エントリー・お申し込み

エンジニアインタビュー 吉田 真吾さん

IT個人事業主(フリーエンジニア)に対する
サポート体制としては、非常に充実していると感じます。

吉田 真吾さん
吉田 真吾さん 38歳

当社のキャリア相談会に申込んだ「きっかけ」を教えてください。

吉田 真吾さん

私は、『キャリア相談会』に2度、参加しています。1度目は開業して一年後、子供が産まれた直後でした。開業はしたものの開業前と同じ現場で、チームリーダーとして日中韓のエンジニアが混合したチームを率いていました。成長機会不足や単価に満足していなかったことからキャリア相談会に参加しましたが、後進のリーダーが見つからないため案件の紹介については辞退していました。

 

2度目の参加までに一年間が開くのですが、後輩に現場を任せられるようになったので再度相談会に参加しようと思い、またPE-BANKのホームページでプロエンジニアのインタビューに感銘を受けたことでこちらの案件を受けることにしました。その方にはそれ以来、自分のメンターかつ呑み仲間としてアイデアや相談を聞いてもらってます。


実際にキャリア相談会に参加したご感想をお聞かせ下さい。

吉田 真吾さん

1度目に来たときから共同受注のスキームの明確さに好感を持ちました。2度目に来たときは、別の会社からも案件を紹介されていたのですが、とにかくPE-BANKでそのプロエンジニアの方の様に顧客第一主義で、かつしっかり稼いでいけるエンジニアになりたいと思いました。

同世代で開業した仲間が数人いたのですが、それ以外のIT個人事業主(フリーエンジニア)に会う機会も当時は新鮮でした。


独立することに不安はありませんでしたか。

「家族を養う」「成長機会を自分で模索する」という2つの理由から開業しましたのでほとんど不安はありませんでした。チャレンジ精神ですね。


プロエンジニアになってみて、吉田さん御自身に変化(考え方等)はございましたか?

根幹は変わりませんが、より強く思うようになった点は2点あります。

1点目は「しっかり稼ぎ、しっかり納税する」ことが社会に貢献する第一の方法だということです。

2点目はIT個人事業主(フリーエンジニア)の成長機会は自分で探さなくてはいけないということです。

企業が戦略的人材に教育費を費やすように、我々は自分自身でキャリアデザインしなければいけません。IT個人事業主(フリーエンジニア)はその点、より変化に富んだキャリアをデザインできるのではないでしょうか。

厳しいようですが、自己投資を惜しむ人には未来がないと思います。お客様からいただいた報酬を、次のキャリア形成に活かさなくてはいけないですね。


吉田さんが、PE-BANKを活用する理由と、メリットをお聞かせ下さい。

3点あります。

1つ目は共同受注による信用担保があるおかげで、直接大きなお客様と仕事ができることです。 IT業界では見積り時のコストは200万円~250万円/人月でも、管理工数を差し引くと現場のエンジニアの契約単価は1/4とか1/5になるのが一般的です。お客様の事業により近いところで仕事をして成果を出せることがお客様にとっても我々にとっても最もよいことだと思います。

2つ目は多くのプロエンジニアから自分のメンターを探すことができることです。

PE-BANKのプロエンジニアの方々と交流することで自分の成長にとってプラスになっていると感じています。 現在プロエンジニアは2,500人以上いますのでまだまだ会ったことない人ばかりですが、IT個人事業主(フリーエンジニア)だからこそ人とのつながりが大事だと思っています。

3つ目は充実した福利厚生制度があるということです。

PE-BANKの補助金制度では情報処理試験やベンダ資格の補助やセミナー補助があります。 共済会では病気や怪我による入院時の所得保障と医療費の全額補助がされます。入院に特化していることで安い掛金が実現している制度です。葬儀代を想定したような死亡保障や連鎖倒産防止に備えた保障までついているのですから、かゆいところに手が届いてますね。


吉田さんが考える”ITエンジニアとして成功するために”大切なことをお聞かせ下さい。

誠実であること、ポジティブであること、自己投資することの3点だと思います。

これは私の経験上、必ずお客様にもたらす価値を向上します。実績を出していくために誠実に仕事をするのは大前提です。

ポジティブであれば計画や問題に積極的に関わって成果につなげていけます。

エンジニアの自己投資は本、ハードウェア、VPSやAWSの課金からコワーキングスペース代やカフェ代まで多岐にわたります。私はマラソンをしていますが、心と体のバランスを保つ最適な方法だと思うのでスニーカーも自己投資です。

技術がハイパーデフレしてる中でスキルが現状維持というようでは毎年エンジニアとしての価値が下がっていくのは火を見るより明らかです。常に自分を高めていく必要があると思います。


今後の吉田さんのキャリアプランをお聞かせ下さい。

2つの流れがあります。

1つ目は仕事を広げていく活動をしていくことです。さまざまなお客様に提案活動は行い、これからも仕事の実績を作りたいと思いますし、クラウド上で自分のサービスを展開していくのもありかなと思ってます。実は結構AWS上にサービスを作って乗せてはいるのですが、個人的に使ってるものばかりなので逐次公開できればと思います。

2つ目は継続的な価値向上の一環として資格を取得することです。アプリケーションエンジニアとしてCやJavaの技術ばかりやっていましたが、データベースも学ぼうと思い、一年間でOracleデータベース資格をBronze,Silver,Goldおよび3種類のExpert資格全て取得しました。資格取得を通じて効率よく技術の習得ができるうえ、取得したからこそ任せていただける仕事が増えたと実感しています。データベースエンジニアの知り合いも一気に増え、とても充実しています。

エントリー・お申し込み