズがあるということを伝えましょう。

入居審査で見られるポイントその3――人柄

大家さんとの相性の良し悪しは運次第であるともいえます。しかし、相性が良いと大家さんに感じてもらえるためには、やはり第一印象が大切です。そのため、契約時には、常識ある誠実な態度を心がけておきましょう。確かにあなたが家賃を払う側ではありますが、だからといってあまり横柄な態度をとっていると、人気のある物件だった場合などは「別の人に貸そう」と思われてしまいかねません。会社の採用面接ほど気合いを入れる必要はないものの、できるだけあなたの誠実で真面目な人柄が伝わる態度で接し、少しでも審査で有利に働くように心がけておく必要はあります。

入居審査で見られるポイントその4――連帯保証人

入居審査の時に、あなたの連帯保証人の身分がしっかりしていれば、より有利に働くことは間違いありません。

続柄は親や兄弟の方ならば問題ありません。しかし、年金暮らしをしているとか、アルバイトやパートといった少し収入が不安定な立場であるよりは、やはり正社員として働いているといった人が連帯保証人である方が、審査に通りやすくなります。場合によっては、連帯保証人の収入証明書の提出を求められる場合もあります。そのような時でもすぐに対応できるようにしておきましょう。

もしも連帯保証人が見つからない場合は絶対に入居審査に通らないの?

連帯保証人がいないからといって、必ずしも入居審査に通らないわけではありません。保証会社を利用すれば、連帯保証人の代わりにできます。不動産屋自体が特定の保証会社と契約していることもあるため、相談してみても良いでしょう。あるいは自分で調べても見つけられるはずです。

もちろん、その分の出費はかさみます。初回保証料がかかるほか、毎年、保証会社への契約更新が必要で、月額家賃の1割程度の更新料を払うのが相場となっています。確かに引っ越しの時には出費がかさんでしまうものですが、どうしても連帯保証人が見つからない場合は、その分の出費も含めて部屋選びをしましょう。

まとめ

以上、フリーランスが賃貸を契約する時の入居審査についてご紹介してきました。

本文中でも述べてきましたが、大家さんにとっては、あなたがどのような仕事をしていてどのくらい収入があるのか、そしてその収入は安定しているのかなどが、特に気になるポイントです。その質問にしっかりと答えられるように書類などを準備したうえで、あなたの誠実な人柄をしっかりとアピールすれば、フリーランスでも十分、賃貸を借りることができます。

TOP